このページではJavaScriptを使用しています。

【平成25年度】雇用拡大・若者定住対策の取り組みについて

  平成22年度より本市の活力ある持続的発展を目的として「雇用」、「若者定住」の2つの柱を核とした「雇用拡大・若者定住対策本部」を発足させ、全庁を挙げて取り組んでいます。

 

 ※ 「雇用創造戦略方針」、「若者定住戦略方針」の内容は、以下のデータをダウンロードしてご覧ください。

    鳥取市雇用創造戦略方針 《詳細》 (PDF 2.26MB)

       鳥取市雇用創造戦略方針 《概要版/35重点事業》 (PDF 330KB)

  

  ◆鳥取市若者定住戦略方針 《詳細》 (PDF 1.2MB)

       鳥取市若者定住戦略方針 《概要版》 (PDF 164KB)

 

img2.gif1.鳥取市雇用創造戦略方針

 (1)方針の位置づけ

   本市の雇用情勢は世界的な金融危機の引き金になったリーマンショック以降、依然として厳しさが続いており、市民が安心して暮らしながら、本市の持続的な発展を進めていくためには、雇用の拡大を図ることが喫緊の課題となっています。

   そのため、本市では、平成22~25年度の4年間で5,000人以上(新目標)の新たな雇用の場を市内に確保することを目標に掲げ、今後成長が見込まれる産業の振興・支援及び産業全般の底上げの両面から雇用創造に取り組み、市民、事業者、経済団体、大学、行政が連携・協働して戦略的に進めていくため、その考え方・取り組みを示す「鳥取市雇用創造戦略方針」を策定しています。

 (2)目標

(目標1)成長産業における雇用創造

(目標2)産業全般の底上げによる雇用創出

(目標3)若者の雇用の場の確保

(目標4)求職側と求人側のより円滑なマッチングの促進

                                   

                                          

 

  4年間(平成22年度~25年度)で

 雇用創造・創出目標数  5,000人以上(新目標)

 

       (※参考)

         当初目標の2,000人を平成23年度をもって達成したため、本市ではこの

        戦略方針で掲げた目標を5,000人に見直し、雇用創造・創出に向けて各種

        施策を強力に進めています。 

      →※ダウンロード:「雇用創造・創出目標数の見直し」 (PDF 48KB)

 

 (3)平成25年度までの実績

   鳥取市雇用創造戦略方針に基づく雇用創造・創出数の実績は下記のとおりでした。 

年度

雇用創造・創出数

平成22年度

1,496人

平成23年度

1,489人

平成24年度

1,568人

平成25年度

1,769人

合計

6,322人

       

    →※ダウンロード:「H25の雇用創造・創出数実績」の概要 (PDF145KB)

   →※ダウンロード:「重点事業のH25実績」 (PDF340KB)

   

 

               +++ お問い合わせ先 +++

               経済観光部 経済・雇用戦略課

                     TEL:(0857)20-3134

                     FAX:(0857)20-3046

                     Mail:keizai@city.tottori.lg.jp

                

 

img2.gif2.鳥取市若者定住戦略方針

 (1)経過と意義・概要

   本市では、平成22年度より「雇用拡大・若者定住対策本部」を発足させ、「雇用の創造(鳥取市雇用創造戦略方針)」、「若者定住の促進(鳥取市若者定住戦略方針)」の2つの柱を核として、持続可能でにぎわいのある住みよいまちづくりに全庁を挙げて取り組んできました。  

 

  「鳥取市若者定住戦略方針」は、次代の鳥取市を担い、鳥取力を高めるために大きな役割を果たす若者定住を促進するため、喫緊の課題のみならず長期的な視野に立った目指すべき姿の共通認識を図り、若者が定住しやすいまちづくりを進めるため、策定しています。

 

 基本方針として、若者定住のための5つのプロジェクトを掲げています。

 (1)鳥取の魅力創造プロジェクト

 (2)教育環境の充実プロジェクト

 (3)健康と子育ての応援プロジェクト

 (4)優れた住環境創造プロジェクト

 (5)若者の暮らし応援プロジェクト

 基本方針の中に、重点事業を定めて全庁的に若者定住の推進を図っています。

 

   平成26年3月、「鳥取市若者定住戦略方針」が計画期間の最終年度を迎えるにあたり、人口減少時代の下、引き続き若者定住に向けた取組を行っていくことが、将来の鳥取市の活性化のために不可欠であることから、現方針の改訂を行い、平成26年度より新たに取り組んでいくこととしました。

 

   具体的には、第一に、現行の重点事業についてスクラップアンドビルドし、全53事業(現行31事業の中から、7事業を削除し、29事業を追加・細分化)を掲げました。第二に、基本方針(5つのプロジェクト)の全53重点事業の進捗を明確化し、事業管理を容易化するため「達成数値目標」を設けました。(数値化が困難なものについては文言表記としました。)第三に、基本方針(5つのプロジェクト)の達成度を明らかにするため、5つのプロジェクトごとに指標を設定しました。

   また、本市の若者の意見を収集し、基本方針(5つのプロジェクト)の中に記載し、反映しました。

   

  →※ダウンロード:鳥取市若者定住戦略方針【改定概要版】(PDF164KB)

  

      →※ダウンロード:鳥取市若者定住戦略方針【改定版】(PDF1.2MB)

 

 

 (2)目標

  (短期目標) 

    地域の魅力アップを通じて定住と交流人口を増加させ、活力ある人材確保と鳥取力を高める人づくり・地域づくりを推進します。

  (長期目標)

   産み育てやすいまちづくりを進め、子どもたちのさらなる郷土愛を醸成し、持続可能な地域コミュニティを次世代へ継承していきます。

 

 

 (3)今後の予定

   「雇用拡大・若者定住対策本部」に設置されている若者定住部会において、年間上半期・通期の各課の重点事業達成数値目標の進捗状況を確認し、方針の進行管理を行います。実施期間は、平成26年度から平成29年度までの4年間ですが、次期鳥取市総合計画の策定に合わせ、再度所要の見直しを行う予定です。

 

 

 (4)その他

   【鳥取市の若者定住に関する情報(平成26年3月31日時点)】

  →※上記の概要はこちらからダウンロードできます。

 

 

               +++ お問い合わせ先 +++

               企画推進部 企画調整課

                     TEL:(0857)20-3153

                     FAX:(0857)21-1594

                     Mail:kikaku@city.tottori.lg.jp

                

  

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
アクセスカウンタ