Tottori City News Letter   
とっとり市報2012年4月
   

今月の表紙

ようこそ!!「砂の美術館」へ

 因幡の白ウサギをモチーフにしたキャラクター「チャールズ」君が、市役所を訪れ、竹内市長を表敬訪問しました。つぶらな瞳と背の高い帽子がとても愛らしいチャールズ君は、白亜の洋館を舞台に繰り広げられる美しい四姉妹と素敵な仲間たちの物語「とっとり山の手物語 華(はな)貴婦人」に登場するキャラクターの一人。洋館で働くファンファーレ隊の隊長です。梨やらっきょうなど鳥取の特産品が大好きで、中でもハタハタのお寿司が一番の大好物です。イギリスの衛兵をイメージしたその姿を活かし、砂の美術館第5期展示「砂で世界旅行・イギリス」のPRを行うことが決まりました。
 表敬訪問中、「とっとり山の手物語」実行委員会代表の福嶋登美子(ふくしまとみこ)さんは「砂の美術館のPRのお手伝いがしたい」と抱負を述べ、竹内市長も「まさにチャールズ君の出番。4月14日のオープニングにも登場していただき、今後も大いに活躍してほしい」と期待を込めました。
※砂の美術館について詳しくは4ページをご覧ください。


■問い合わせ先
鳥取砂丘・ジオパーク推進室
TEL:0857-20-3036




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市を語る〜市政への提言〜 Vol.1

対談者:東日本大震災を契機に鳥取市に移住された山根貴裕(たかひろ)さん・直(すなお)さんご夫妻
場所:旧勝谷小学校(鳥取市鹿野町宮方)
対談日:平成24年2月29日(水)



世界に通用する芸術家100人を育てたい

つながりを大切にする土地で

市長 東日本大震災を契機に昨年の春、貴裕さんの故郷である気高町に戻られ、鹿野町の廃校を利用したアトリエで創作活動をされていますが、活動内容などや鳥取の印象などについてお聞かせください。
山根(貴) 一人一教室をお借りしているんですが、こういう開放的な場所で、シンプルに自分のやりたいことを突き詰めながら制作に打ち込めるのでとても気に入っています。また、鹿野町は自然と歴史が共存している素敵なまちですね。「いんしゅう鹿野まちづくり協議会」の方々とイベントを通じて、地域の人や子どもたちと触れ合いながら活動させていただいています。
山根(直) 子どものころからずっと東京都内へ通学していたので、人工物の中に自分がいて無意識のうちにいろんなものに影響され、ノイズが入ってきてたんだと、気づかされました。自然の中での生活は、視点がクリアになり、自分に素直に向き合って制作できます。


自分にシンプルに向き合って

市長 自然と溶け合いながら、人と人との絆の中で暮らすことができるのは、鳥取の良さの一つでもありますね。鳥取市に来られてから、創作内容などに何か変化はありましたか。
山根(直) 以前は、自分自身の中の生と死をテーマに描いていたんですが、大震災を経験し、鳥取へ来てからは少し離れた視点で客観的に描いています。人間が死んで生きて生きて死んできた中で、先祖代々からの伝統や文化を引き継ぎ、つながりを大切にする土地で、私自身が変わりました。昔から名作と言われるものは戦争とか災害とか人が傷ついたときに生まれています。私たちの作品が、つらいことから立ち直ろうとしている人たちの心の中の癒しになればと思いながら制作しています。



鳥取市にミュージアムを

市長 鳥取市が活性化していくためには、芸術文化の振興はとても重要だと考えていますが、地域に対して注文やアドバイスがあればどうぞ。
山根(貴) 超一流と呼ばれる作家の作品が見られるミュージアム(美術館)が地元にないのは、寂しいですね。本物に触れる機会って本当に大切なんです。
 僕は、鳥取から僕も含めて世界に通用する100人の芸術家を育てたいという夢をもっていて、鳥取市のためにお役に立つことがあれば、何でもしようと思っています。
※対談内容を抜粋・要約して掲載しています。




目次へ戻る このページの上部へ
 

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
4月の番組ガイド

デジタル 11ch デジアナ 2ch

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。

【話題・特集】
▼「砂の美術館」オープン
▼鳥取環境大学入学式
▼春の鳥取砂丘一斉清掃
▼鳥取市消防団入団式

昨年の「春の鳥取砂丘一斉清掃」

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週水・木・金・土
イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
 
いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木
 春を迎え稲作の準備が始まった様子や、「とっとりふるさと就農舎」、「子ども農業塾」などの話題をお送りします。

地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月
 入学式や入園式の様子や各地の春のまつりなどを紹介します。

生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火
 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。

手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月
 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

※番組の放送時間や内容はホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。

「デジアナ変換」サービス実施中
 ケーブルテレビ局では地上デジタル放送をアナログ方式に変換して各家庭にお届けする「デジアナ」変換サービスを実施しています。ケーブルテレビに加入されていれば、アナログテレビで地上放送が視聴いただけます。
 詳しくは、ご加入のケーブルテレビ局にお問い合わせください。

情報をお寄せください!
いなばぴょんぴょんネット  TEL:0857ー22ー6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページでも紹介しています。
HP: http://www.inabapyonpyon.net




目次へ戻る このページの上部へ
 

消費者被害にあわないために

file012 楽しい新生活を送るために

【事例】 
 大学進学を機に一人暮らしをはじめた。ある日、「浄水器を取り付けませんか?」と訪問販売員が来た。しつこく勧誘する販売員に早く帰って欲しいし、月々の支払いもわずかだったので契約してしまった。しかし、冷静に考えると支払い総額は高額で後悔している。解約することはできるだろうか?

【アドバイス】
 
 事例のケースは訪問販売に該当しますので、契約してから8日以内であれば「クーリング・オフ制度」を利用して、無条件で契約を取り消すことができます。また8日間を過ぎていても解約できる場合がありますので、一人で悩まずに近くの消費生活センターへ相談するようにしましょう。
 新生活が始まるシーズンは「マルチ商法」「資格商法」「キャッチセールス」などのトラブルが急増します。慣れない土地での一人暮らしは不安なこともあると思いますが、最寄りの消費生活センターなどの相談窓口を知っていると「いざ」という時に役に立ちますので、事前に確認しておきましょう。


問い合わせ先
駅南庁舎市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863




目次へ戻る このページの上部へ
 

シリーズ 山陰海岸ジオパークを楽しもう! Vol.1

ジオパークを新たなビジネスチャンスに!


 3月6日(火)、とりぎん文化会館で、観光・商工業者ら約130人を対象に、ジオパークを活用したビジネス講習会を開催しました。講師のNPO法人「たじま海の学校」代表 今井学(いまいまなぶ)さんは、「情報があふれる今日、モノやサービスは、それだけでは売れない。地域の“物語”を加えることが必要で、ジオパークにはそれができる!」と太鼓判を押されます。今井さんは香美町で民宿を経営され、松葉ガニ、但馬牛、ハタハタなどを組み合わせた「ジオ鍋」を開発。地元の優れた食材に、一昨年、世界ジオパークネットワークへの加盟を果たした、山陰海岸ジオパークの“世界”の称号を加えた新たなビジネスの展開を図られています。
 「ジオパークの知名度は世界遺産に比べてまだまだ低いが、関東地方の参入で今後飛躍的に高まる可能性がある。民間が積極的にジオパークを活用することで、観光・商工業者の目線でのジオパークにしていきたい」と抱負を語られました。
「ジオ鍋」


■問い合わせ先
 
第二庁舎鳥取砂丘・ジオパーク推進室
TEL:0857-20-3036



目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

親子でいっしょに楽しむ講座(全5回)

とき 第1回:5月13日(日) 14:00〜15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
内容 「太陽のおはなしと日食めがねをつくろう」
講師 さじアストロパーク職員
対象 5歳〜小学3年生の子どもとその保護者
定員 25組 ※要申し込み
申し込み 4月11日(水)〜 ※定員になり次第締め切り

鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり

とき 講師と演題
第76回
4月7日(土)
鳥取大学・野村證券連携講座(全5回)
第1回 「マクロ経済・世界の投資環境」
講師:中嶋智正(なかしまともまさ)さん
(野村證券ファイナンシャルアドバイザー)
第77回
4月21日(土)
鳥取大学・野村證券連携講座(全5回)
第2回 「債券投資」の基礎
講師:本村恵子(もとむらけいこ)さん
(野村證券ファイナンシャルアドバイザー)

時間 13:30〜15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
定員 40人程度 ※参加無料、申し込み不要


問い合わせ先
■中央図書館 0857-27-5182 開館時間 9:00〜19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館 0857-37-6036 開館時間 10:00〜18:00
■用瀬図書館 0858-87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(中央図書館は除く)



目次へ戻る このページの上部へ
 

シリーズvol.42 鳥取環境大学

TOPICSトピックス

プロジェクト研究(平成23年度後期)
「地域交通について考える」

 全体的に交通手段の不便な鳥取県では、生活交通の確保が大きな課題となっています。特に中山間地域における通院や買い物などの不可欠なニーズに対応するための交通手段は極めて重要で、コミュニティバスを含めたバス路線の維持は深刻な問題ですが、多くのバス路線は不採算路線で、経営上厳しい状態です。
 地域交通を考える上では、従来の枠組みにとらわれず、行政、地域住民、事業者、NPOなどが主体的に参画し、協働で地域のニーズや実情に応じた仕組みを作らなければなりません。本プロジェクト研究では、メンバーを2つのグループにわかれ、利用者や事業者などさまざまな立場の方にインタビューを行い、問題点、矛盾点、妥協点などを洗い出し、解決策を考察しました。まとめた資料をもとに、NPOや事業者などへ提言をしたいと思っています。三方良しのシステムを見出すのは困難かもしれませんが、多様性、柔軟性を持って、地域社会の問題として取り組んでいくことが必要なのではないでしょうか。
鳥取市役所へのインタビューの様子


■問い合わせ先
 
企画広報課
TEL:0857-38-6704
HP:http://www.kankyo-u.ac.jp/
MAIL:kikaku@kankyo-u.ac.jp



目次へ戻る このページの上部へ
 

食(しょく) 芋メニュー編 Vol.4

簡単にできる芋メニューの一品を、8回シリーズで紹介します。

長芋とれんこんのふっくら焼き

                長芋とれんこんのふっくら焼き
食生活改善推進員連絡協議会 国府支部

一口メモ…れんこんを粗みじんとすりおろして入れることで、シャキシャキと歯ごたえがよく、味わいにも深みが増します。

《食育コーナー》
春です。季節の変わり目、体調の崩れやすい時期ですが、栄養のバランスのとれた食事を心がけ、元気な毎日を過ごしましょう。


材料(4人分)
長芋
200g
れんこん 200g
にんじん 80g
小麦粉 大さじ2
2個
塩(卵白用) 小さじ1/2
サラダ油 大さじ2

しょうゆ 大さじ1
かつお節 適量
青のり 適量
《付け合わせ》
 ミニトマト 8個
 白ネギ(4センチ) 8本

(1) 長芋は皮をむいてすりおろす。れんこんは皮をむき、半分を粗みじんに、残りはすりおろしてザルに入れ、余分な水気を切る。にんじんはすりおろして軽く水気を切る。
(2) 卵は卵黄と卵白に分け、卵白は塩を加えて八分立てにする。
(3) ボウルに長芋・れんこん・小麦粉・卵黄を入れて混ぜる。その中に(2)の卵白を入れてさっくりと混ぜ合わせる。
(4) (3)を2つに分け、片方ににんじんのすりおろしを加える。
(5) (4)の生地をそれぞれ4等分にし、フライパンに油をいれ、(4)の2種類の生地を2回に分けて、両面きつね色に焼く。
(6) (5)を一人2個ずつ盛り付け、しょうゆを塗り、かつお節と青のりを散らす。
(7) 白ねぎは4cmの長さに切って焼き、ミニトマトもヘタを取って軽く焼く。器に(6)と一緒に彩りよく盛り付ける。


1人分
エネルギー 298kcal
たんぱく質 7.9g
脂質 9.0g
塩分 1.3g



目次へ戻る このページの上部へ
 

輝く中山間地域シリーズ1


気高町奥沢見(おくぞうみ)集落の「ホンモロコ」

 奥沢見集落では、年々増加している耕作放棄地の減少を図るとともに、集落の新たな特産物を生み出すため、平成23年度に市の「輝く中山間地域創出モデル事業」を活用し、休耕田を利用した養殖池でホンモロコの養殖実験に取り組みました。
 ホンモロコは、日本産コイ科魚類中、特に美味と言われており、塩焼き、煮物、天ぷらなどが人気で、京都市内の料亭などへ高値で取引されています。
 昨年6月に放流した稚魚はミリほどでしたが、10月には体長8センチほどに成長し、約120キログラムも収穫されました。収穫後には、早速、煮物と唐揚げにし、肉厚で上品な味のホンモロコを満喫して、収穫の喜びを皆で分かち合いました。
 そのほかに取り組んでいる「ホタルの里づくり」とともに、今後、これらが集落活性化の起爆剤となることを願っています。

作業風景


問い合わせ先
気高町総合支所地域振興課
TEL:0857-82-0011



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


国民宿舎 山紫苑(さんしえん) 入浴券(2枚)

 鹿野町にある国民宿舎山紫苑には、庭園露天風呂、展望風呂、大浴場があります。源泉かけ流しの天然温泉で、通称「おんな湯」といわれるほど肌にやさしく、ツヤツヤ感が得られる泉質として好評です。

【賞品提供】
(株)ふるさと鹿野〈国民宿舎山紫苑〉
TEL:0857-84-2211

【賞品提供】
(株)ふるさと鹿野〈国民宿舎山紫苑〉
TEL:0857-84-2211

HP:http://www.sanshien.jp
山紫苑 庭園露天風呂

応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 4月20日(金)(当日消印有効)

応募先
〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
MAIL:shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市政と広報」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。



目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆9年間の義務教育を終え、4月から高校生になる我が娘。そして、毎日のお弁当作りが始まる母。今、しみじみと学校給食のありがたさが身にしみます。地元の食材を使い、温かくておいしくて安く、栄養バランスも良い給食って本当に素晴らしいですね。給食に携わる皆さんに感謝、感謝です。これからも未来を担う子どもたちのために、栄養たっぷりの給食をよろしくお願いします。(hi)
◆子どもたちが何かに真剣に取り組む姿が好きです。遊びやものづくりなど、何にでも素直な気持ちで挑戦。上手くいかずに難しい顔をしていても、パッと明るくなる瞬間があります。その「できた」、「やった」という表情を逃さないよう必死です。取材先で、快く撮影に応じてくださるみなさま、いつもありがとうございます。よい写真が載せられるよう頑張ります。<TEL>


■問い合わせ先
〒680-8571 市役所本庁舎秘書課広報室
TEL:0857-20-3132 
FAX:0857-20-3056
MAIL:kouhou@city.tottori.lg.jp



目次へ戻る このページの上部へ