このページではJavaScriptを使用しています。

第51回 佐治地域審議会

 第51回 佐治地域審議会議事録

 

日  時:平成24年1月26日(木)午後2時00分~午後5時15分

場  所:佐治町総合支所 第一会議室

 

[出席委員]  12名

  西尾寛茂・上田公実・小塚郁子・下石義忠・小杉閉子・鈴木照美・田中敏文・谷口由紀子

下田浩二・福安道則・谷口勝男・福安修

 

[欠席委員]   3名

  谷上學・藤原直子・金田洋子

 

[庁舎整備局]2名、亀屋局長、竹内局長補佐

 [事務局]   4名

  支所長 奥田哲実・地域振興課長・梶和浩 市民福祉課長 森下明仁 

地域振興課主査 谷上右近  

 

◎会議次第

 

(1)議題(協議・報告・説明事項)

  1.鳥取市地域防災計画の見直しについて

  2.現本庁舎周辺地域の活性化に向けた中間報告について

  3.鳥取駅周辺再生基本計画(素案)について

  4.中学校統合について

  5.その他

 

(2)その他

  次回の開催日について

                  

【議事概要】

 

(事務局) 定刻になりましたので、本日の会議を開会いたします。

 

[会長あいさつ]

 

(会長)  挨拶に引き続き協議事項に入りますか。

 

(事務局) 庁舎整備局から2名の方に来ていただいておりますのでまず庁舎整備の状況について説明していただきます。

[市庁舎整備の取り組み状況について]

          亀屋局長が庁舎整備の現在の取組み状況について説明

 

(委員)   住民投票の際、期日前投票も行うのですか。

 

(整備局)  公職選挙法に準じて実施しますので期日前投票も通常の選挙と同様となると思います。

    

(委員)   住民投票を行えば費用はどの程度かかるのですか。

 

(整備局)  30,000千円から40,000千円程度は必要と考えております。

 

(委員)   対案提出サイドから直接説明を受ける機会を作ってもらいたい。

 

(整備局) 対案は、社団法人鳥取県建築士事務所協会に具体的な内容の精査を委託し、2月29日までに報告書としてまとめてもらうことになっています。

 

(委員)   地震、津波に対しての計画修正はどうなっていますか。

 

(整備局)  現在、鳥取県津波対策検討委員会で検討されている結果を反映し、津波の想定を2.1mから5.9mに修正する方向と聞いております。

 

(委員)   対案の防災対策(地震、津波)は具体的に示されているのですか。

 

(整備局)  現本庁舎は6階建て部分を免震工法で耐震改修とすることとしていますが、庁舎機能については、現状維持を基本とするとのことです。

 

(委員)   現在、示されている計画は1箇所に集中する方向に動いていますが、各総合支所には沢山の空きスペースがあり、その施設を利活用すべきではありませんか。

 

(整備局)   市民の利便性を十分考慮した結果、1箇所へ集約することによりサービスの向上、費用面等のメリットが期待できます。

 

(委員)   確かに、今は1箇所でないので、本庁に行っても他の庁舎へと言われたことがあり不便です。

 

(委員)   合併特例債の国の補助率はいくらですか。

 

(整備局)  国の補助率は7割です。(充当率95%、普通交付税算入が70%)

 

(委員)   対案の建設後のビジョンはどうなのですか。

鳥取県庁と同様に50年間維持させていきたいと聞いておりますが、建設後の維持管理費や駐車場の駐車台数等総合的に検討されているのですか。

 

(委員)   対案の半地下の駐車場の駐車台数は150台とのことですが可能なのですか。

 

(整備局)  現在のアスファルト部が約80台、砕石部が約40台ですのでかなり難しいと考えますが、我々も詳しく知りたいところです。

 

(委員)   対案の説明は誰が行うのですか。

 

(整備局)  対案の協議に執行部は参加していませんので、議会が説明することになると考えています。

 

(整備局) 市庁舎整備の方向性という市の将来を左右する重要な判断を住民投票によって

      行うこととなりますので内容を十分理解していただき、多くの方に投票していただきたいと考えています。

 

 *庁舎整備局職員退出

 

[駅周辺整備再生基本計画(素案)について]

 

[現本庁舎周辺地域の活性化に向けた中間報告について]

 

支所長がプロジェクターで説明

 

(委員)   「中心市街地は歩いて行くことができるところに病院や店舗もあるのに更に何が必要か」と思います。

 

(委員)   年々人口が減少し、空きスペースが急激に増加する状況は佐治町の状況と類似しており、施策と住民の思いにずれが生じているように感じています。

 

[鳥取市地域防災計画の見直しについて]

       支所長が説明

 

(会長)   佐治町の避難所はほとんど危険と背中合わせの施設です。避難所の利用対象者の指定で佐治町は「避難所の地域上の整理」がなしの地域となっていますが。

 

(事務局) 修正概要(案)の5ページの上段に記載してありますように、「近隣避難所については各集落・自主防災会等の話し合いにより、住民自らが自主的に定め、確認するものとする。」となっており、地域に合ったように考える必要があると思います。

 

(委員)   避難所へ行く途中に危険な箇所が多く、結局、自宅が一番安全と考える住民がほとんどでは。

 

(委員)   佐治町は孤立する可能性あるので必要なのはヘリポートだと考えます。

緊急時に小、中学校の校庭がヘリポートなっていますが、ヘリコプターに砂が舞い込むことがネックになっていると聞いています。

 

(会長)   地域審議会としてまとめるのではなく、各自で意見を出すということにしましょう。

 

[中学校統合について]

        梶教育員会分室長が佐治中学校・用瀬中学校統合準備会議たより(その1)と新中学校名の募集についての資料に基づき説明

 

[佐治中学校用地利用検討会の進め方(案)について]

       梶教育員会分室長が佐治中学校用地利活用検討の進め方について(案)を協議と文部科学省発行の廃校施設の有効活用「みんなの廃校プロジェクト」の概要を説明

 

(会長)   パンフレットでは、文部省の取り組みとして、国庫補助事業完了後10年経過した建物等の無償による財産処分の場合は相手先を問わず「国庫納付金を不要とする。」となっています。

 

(事務局)  佐治中学校の完成は昭和52年(12月15日)ですので国庫納付金は不要です。

 

(委員)  中学校用地の本庁の担当課はどこですか。

 

(事務局) 教育総務課の所管となります。

 

(委員)  校庭の用地は借地ですか。

 

(事務局) すべて鳥取市の土地です。

 

(委員)  利用方法によっては耐震対応もあり得るのですか。

 

(事務局) 施設の利用方法により、選択肢があると考えております。

      体育館は耐震基準をクリアーしています。

 

(委員)  佐治中学校建設時に用地についてご尽力いただいた方の社会教育施設のためにと

      の意図を十分尊重し、「公共施設として利用する。」「分割して売却しない。」等

      地域振興に繋がっていくことを明確にし、突飛な意見が出ないようなアンケートとすべきではと考えます。

 

(委員)  智頭町の100人委員会の例を参考としては。

 

(会長)  公共的施設として利用する方向で住民の方から意見をいただきましょう。

 

(事務局) 次回の審議会でアンケート案の検討したいと考えております。

      また、地域の課題について再確認し、その中でこの土地を使うことによって解決できる将来を見据えた利活用案を検討していきたいと考えております。

2月8日までに佐治町の課題整理表を提出していただきたいと考えておりますのでご協力をお願いします。

 

[その他]

      (あなたは新しい庁舎を建設するとすればどこが良いと思われますか?)のアンケ

ートについて

      アンケート結果について下石会長が資料に基づき説明

 

(委員)  アンケートを行った時期はいつですか。

 

(会長)  平成22年11月29日から12月10日までの間に市が4,000人におこない、1,751人が回答しています。

 

(委員)  佐治町の方は何人回答していますか。

 

(会長)  佐治町の回答者は21名おられ、95.2%の人が駅周辺を選択しています。

 

(会長)  地域審議会としてどう考えましょうか。

議員のOBや各種団体等可能な限り数多くの方のご意見をいただき、考えてみてはどうでしょうか。

各委員さんも関係する団体で、ご意見を聞いてみてもらえませんか。

 

[その他]

新しい中学校への自転車通学について

 

(委員)   自転車通学となることも考えられますが。用瀬町別府から佐治町葛谷間は道路幅員が狭く、歩道や道路照明がなく自転車通学は危険です。

 

(事務局) 鳥取市としましてもこの区間の道路改良を鳥取県へ数年前から強く要望し、事業着手していただいているところです。引き続き、一刻も早い完成を要望していきます。

     

(会長)  ほかにその他の協議事項はありますか。

 

(会長)  無いようですので次回の開催日について事務局より説明してください。

 

(事務局) 今年度最後の地域審議会長会議が2月22日に予定されていますので、2月13  

      日から2月17日までの間でお願いします。

 

(会長)  2月16日の木曜日午後2時からはいかがでしょうか。

 

(委員)(事務局) 承諾

 

(会長)  以上で第51回の佐治地域審議会を閉会します。

 

 

【関連資料】

第51回佐治地域審議会次第(DOC 61KB)

資料1(PDF 2.3MB)

資料2(PDF 800KB)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
佐治町総合支所 地域振興課
電話0858-88-0211
FAX0858-89-1552
メールアドレスsj-chiiki@city.tottori.lg.jp