このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市庁舎耐震改修案の具体化に向けた取り組みを進めています!


1.市議会の取り組み

フロー図(クリックで拡大) 
市議会に特別委員会設置

 5月20日に執行された「鳥取市庁舎整備に関する住民投票」の結果を受け、現本庁舎の耐震改修等について具体的に調査研究を行う必要があるため、市議会では5月31日に「鳥取市庁舎耐震改修等に関する調査特別委員会」を設置しました。

 

市庁舎耐震改修案の調査・審議

 調査研究を進めるに当たり、耐震改修案の事業内容、工事費などについて、立案者を参考人として2回招致し、説明を受けました。その結果、第3者となる専門家を交えた、さらなる具体的な検証が必要と判断するに至りました。

 

専門家による検証

 そのため、地方自治法第100条の2(専門的知見の活用)に基づき、市議会として耐震改修案の内容を検証するための調査業務を専門家に依頼することを決定し、12月の整備方針取りまとめをめどに、現在、議論を進めています。

 

審議内容を公開しています!


・特別委員会の傍聴
・ケーブルテレビ (特別委員会の当日19時からと翌土曜日14時から放送)
インターネット放送(特別委員会の翌日15時から1週間程度配信)
鳥取市のホームページの左側『市議会』で、特別委員会の日程、資料、議事録を公表しています。

 

 

2.市(執行部)の取り組み

 鳥取市庁舎耐震改修案は、本庁舎敷地(本庁舎建物の下、駐車場)の掘削が予定されているため、法律などに基づく調査を行っています。

 

埋蔵文化財調査

 本庁舎の周辺及び駐車場の地下には薬研堀(武家屋敷と町人地を区画する堀)があり、鳥取城下の都市計画の始まりを示すものとして重要であることから、文化庁通知に基づき試掘調査を実施しています。
 6月中旬から調査を開始しており、9月中旬には終了する予定です。駐車場利用にご迷惑をおかけしておりますが、ご協力をお願いします。

 

土壌汚染状況調査

 市庁舎耐震改修案は、土地の掘削面積が3,000平方メートル以上となる見込みであり、その場合、土壌汚染対策法に基づく届出が必要となります。本庁舎の敷地は、基準値を超える物質が近隣で検出されていることから、法律に基づく調査を先行して行っています。
 8月上旬から調査を開始しており、9月下旬には終了する予定です。

 

 

問い合わせ先

鳥取市議会事務局
〒680-8571 鳥取市尚徳町116
TEL0857-20-3344 FAX0857-20-3049

 

(市の取り組みに関すること)
鳥取市総務部庁舎整備局
TEL0857-20-3012 FAX0857-20-3029



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?