Tottori City News Letter   
とっとり市報2012年10月
   

今月の表紙

二十世紀梨・今年の果実は重いかな?
鳥取砂丘ジオパークフェアで旬の味に舌鼓

 8月25日(土)、鳥取砂丘市営駐車場でジオパークフェアが行われ、市内外から観光に訪れた家族連れなどでにぎわいました。会場では、砂丘の名産らっきょうや旬を迎えた二十世紀梨の試食販売が行われたほか、地元の食材を活かした4種類の料理が販売され、訪れた人たちは鳥取の味覚に舌鼓。家族や友達と食べ比べながら、お気に入りの味を見つけていました。
 また、くじに書かれた数の二十世紀梨を選び、その重さを当てる「梨の重さ当てクイズ」を実施。誤差が100グラム以内であれば、選んだ梨を持ち帰ることができるこの企画には、多くの人が列を作っていました。東京から家族5人で訪れた亀井さんは、「初めて鳥取に来て、お土産をたくさん持ち帰ることができて嬉しいです」と、家族みんなで獲得した梨を見て、大満足の様子でした。
 その他、今年のしゃんしゃん祭にも出場したStudio do hip 桜道里(スタジオ・ドゥ・ヒップ おーどりー)が、3種類の創作ダンスを披露。会場の盛り上がりに華を添え、今年の夏のフィナーレを飾る、にぎやかな催しとなりました。

二十世紀梨の試食販売 海鮮焼き すずっこ踊り



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市の人口

94,218人 [+12]
101,270人 [−26]
合計 195,488人 [−14]
世帯数 77,542 [+21]

平成24年9月1日現在[ ]内は前月比


お持ち帰り用の市報を、地区公民館などに設置しております。
どうぞご利用ください。




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市を語る〜市政への提言〜 Vol.7

対談者:映画監督 大友啓史(おおともけいし)
場所:仁風閣
対談日:平成24年8月11日(土)
協力:一般社団法人鳥取市観光コンベンション協会


大友啓史さんと市長

ロケ地の誘致は、発信力にかかっている!

全国を探して仁風閣に

市長 この度、映画「るろうに剣心(けんしん)」のロケを仁風閣でされました。まず、この映画のテーマを伺います。
大友 主人公の「緋村剣心(ひむら けんしん)」は、幕末の暗殺者だったんですが、あるとき、二度と自分は人斬りはしないと決意します。明治時代になって、タイトル通り流浪人(るろうに)しながら、自分の身の周りの者を助けていくというストーリーです。新時代をどうやって生き、新しい価値観をどう作っていくのか、というテーマを、魅力的なキャスティングで描きました。
市長 映画で、鳥取市のシンボルである仁風閣をロケ地とされた理由はなんですか。
大友 明治の時代において、洋館は、ひとつのモチーフですね。こういう重要文化財の洋館は、ものすごく貫禄とか風格を与えてくれるんです。全国津々浦々探し歩いて、ようやくここにたどり着きました。


名物の人を育ててほしい

市長 映画のロケ地になることで、地域の活性化を期待しています。制作側からみて、受入側にどのような取り組みを期待されますでしょうか。
大友 「龍馬伝(りょうまでん)」の長崎グラバー園でのロケでは、修学旅行シーズンと重なり、最初は使えなかったんですが、どうやったら撮影できるのかを考えました。そこで、園の方で交通整理をして頂ければ、修学旅行生に撮影現場を通って頂いていいと提案したんです。修学旅行生たちは、ロケ現場を見ることができ、一生の思い出になりますしね。我々も我慢するし、地元も我慢して頂くことを提案し、不可能を可能にしました。

市長 お互いがちょっと我慢をしながら、歩み寄ることでお互いに良い結果を実現できるということですね。
大友 地方の撮影では、ほかの土地にないオリジナルなものが大事です。これは、情報を発信する人の発信力にものすごくかかっていると思います。例えば、話題になるような強いキャラクターを持つ人って居たりしますよね。そういう魅力的な発信をできる方が何人かいると、一挙にぐっと変わります。是非、鳥取市でもそういう名物の方を育てていただけたらと思います(笑)。
市長 それは、隠れた重要ポイントですね。これから市に、熱心な担当者と、良い相談窓口を置きたいと思います。この映画の成功を大いに期待しております。

※対談内容を抜粋・要約して掲載しています。




目次へ戻る このページの上部へ
 

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
10月の番組ガイド

デジタル 11ch デジアナ 2ch

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。

【話題・特集】
▼鳥取三十二万石お城まつり
▼市民体育祭総合閉会式
▼緑化フェアとっとり1年前まつり
鳥取三十二万石お城まつり
昨年の「鳥取三十二万石お城まつり」

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週水・木・金・土
いなばぴょんぴょんネット イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
特別番組
鳥取市議会『鳥取市庁舎耐震改修等に関する調査特別委員会』

 開催日の午後7時から、また週末土曜日の午後2時から中継録画放送します。
※鳥取市公式ホームページ内のインターネット放送局でも視聴できます。
(開催後、約1か月間)

 

いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木

 西条柿や富有柿の出荷や恒例の「とっとりきのこ祭り」の様子、実りの秋の豊作を祝う行事をお伝えします。


地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月

 芸術や文化の秋を迎え、市内各地の伝統芸能を守る公民館活動やまちづくり活動を紹介します。


生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火

 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。


手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月

 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

※番組の放送時間や内容はホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。



情報をお寄せください!
いなばぴょんぴょんネット  TEL:0857-22-6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページでも紹介しています。
HP: http://www.inabapyonpyon.net




目次へ戻る このページの上部へ
 

ワンポイント
消費者被害にあわないために

file018  あなたの彼女は販売員?!

【事例】 
 間違いメールをきっかけに女性と親しくなり、2カ月後に直接会うことになった。会って話すうちに彼女の勤めている職場の事務所に行くことになった。彼女は、「将来結婚を考える時には、こんな指輪が必要になるのよ」と言って指輪を見せてきた。数十万円もする指輪だったが、断って彼女に嫌われたくないから買うことにした。

【アドバイス】
 
 これはデート商法と言われる悪質商法です。間違いメールなどをきっかけに親しくなり、「相手に嫌われたくない」という心理を利用して、高額な商品を購入させる手口です。高額な商品を購入した後は連絡がつかなくなる場合がほとんどです。
 上記の事例は、訪問販売に該当するため、クーリング・オフ制度を利用して、8日間以内なら無条件で解約することができます。
【トラブルを防ぐために】
 「お願いをきかなかったら嫌われてしまうかもしれない…」と断るのをためらう気持ちは分かります。しかし、本当の友人や恋人であれば、断ってもそれで関係が壊れる事はありません。必要ないものであれば、きっぱり断る勇気をもちましょう。


問い合わせ先
駅南庁舎市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学
シリーズvol.45

TOPICSトピックス

創造性に富んだ豊かな地域社会形成をめざし、研究と実践的活動を展開

地域イノベーション研究センター

 イノベーションは、技術革新を意味する言葉として一般的に使われていますが、経済構造・制度・人や組織の関係・文化などの変革を通じて新たな社会を創造していくことも意味しています。
 日本は、財政赤字の累積や高齢化・少子化が進行していくなかで、意思決定や事業の仕組みは数十年間大きく変わっていません。地域では産業の流出による所得減少が進み、地域資源を活かし生活の拠点ともなっている中山間地域の集落は、買い物や交通などの生活基盤の維持が困難な状況に直面していますが、それでも社会は現状の安定的仕組を簡単には変えることはできません。地域をより豊かにしていくためには、社会的イノベーションが必要です。
 地域イノベーション研究センターは、地域を視点に経済、政策・制度、集落や街並みの再生手法の研究をすすめ、さらに研究成果を地域と協力した実践的活動を通じ、創造的地域社会形成に取り組んでいます。


問い合わせ先
企画広報課  TEL:0857-38-6704
HP
http://www.kankyo-u.ac.jp/
MAIL
kikaku@kankyo-u.ac.jp



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報
TOTTORI UNIVERSITY OF ENVIRONMENTAL STUDIES

鳥取環境大学公開講座(とっとり県民カレッジ連携講座)

◆テーマ:「環日本海経済圏の未来」
とき
 10月6日(土) 10:30〜12:00
ところ 県立図書館2階大研修室(尚徳町)
講師 冨岡庄一(とみおか しょういち)(経営学部 教授)

◆テーマ:「お金で失敗させない子育てマナー講座
〜第1回親子で話そうお金の話〜」
とき
 10月13日(土) 10:30〜12:00
ところ 県立図書館2階大研修室(尚徳町)
講師 泉美智子(いずみ みちこ)(経営学部 准教授)

◆テーマ:「身近な材料でつくる美しい小箱(全3回)」
とき
 10月27日(土)13:00〜14:30
ところ 鳥取環境大学木工室
講師 遠藤由美子(えんどう ゆみこ)(環境学部准教授)
定員 15人(先着順)

◆テーマ:「TOEIC攻略講座(全5回)」
とき
 10月18・25日、11月1・8・15日 19:00〜20:30
ところ 鳥取環境大学情報処理棟1階20講義室(若葉台北一丁目)
講師 中村弘子(なかむら ひろこ)(人間形成教育センター准教授)
定員 35人(先着順)

上記4テーマとも申し込みなどは以下のとおりです。
申込方法
 講座の前日までに、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで下記問い合わせ先まで
参加料 無料



問い合わせ先
鳥取環境大学企画広報課
TEL:0857-38-6704
FAXL:0857-38-6709
MAIL:kikaku@kankyo-u.ac.jp


情報メディアセンターと地域イノベーション研究センター共同公開講座

とき 10月27日(土)
ところ 鳥取環境大学情報メディアセンター
テーマ 「まちづくりのこれまでとこれから」
講師 倉持裕彌(くらもち ひろみ)さん(地域イノベーション研究センター講師)
参加費 無料
申込方法 講座の前日までに、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで下記問い合わせ先まで


問い合わせ先
鳥取環境大学図書情報課
TEL:0857-38-6730
FAXL:0857-38-6734
MAIL:lib@kankyo-u.ac.jp


サイエンスカフェ鳥取2012「この世は何次元?」

とき 10月22日(土)14:00〜16:00
ところ cafe SOURCE(カフェソース)(弥生町)
定員 40人
詳しくは下記までお問い合わせください。


問い合わせ先
鳥取環境大学環境学部 教授 足利裕人
TEL:0857-38-6753
MAIL:hashikaga@gmail.com



目次へ戻る このページの上部へ
 

シリーズ よみがえれ湖山池! Vol.3

■最近の湖山池の塩分濃度は・・・

 3月12日湖山川水門全門開放後、6月中旬より夜間および逆流時(海の潮位が高く、海水が溯上する時)には船通しのみ開放し、第1・第2樋門を閉鎖する操作を行うなどの塩分調整を実施してきました。その結果、青島大橋の塩分は6600mg/L(8月29日時点)まで到達しています。
※市公式ホームページに湖山池塩分推移グラフを掲載しています。


■高塩分化の影響か??

 ヒシやアオコの発生については、今年度ほぼ皆無の状況が続いていますが、7月下旬ごろから赤潮が発生しました。
 一方、春先に放流したヤマトシジミ(0.9トン)は順調に生育しており、低層には小さなゴカイや糸ミミズなどが発生し、シラウオ、フナ、ウナギなどが多く生息しているのが確認されています。


問い合わせ先
本庁舎生活環境課  TEL:0857-20-3216



目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

本のリサイクル市 本のリサイクルにご協力を!

 図書館や家庭で不要になった本を無料でさしあげます。

とき 10月27・28日(土・日) 9:30〜16:00
※両日とも当日9:00から入場整理券を配付します。
ところ 中央図書館 多目的ホール
■持ち込み受付
 ご家庭で不要になった本や雑誌を提供していただける人は、中央図書館までお持ちください。
10月20日(土)〜27日(土)の開館時間内
※10月23日(火)、25日(木)は休館日のため受付不可。


親子でいっしょに楽しむ講座

第5回おはなしを楽しもう

とき 10月21日(日)11:00〜12:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
講師 おはなしろうそくの会
定員 20組
※中央図書館に申し込んでください。


鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり

とき 講師と演題
第84回
10月6日(土)
「地域で楽しめる認知症予防活動」
講師:竹田伸也(たけだ しんや)さん
(鳥取大学医学系研究科 講師)

時間 13:30〜15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
定員 40人程度 ※参加無料、申し込み不要


問い合わせ先
■中央図書館 0857-27-5182 開館時間 9:00〜19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館 0857-37-6036 開館時間 10:00〜18:00
■用瀬図書館 0858-87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(中央図書館は除く)



目次へ戻る このページの上部へ
   

食(しょく) きのこ料理編 Vol.2

簡単にできるきのこ料理を、8回シリーズで紹介します。

きのこと大豆のナゲット

きのこと大豆のナゲット 食生活改善推進員連絡協議会 用瀬支部

一口メモ…きのこと大豆は食感を楽しめるように小さく切りすぎないようにするのがポイントです。いろいろなきのこを使って作ることができます。



材料(4人分)
茹で大豆 180g
えのき茸 60g
エリンギ 60g
長芋 50g
片栗粉 大さじ1

A 小さじ1
こしょう 少々
小麦粉 大さじ3
揚げ油 適量

(1) 茹で大豆は、粗くつぶす。
(2) えのき茸・エリンギ・長芋は、粗いみじん切りにする。
(3) ボウルに(1)と(2)、片栗粉を入れてよく混ぜ合わせる。Aを加えて調味し、8等分に分け、小判型にする。
(4)(3)に小麦粉をうっすらと付け、180度に熱した油で、きつね色になるまで揚げる。


1人分
エネルギー 146kcal
たんぱく質 8.9g
脂質 6.1g
塩分 1.5g

《食育コーナー》
〜秋も野菜をしっかりと〜
毎食、旬の野菜をとり入れて、実りの秋を楽しみましょう!



目次へ戻る このページの上部へ
 

輝く中山間地域シリーズ7

青谷町小畑つくし会

青谷町小畑集落
小畑つくし会

 地区の敬老会で銭太鼓を披露したのをきっかけに、昭和54年、小畑(おばた)集落の住民が中心となり、小畑つくし会を結成。結成当時は30余人が集まって始めました。その後、演技の熟度を増そうと、町内外の民謡グループを訪ね、銭太鼓や民謡踊りの指導を受けました。一生懸命練習に励んだ結果、地域イベントなどへの出演が増えてきました。その後、津山宮坂流に入会し、本格的な指導を受けて、県内外のチャリティーイベントにも参加。東京国際劇場やオーストラリアでも公演するなど、多くの団体と交流を深めました。
 現在、3歳から70歳代まで17人の会員が、月2回、集落の公民館に集まって練習します。中には親子3代で参加している会員もいます。公演前は、週2回集まって練習することもあり、年代を超えた楽しい活動をしています。
 公民館まつり、敬老会、各種イベントなど声をかけて頂ければ気軽に伺います。みなさんからの出演依頼をお待ちしています!
かさ踊りの様子



問い合わせ先
青谷町総合支所地域振興課
TEL:0857-85-0011



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で10名様にプレゼントします。


新・鳥取の家庭料理

新・鳥取の家庭料理の本  日本料理店「分とく山」総料理長、野崎洋光(のざき ひろみつ)さんが考案したレシピを紹介しています。鳥取の食材を活用した家庭料理をぜひご自宅で作ってみてください!
(煮豚、さばのみそ煮、筑前煮、きんぴらごぼうなど)

【賞品提供】
市役所本庁舎経済・雇用戦略課
TEL:0857-20-3249

※第二庁舎経済・雇用戦略課などで500円で販売しています。
幸福柿

応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 10月22日(月)(当日消印有効)

応募先
〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
MAIL:shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市政と広報」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。




目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆今月は、ジオパークの話題をこれでもかと盛り込みました。ジオガイドのみなさんの取材で、鳥取(浜坂)砂丘の広さは、イオン鳥取北店の25個分ということを知りました。この例えには「なるほど」の一言。しかし、小学生の間ではすでに常識ということが一番の驚きでした。砂丘にはまだ見ぬ表情がたくさんあるということで、今度は新雪に覆われた砂丘を狙ってみましょうか。(TEL)
◆子どもを連れて鳥取しゃんしゃん祭を見に行きました。その後祖母の家に行くたび、思い出してはしゃんしゃん傘を持ち出し、うろ覚えの「きなんせ節」を歌いながら傘を振り回して踊って(遊んで?)います。今はただ傘を振り回しているだけですが、こういうふうに小さいころから触れることが長く続くお祭りには必要なことなんだなと感じています。(i.n)


■問い合わせ先
〒680-8571 市役所本庁舎秘書課広報室
TEL:0857-20-3132 
FAX:0857-20-3056
MAIL:kouhou@city.tottori.lg.jp


目次へ戻る このページの上部へ