このページではJavaScriptを使用しています。

学校給食モニタリング事業検査結果について

 

 

 鳥取市では、学校給食の放射性物質の有無や量について把握するため、学校給食センターで提供した学校給食の事後検査を実施しています。

1.検査方法

 ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法で児童生徒に提供した学校給食1週間分(1日1食分 計4~5食分)をまとめて検査

2.検査機関

 株式会社 日本総合科学(厚生労働省登録検査機関)

3.検査項目

 放射性セシウム134、同137 (検出下限値は1ベクレル/Kg)

4.検査期間・検査対象施設

 検査期間

給食センター

11月12日(月)~16日(金)

第一学校給食センター

第二学校給食センター

湖東学校給食センター

11月19日(月)~22日(木)

国府学校給食センター

河原学校給食センター

佐治学校給食センター

11月26日(月)~30日(金)

気高学校給食センター

鹿野学校給食センター

青谷学校給食センター

 

5.検査結果

 平成24年11月12日(月)~16日(金)の検査結果

検査対象

学校給食施設

 検査日

検査結果

献立

(PDF)

放射性

セシウム134

放射性

セシウム137

 第一学校給食センター

11月19日

(月曜日)

(検出下限値未満)

(検出下限値未満) 

11月

 第二学校給食センター

11月19日

(月曜日)

(検出下限値未満) 

(検出下限値未満)  

11月

 湖東学校給食センター

11月19日

(月曜日)

(検出下限値未満) 

(検出下限値未満) 

 11月

 ※検出下限値は、検査した試料の中に放射性セシウムの有無を判断できる下限の値

 

 【参考】放射性セシウムの基準値(厚生労働省:平成24年4月1日から適用)

・ 一般食品:100ベクレル/Kg

・ 牛乳:50ベクレル/Kg

・ 飲料水:10ベクレル/Kg

・ 乳児用食品:50ベクレル/Kg

 

 

 

 

◆関連リンク

 鳥取県教育委員会ホームページ



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
教育委員会 体育課 給食係
電話0857-20-3372
FAX0857-20-3050
メールアドレスkyo-taiiku@city.tottori.lg.jp