このページではJavaScriptを使用しています。

第52回 国府地域審議会議事概要


 

日時:平成24年8月6日(木)13時30分~15時35分

場所:国府町中央公民館

 

〔出席委員〕

 森原喜久、岡垣宏治、正木直志、田中道春、井上州一、沖時枝、植田公子、廣瀬いつ子、村尾馨、岡野頼雄、木下敏明、井戸垣直樹

 

〔欠席委員〕

  米山幹雄、長尾具子、吉永昇平

 

〔生涯学習課〕

  有本主事

 

〔体育課〕

  冨田課長補佐、清水主任

 

〔交通政策室〕

  鈴木室長、有本主任

 

〔日ノ丸自動車(株)〕

  中島部長、稲村係長

 

〔事務局〕

 森本支所長、竹氏副支所長兼地域振興課長兼教育委員会国府町分室長兼国府町中央公民館長、山本市民福祉課長兼国府地区保健センター所長兼麻生児童館長、谷岡産業建設課長、山中地域振興課課長補佐

 

 

◎会議次第

 

 

1 開会

 

 

2 会長あいさつ

 

 

3 報告事項

 

 (1)  施設使用料の見直しについて

 

 (2)  バスダイヤの変更について

 

 (3)  新国府町総合支所改修工事について

 

 (4)  その他

 

 

 

4 その他

 

 

5 閉会 

 

 

 

 

 

議事概要

 

 

1 開会(事務局) 会議成立確認

 

 

 

2 会長あいさつ

 

   

 

3 報告事項

 

(1)施設使用料の見直しについて

 

 (森本支所長、竹氏副支所長兼地域振興課長兼教育委員会国府町分室長兼国府町中央公民館長、山本市民福祉課長兼国府地区保健センター所長兼麻生児童館長、有本主事、冨田課長補佐 資料1「第5次鳥取市行財政改革大綱に基づく使用料の見直し基本方針について」により説明)

 

(会長)

 質疑に入ります。

 

(委員)

 資料36頁国府町農村勤労福祉センタープールは無料が有料になるが、施設改修や監視員の配置の考えはどうか。

 

(体育課)

 施設改修は国府地域だけでなく、全体のバランスで考えており、計画的に実施していきます。料金改定したから、すぐ施設改修に繋がるということではありません。監視員の増員については、具体的に決定しておりません。今後の課題としたいと思います。

 

(委員)

 資料22頁の考え方の最後の「照明使用料は、原則徴収します」の基本線はどうか。

 

(体育課)

 施設使用料とは別に徴収するよう考えています。実費徴収として260円/時間としています。

 

(委員)

 資料2頁2(5)の「減免の見直し」中、「公益的見地」と「真にやむを得ないもの」とは具体的にどういうことか。  

 

(事務局)

 地域住民のスポーツ振興の向上など、それぞれの施設の設置目的に合致する場合などが考えられますが、今は具体的には申し上げにくいところです。

 

(委員)

 資料1頁2(1)に「使用料が大幅に変わる場合は、経過措置を講じる」とあるが、その期間は、資料2頁6の概ね5年と理解してよいか。

 

(事務局)

 国府地域には該当がありませんが、激変緩和の考え方であり、2頁の5年については、改正後の検証する場合です。

 

(委員)

 資料3頁9の管理協定の考え方はどういうものか。

 

(体育課)

 この管理協定は、地元を考えております。たとえば、多目的広場であれば、草刈りなどの管理と運営をしていただくような協定を結べば、その地区の方々については無料でとの考え方です。

 

(委員)

 地区の意味は、範囲は。また管理協定は具体的にどこと結ぶのか。成器地区では、スポーツ広場などの草刈りをしている。

 

(委員)

 この地区で、現在協定を結んでいるところがあるのか。

 

(体育課)

 大茅・成器地区の体育館・スポーツ広場については、委託という形で現在管理運営していただいておりますので、引き続き協定を締結することができれば、現状どおりの使い方をしていただけると思っております。なお、地区とは、中学校区を想定しており、地元主体の管理運営が可能な施設は、管理協定を締結することで、地区無料の取り扱いの対応可能と考えております。

 

(委員)

 具体的に有料になる例はどうか。

 

(体育課)

 ほとんど地元の方が利用されますので、料金が発生することはあまりないだろうと思いますが、地区以外の方が、たまたま空いていてそこを使うことがあった場合、料金が発生することになります。

 

(委員)

 学校開放の見直しは、関係はどうか。

 

(体育課)

 今回は、社会体育施設のバランスを取ろうとするものです。学校開放は、学校教育施設を一般に開放し社会に貢献するためにとの考え方です。今のところ、学校開放での料金設定の考えはありません。

 

(委員)

 因幡万葉歴史館に隣接した広場の料金はどうなっているのか。

 

(事務局)史跡ネットワーク広場は、現在市有施設です。広場の使用料は、現在設定はありません。

 

(委員)

 料金改定による収入増は、どのくらいになるのか。

 

(体育課)

 今のところ、どのくらい増収になるのか試算していません。大幅な増収は見込めないと思っております。

 

(委員)

 大茅スポーツ広場は、現在だれと管理契約のようなものをしているか。

 

(体育課)

 大茅地区自治会長会です。

 

(委員)

 資料43頁のHOT連携の具体的範囲は。

 

(事務局)

 姫路・岡山・鳥取市民です。

 

(委員)

 資料6頁国府地区保健センターは、低い額に見直されているが、これが運営に影響することはないか。

 

(事務局)

 実際は、ほとんどが地元住民の方の使用で、減免措置されているため、影響はありません。

 

(委員)

 減免の判断をするのはどの機関で、だれがするのか。

 

(事務局)

 施設の所属長が判断しますが、同類施設の状況やこれまでの事例を参考にしているケースもあります。

 

(委員)

 学校の区分けについて、小学生、中学生と小中学生になっておりばらばらだ。小学生までは無料に統一してほしい。

 

(事務局)

 意見として伺っておきます。

 

(2)バスダイヤの変更について

 

  (鈴木室長、中島部長 資料「平成24年10月1日バスダイヤ変更(案)」により説明)

 

(委員)

 資料1頁の鳥取駅発の7時が7時25分に変更となっている。これで中学校始業時間に間に合うかどうかを学校と協議しているか。

 

(日ノ丸自動車(株))

 市を通して学校と協議しており、間に合うことになっています。

 

(事務局)

 今回、国府中学校と国府東小学校に照会をし、了解を得ております。ただ、7時35分発の便について、そのまま残してほしいとの意見を伺っております。日ノ丸自動車には、このことをまだ報告していないと思います。

 

(委員)

 歴史館に来る便がなくなるということで、7時25分発の便を歴史館経由にしたらと提案したい。帰りについても、歴史館経由として検討いただきたい。

 

(委員)

 支所移転が決まっているが、それに伴うバス路線変更の話はどうなっているのか。

 

(事務局)

 奥谷から新庁舎を回って岩倉の方へという変更については、日ノ丸自動車にはすでに打診しております。道幅や新しいバス停留所設置などのこともあり、今のところ難しいと伺っております。

 

(委員)

 支所移転が決まっているのに、バス路線変更ができなかったという話をしないでいただきたい。前向きに検討してもらわないと困る。

 

(交通政策室)

 岩倉バス停利用者が多いことや、道路拡幅なども考えなければならないのでなかなか難しいところがあります。

 

(委員)

 支所移転は以前から決まっていたことで、これから検討するということではないと思う。

 

(交通政策室)

 日ノ丸自動車へは既に投げかけておりますが、検討が進んでいないのが現状です。

 

(委員)

 真剣に取り組んでいただきたい。前向きな話になっていないことはよくない。中学校の万葉歴史館経由の話もだが、これはもっと大切な話だ。

 

(3)新国府町総合支所改修工事について

 

  (竹氏副支所長兼地域振興課長兼教育委員会国府町分室長兼国府町中央公民館長 資料2「新国府町総合支所改修工事について」により説明)

 

(委員)

 図面はいつできたのか。これは報告であって、我々に意見を聞くことがなかった。資料4頁の集会所図面については、さまざまな話があった経緯があるので、せめて発注するまでには知らせてほしかった。

 

(事務局)

 図面は集会所としておりますが、新宮下はもとより、どの自治会でも集会施設として使っていただけます。あくまで市の施設であり、利用について限定された施設ではありません。

 

(委員)

 備品はどうなる。

 

(事務局)

 基本的には、今あるものを利用する考えです。

 

(委員)

 市民の印刷機利用は、今までどおりできるか。

 

(事務局)

 今までどおりです。

 

(委員)

 1・2階のトイレを、一部でも和式から洋式にすべきだ。

 

(委員)

 集会所について、玄関へのスロープはあるが、玄関からホールへは段差があるようだ。手すりもお願いしたい。

 

(事務局)

 トイレについては、現状を考慮し、やむなくこのような案としましたが、改めて検討します。

 

(委員)

 女子用トイレの数を増やしてほしい。

 

  (2)その他

 

   なし

 

4 その他

 

  (竹氏副支所長兼地域振興課長兼教育委員会国府町分室長兼国府町中央公民館長 「国際まんが博」について、パンフレットにより紹介)

 

(委員)

 現総合支所庁舎の利活用について考えなければと思う。

 

 

5 閉会

 

ページ上部へ戻る

 


 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
国府町総合支所 地域振興課
電話0857-39-0555
FAX0857-27-3064
メールアドレスkf-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)