Tottori City News Letter   
とっとり市報2012年3月
   

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
3月の番組ガイド

デジタル 11ch デジアナ 2ch

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。

【話題・特集】
▼エンジン01文化戦略会議
「オープンカレッジin鳥取」
▼鳥取市観光マイスター
認定証授与式
▼鳥取城フォーラム2012

エンジン01
プログラム発表記者会見

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週水・木・金・土
イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
 
いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木
 アスパラガスのハウス物の収穫の様子や、栽培技術を学ぶ農業塾開講の話題などをお送りします。

地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月
 ひなまつりなど、地域の伝統行事や、卒業・卒園を迎える子どもたちの話題をお送りします。

生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火
 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。

手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月
 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

※番組の放送時間や内容はホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。

佐治町で「買物代行サービス」実施中!
 佐治町の株式会社さじ弐拾壱では、買物を行うことが困難な住民の代わりにスタッフが買物を行う「買物代行サービス」を実施しています。いなばぴょんぴょんネットでは、このサービスの取扱商品を紹介する番組を放送しています。放送時間は毎週月曜から木曜の6:00、9:00、17:00、20:00、23:00です。佐治町にお住まいの方は、ぜひご覧ください。

情報をお寄せください!
いなばぴょんぴょんネット  TEL:0857ー22ー6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページでも紹介しています。
HP: http://www.inabapyonpyon.net




目次へ戻る このページの上部へ
 

ワンポイント
消費者被害にあわないために

file011 急増するスマートフォンのトラブル

【事例】 
 海外旅行にスマートフォンを持っていったところ、インターネットを利用していないのにパケット料金が十数万円と高額だった。

【アドバイス】
 
 事例の場合、アプリケーションの自動更新が海外の通信回線を使用して行われたことが原因だと考えられます。海外に持っていく場合には、必ず日本国内で事前に契約会社に海外での利用について確認しましょう。
 スマートフォンに関する相談は急増しており、その多くはスマートフォンの特性について消費者が十分認識しないまま、従来の携帯電話と同じように利用していることに原因があります。トラブルを回避するためには、スマートフォンは便利である一方、『電話というよりパソコンに近い』などの特性があることを認識し、自分の利用目的に合っているか確認したうえで契約・利用することが重要です。また、利用する際にはウイルス対策を行うとともに、むやみにアプリケーションソフトをダウンロードするのではなく、内容をよく理解して利用することも大切です。


問い合わせ先
駅南庁舎市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863





目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

図書館ボランティア募集中!

 市立図書館では、市民同士がふれあいを楽しみながら、身近な図書館を育てていくために、図書館活動にご協力いただける人を募集しています。図書館の活動に関心があり、継続した活動をしていただける人なら、どなたでも結構です。
内容 本の返却や書架整理、図書の装備、図書館行事への協力など
募集 随時受け付けています。
※詳しくは、中央図書館(上記参照)まで


問い合わせ先
■中央図書館 0857-27-5182 開館時間 9:00〜19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館 0857-37-6036 開館時間 10:00〜18:00
■用瀬図書館 0858-87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(中央図書館は除く)



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報
TOTTORI UNIVERSITY OF ENVIRONMENTAL STUDIES

平成24年度 鳥取環境大学入試案内

【大学入試センター試験利用入試(3期)】
学  科 募集人員
環境学部 環境学科、経営学部 経営学科 各2人

願書受付期間 3月12日(月)〜22日(木)
選考方法 本学独自の試験などは課しません(大学入試センター試験利用教科・科目は、募集要項で確認してください)。
合格発表 3月28日(水)
入学手続 1次手続および2次手続とも3月30日(金)
※詳しくは募集要項およびホームページをご覧ください。


■問い合わせ先

企画広報課入試室
TEL:0857-38-6720

科目等履修生・聴講生募集

受講科目 経営基礎、植物学概論、ランドスケープデザイン、インターネットと通信2など約70科目
受講期間 4月10日(火)〜8月3日(金)
条件 高等学校を卒業(卒業同等)の人で、通学可能な人
募集期間 3月5日(月)〜16日(金)


■問い合わせ先
教務課
TEL:0857-38-6710
MAIL:kyoumu@kankyo-u.ac.jp

情報メディアセンターからのお知らせ

 4月からの新学部開設に伴い、図書など資料の新規整備および配架作業のため、次の期間を臨時休館とします。
休館期間 3月1日(木)〜25日(日)
※3月26日(月)からは開館します。(開館時間9:00〜17:00)
その他 上記の期間中は、図書などの閲覧・貸出ともにできません。なお、返却は情報メディアセンター棟入口横のブックポストにお願いします。


■問い合わせ先
図書情報課
TEL:0857-38-6730




目次へ戻る このページの上部へ
 

対談 市長日記II 外に打って出るシリーズ Vol.22

平成24年1月15日(日)雨
対談者:国際ソムリエ協会会長・田崎眞也(たさきしんや)さん
場 所:パレットとっとり 市民交流ホール



伝統を大切にし、進化させることが重要

ワインは会話を楽しむツール

市長 平成7年に世界最優秀ソムリエコンクールで優勝され、一昨年から国際ソムリエ協会会長にご就任なさっていますが、まずはワインの楽しみ方や魅力についてお伺いします。
田崎 ワインの最大の魅力は、非常にコミュニケーションツールになりやすいところだと思います。酔うために飲むのではなくて、会話を楽しみながら食卓を囲むことができます。また、食べ物との相性を楽しむものでもあります。ワインは、食べ物に合う合わないが日本酒以上にはっきりしているので、その合う合わないの両方を楽しむことが重要で、そういったことが会話にも繋がるのではと思っています。


伝統食を進化させる努力を

市長 鳥取には新鮮な魚をはじめとした食材やラッキョウ、豆腐ちくわなどの加工品も豊富にありますが、それらについてのご意見や地産地消に対するお考えをお聞かせください。
田崎 その土地でずっと食べ続けられているものを大切にし、それを進化させる努力がなされているものというのは基本的に魅力がありますね。鳥取は、豆腐ちくわ、親ガニ、赤ガレイなど日常的に食べ続けられているものが、とても豊富にあります。
 本来の地産地消というのは、新しいものを作っていくのではなく、その土地に暮らす人々が伝統的に培ってきた物の食べ方を見直し、進化させることが大切だと考えています。伝統食というものは守り続けられなければならないと勘違いをされている人がいらっしゃいますが、嗜好は時代とともに変わるもの。豆腐ちくわは、昔と形状は同じに見えるのに、味を変えていく努力をし続けているので、現在に至っているのではないでしょうか。


地元の食に誇りを持つこと

市長 料理・食の専門家をお招きし、鳥取の食材を活かした料理講習会や講演会などを行っていますが、鳥取の食を全国にPRするにあたって、市民や関係者へメッセージをお願いします。
田崎 その土地に住んでいる人が、日常の食をいかに豊かに感じ続けられるかどうかは、意外と素朴で昔から食べられているものの中にあるんじゃないかと思います。地元で長く食べてこられたものの食べ方を少し見直しながら再認識し、地元の食に誇りを持つことが重要ですね。また、今回の取り組みのように、外からの刺激を受ける機会を設けることも効果的だと思います。
※対談内容を抜粋・要約して掲載しています。


目次へ戻る このページの上部へ
 

表紙写真解説

湖山池は鳥と人との交流の場

 冬の湖山池では、多くの野鳥に出会うことができます。これは、湖山池が越冬に訪れる渡り鳥たちのえさ場となっているためで、愛鳥家のみなさんによる観察会なども開催され、湖山池は、鳥と人との交流の場となっています。
 鳥取の名前の由来は、水鳥を捕らえる職業「鳥取部」が住んでいたことにちなむとされ、鳥取は、昔から野鳥が多い地域だったようです。
 野鳥の中でも特に珍しいのが、国の天然記念物「オオワシ」です。オオワシは、両翼を拡げるとゆうに2メートルを超える日本最大級の鳥で、厳寒のシベリアから越冬のため北海道周辺にやってきます。西日本では琵琶湖や湖山池でしか出会えないたいへん貴重な鳥です。
 現在、湖山池公園お花畑ゾーンでは、平成25年秋開催の第30回全国都市緑化とっとりフェア「水と緑のオアシスとっとり2013」に向けた会場整備を進めています。また、青島大橋の工事も終わり、3月上旬には再び青島に渡れるようになります。
 ますます魅力アップする湖山池にご期待ください。そして、みなさんも、四季を通じて湖山池へ出かけてみてください。



全国都市緑化とっとりフェアのロゴマークが決定しました。
 フェアアドバイザーであるポール・スミザーさん(英国人園芸家)のスケッチをもとに、鳥取県デザイナー協会が図案化しました。フェアの主会場となる湖山池のほとりをモチーフにフェアのめざす水と緑豊かな自然と人との共生を表しています。


■問い合わせ先
緑のまちづくりオフィス
TEL:0857-25-3500




目次へ戻る このページの上部へ
 

食(しょく) 芋メニュー編 Vol.3

簡単にできる芋メニューの一品を、8回シリーズで紹介します。

里芋のおやき

                   里芋のおやき
食生活改善推進員連絡協議会 佐治支部

一口メモ…里芋の煮物を利用しても簡単でおいしくできます。

毎月19日は「食育の日」です。

 ばんごはん ケータイ見ずに顔みよう 
    テレビは消して会話しよう

材料(4人分)
里芋
360g
桜えび 10g
青ねぎ 60g
にんじん 20g
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ2

サラダ油 適量
(A)
 小麦粉 大さじ3
 片栗粉 大さじ2
 塩 少々
《付け合わせ》
 ミニトマト 4個

(1) 里芋は皮ごとラップに包んで電子レンジにかけ(10分位)、柔らかくなったら皮をむきつぶす。にんじんは千切りにしゆでておく。
(2) (1)にAを入れて混ぜ、桜えびと小口切りにした青ねぎを加え8等分の円形にまとめる。
(3) フライパンを温めてサラダ油をなじませ、(2)を入れて両面色よく焼く(こがさないように中火位で)。
(4) (3)にしょうゆとみりんを加え、からめる。
(5) 器に盛り、ミニトマトを付け合わせる。


1人分
エネルギー 163kcal
たんぱく質 4.2g
脂質 3.4g
塩分 0.9g



目次へ戻る このページの上部へ
 

中山間地域の宝シリーズ10


国府町
いなば国府ガイドクラブ

 国府町は、奈良時代から因幡の国府が置かれ、政治、経済、文化の中心として栄えた地域で、このことが町の名前の由来となっています。町内には因幡国庁跡などの史跡・文化財も多く点在し、「雨滝」などの景勝地もあります。
 いなば国府ガイドクラブは、県内外から訪れていただいたみなさんに、これらの史跡などの歴史や、国府町の魅力をより知っていただくことを目的として結成しました。現在は12名の会員が、日々勉強会や史跡の清掃などを行いながら、ガイド技術の向上に努めて活動しています。
 また、よりわかりやすいガイドができるよう「紙芝居」で説明をしたり、時には「手品」や「腹話術」を取り入れたりして、お客さんとふれあいながら飽きさせない工夫も行っています。説明を受けた方からは「ただ見るだけではなくわかりやすい説明で、より歴史を感じることができた」と大変好評です。

清掃作業


問い合わせ先
いなば国府ガイドクラブ
(因幡万葉歴史館内受付)
TEL:0857-26-1780



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


ほしいも(3パック)
 
 湖山町で自家栽培した有機さつまいもで作った、半生(はんなま)タイプの「ほしいも」です。甘みたっぷりで、食べやすいやわらかさに仕上がっています。

【賞品提供】
有限会社カントリーフード
TEL:0857-32-7150
FAX:
0857-32-7151
ほしいも(1パック130g)

応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 3月21日(水)(当日消印有効)

応募先
〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
MAIL:shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市政と広報」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。




目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆湖山池の取材で出会った愛鳥家のみなさんは、倉吉、島根、岡山などから来られており関心の高さがうかがえました。また、先日県立図書館であった中世の湖山池に関する講座には、会場に入りきれないほどの受講者がつめかけ、かつての湖山池は直接日本海から交易船が入港できる港町であったとの話に、興味深そうに耳を傾けていらっしゃいました。(裕)
◆今回は湖山池の写真が表紙を飾っていますが、湖山池公園「お花畑ゾーン」に足を運ばれたことはありますでしょうか。軽い運動や散歩のコースなどにもちょうどいい場所で、天気のいい日は私もときどき利用しています。広々としていて湖山池が一望でき、表紙写真のように四季の移り変わりを楽しむことができるおすすめの癒しスポットです。(め)


■問い合わせ先
〒680-8571 市役所本庁舎秘書課広報室
TEL:0857-20-3132 
FAX:0857-20-3056
MAIL:kouhou@city.tottori.lg.jp



目次へ戻る このページの上部へ