このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取西町コーポラティブハウス 全区画の入居者が決定しました!

平成23年4月より、鳥取市西町の市有地を活用した、“定期借地権によるコーポラティブハウスモデル事業”(鳥取西町コーポラティブハウスモデル事業)の入居者を募集していましたが、このたび、募集をおこなっていた全ての区画で入居者が決定しましたので、入居者募集を締め切らせていただきます。

今後は、定期借地及びコーポラティブ方式普及のため、本事業の事業手法を公開していきます。

 

 鳥取西町コーポラティブハウス 計画の概要

 

 

                          ※配置イメージです。建物形状等変更があります。

 

名  称 鳥取西町コーポラティブハウス

所 在 地  鳥取市西町2丁目410-1

用途地域 近隣商業地域

敷地面積 790.65平米

事業概要 事業方式 一般定期借地方式コーポラティブ方式

戸  数 5戸 戸建て木造住宅

一戸当りの延床面積 100平米 ~120平米程度

      地  代 月額23,000円(駐車場一台分込み)

           ※保証金100万円、管理費、修繕費等が別途必要です

 

      

 

鳥取西町コーポラティブハウスモデル事業とは?

職場や学校に近いまちなかに、手ごろな価格で家を建てて住みたい…

 

運転できなくなっても自分で色んなところに行きたい…

 

まちなかに土地を持っているけど、駐車場以外の資産活用方法が見つからない…

 

 まちなか居住に対する様々なニーズに対応できるような住まい方や、土地活用方法を探るため、鳥取市では”定期借地権”と”コーポラティブ方式”を活用したモデル事業を検討してきました。

 

 専門研究者や金融機関からなる委員会を立ち上げ、話し合ってきた事業構想をもとに事業計画提案を募集し、審査の結果、『まちムラの会』の皆さんが最優秀提案者として選ばれました。

 

 

   平成23年3月25日 事業協定調印式の様子

   (左から)(株)本間設計事務所:本間社長

         田中工業(株):聲高社長

         鳥取市:竹内市長

         (有)木下建築研究所:木下所長

 

 

 

 

 

 

 

 

定期借地権とは

地主は土地を賃貸し、その土地に借地人が住宅を建設します。土地購入費がないため、初期費用や住宅ローンの借入を抑えてのマイホーム取得が可能です。

 

コーポラティブハウスとは

自分が住むための住宅を建設しようとする人々が組合を結成し、戸建て注文住宅のように、設計段階から共同で好みの住宅を建設する方式の住宅です。直接設計者と打ち合わせをしながら設計を進めるため、自分のライフスタイルや感性にあったこだわりの住空間をつくることが可能です。

 

 

お問い合わせ

本事業に関するお問い合わせは、下記問い合わせ先(鳥取市中心市街地整備課)もしくは、「まちムラの会」代表事業者へお願いします。

まちムラの会 代表事業者問い合わせ先

田中工業株式会社 

  電話 0857-22-8061

  FAX 0857-27-7363

  メールアドレス info@tanaka-kougyou.jp

  ホームページ  http://www.tanaka-kougyou.jp

 

★中心市街地の住まいや土地活用に関するお問い合わせは、下記相談窓口でも受付中です。

住もう鳥取ネット

〒680-0036鳥取市川端2丁目125 社団法人鳥取県宅地建物取引業協会内

電話 0857-24-0550、090-2299-4585

メールアドレス kasseika-t@tottori-takken.or.jp

ホームページ  http://www.ietoti.jp/tobu/sumo/slide00.html



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 中心市街地整備課
電話0857-20-3276
FAX0857-20-3048
メールアドレスshigaichiseibi@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ