このページではJavaScriptを使用しています。

 現在、湖山池では環境改善や水管理の方向性を示す「湖山池将来ビジョン」に基づき、湖山川水門の開閉調整を行いながら、水環境の改善を目指しています。

 5月31日の塩化物イオン濃度測定結果は、青島大橋で約3,153mg/Lを推移しています。

水門の調整状況

・逆流時(湖山池より海の水位が高い時)には、第1・第2水門の閉門操作に加え、潮位差による船通し水門の下部の絞り開放による方法を平成27年1月6日から実施。

・順流時(海より湖山池の水位が高い時)には、第1・第2水門・船通し水門の原則開放を実施。

・平成26年12月より、夜間の水門操作を夕方時点で、夜間の順・逆流を予測し、操作を実施。(現在の管理体制:6時~20時常駐)

   【参考】湖山池塩分推移グラフ(平成28年5月31日現在)

 

  湖山池中央部の平成28年3月、4月、5月に測定したCOD、全窒素、全りん、DO、透明度は次のとおりでした。

湖山池中央部の水質状況

 区分

 H28年3月

 H28年4月

 H28年5月

 H27年5月 (参考)

 COD

 4.6mg/L

  5.9mg/L

  7.0mg/L

 5.8mg/L

 全窒素

 0.65mg/L

  0.48mg/L

  0.72mg/L

   0.67mg/L

 全りん

 0.056mg/L

  0.100mg/L

 0.120 mg/L

   0.110mg/L

 DO

 11.0mg/L

  9.2mg/L

 9.4mg/L

   9.6mg/L

 透明度

 1.1m

  0.6m

 0.6m

   0.7m

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3216
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp