Tottori City News Letter   
とっとり市報2012年12月
    

シリーズ@じんけんVol.387

差別のない社会へ 「ひとりで、悩まないで!」
〜人権福祉センター職員による支援〜

人権福祉センターは社会福祉法に基づく福祉施設で、相談支援業務を中心に事業を展開しています。人権に関わることをはじめ、生活上のさまざまな相談をお受けし、人権福祉センター職員や専門相談員が問題解決のための支援を行っています。
          
人権福祉センター職員による支援

▼安心して相談いただける環境で、しっかりご相談をお聴きします。
▼相談者一人ひとりの問題に合わせて、必要なさまざまな支援を制度横断的にコーディネートし、継続的に支援します。
▼ご希望に応じて、関係機関への同行や、専門相談員へ案内します。
 例えば、相談者が聞きたいと思う事柄を上手く担当者に伝えることができないときには、聞きたい内容を確認しながら、相談者が納得のいく説明が受けられるように支援します。


鳥取市人権福祉センターリーフレット1  鳥取市人権福祉センターリーフレット
鳥取市人権福祉センターリーフレット


専門相談員による支援

▼専門相談員(弁護士・カウンセラーなど)が、問題点を整理し、解決への糸口を見出すサポートを行います。
▼専門的な見解や助言が必要な相談に、弁護士が対応します。
▼カウンセリングによる心理的な援助を行いながら、問題解決に向けた支援を行います。
例えば、解決困難な問題を抱えたとき、あるいは長年にわたり問題が深刻化している場合、相談者の問題解決に向けた対応力が弱くなっている傾向があります。そのため、カウンセリングにより、自身の解決の方向性を考える力を引き出していきます。


めざすのはパーソナル・サポート

人権福祉センターの「人権・生活相談」は、現在、注目されている「パーソナル・サポート・サービス(個別支援)」の実践であると言えます。
さまざまな困難を抱える人が増える中で、当事者に寄り添い伴走しながら個別的、継続的、包括的な支援を行うしくみの構築をめざしています。


大切なのは相談すること

さまざまな課題を抱えて本当に困っている人ほど、「相談窓口には行きにくい」、「何をどう話していいのか分からないので、相談することに抵抗を感じる」など、相談しないで悩んでいる実態があります。
ひとりで悩まないで、まずはご相談ください。


問い合わせ先
中央人権福祉センター(鳥取市幸町151人権交流プラザ内)
TEL:
0857-24- 8241
FAX:0857-24- 8067
Mail:jin-chuo@city.tottori.lg.jp

※人権福祉センターは、鳥取市内に分館を含めて11施設あります。
詳細は、上記までお問い合わせください。


利用者の声を紹介します

●これまで色々なところで相談をしましたが、聞いてもらえてない気がして悲しくなっていましたが、センターで相談して気持ちを分かってもらえ嬉しかったです。
(女性50代)
●離婚して途方に暮れていた時、私と子どもたちに必要な制度を網羅して情報提供していただきました。支えてくださる存在が、力になりました。
(女性40代)
●精神的に疲れ果て限界でしたが、その都度必要なことを説明していただき、窓口にも同行していただきました。問題が一つずつ解決するごとに前向きな気持ちになることができました。
(男性30代)
●相談員のアドバイスや改善していく方法に救われた思いで、とても心が軽くなり元気になることができました。こうした相談業務をもっと広く市民に知らせてほしいと思いました。
(女性50代)


問い合わせ先
本庁舎人権推進課
TEL:0857-20-3143

目次へ戻る このページの上部へ