Tottori City News Letter   
とっとり市報2012年12月
   

今月の表紙

らっきょうの花畑で一枚

らっきょう畑の散策

 11月4日(日)、見ごろを迎えた福部町のらっきょう畑を散策する催しが行われました。この日は好天に恵まれ、多くの家族連れなどが参加。地元のガイドから、らっきょうが真夏に植え付けられることや、手作業で加工されることなどの解説を受けながら、興味深くらっきょうの花を眺めていました。途中、らっきょうの花摘みスポットに到着すると、参加者は嬉しそうに畑の中へ。鮮やかな紫色の花を見せ合ったり、特有の香りを確かめたりしながら、季節限定のおだやかなひとときを楽しんでいました。およそ一時間の散策でしたが、あっという間に過ぎてしまったようで、「もっと見たかった」という声が聞かれるほど、大変好評の催しとなりました。
 この日は、毎年恒例の「らっきょうの花マラソン」も同時開催。1,213人の参加者が、おだやかな日差しのもとに咲くらっきょうの花を楽しみながら、ゴールを目指して駆け抜けていきました。


らっきょうの花マラソン



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市の人口

94,142人 [−21]
101,275人 [+20]
合計 195,417人 [−1]
世帯数 77,618 [+73]

平成24年11月1日現在[ ]内は前月比


お持ち帰り用の市報を、地区公民館などに設置しております。
どうぞご利用ください。




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市を語る〜市政への提言〜 Vol.9

対談者:作家、「千の風になって」の訳詩・作曲者  新井(あらい)満(まん)さん
場所:砂丘の家レイガーデン
対談日:平成24年10月21日(日)



大伴家持の曲を全国に発信しよう!

砂像の無常観がいい

市長 今日は万葉フェスティバルで、記念講演をありがとうございました。まず、鳥取市の印象について伺います。
新井 観光という言葉は、光を観ると書きます。光イコール宝物という意味です。宝物は何かというとその土地にしかないものが宝物なんです。その点で、鳥取といえば砂丘です。何十年かぶりに鳥取に来ましたら、砂の美術館ができていました。宝物をちゃんと認識し、それを見せようとしておられる。はっきり申し上げて驚いた。感心した、感動した。
市長 鳥取砂丘は天然の造形物ですが、人が思いを込めて、砂を使って作る芸術を砂丘と対比して作ってはどうか、ということで始めたんです。
新井 彫刻は普通木とか石とか、形の崩れないものを削るイメージなので、どうやって作るのかな、と観ておりますと、崩れていない。でもいつかは崩れる。その無常観がいいですね。
市長 儚(はかな)い芸術とPRしてます。
新井 諸行無常の響きあり。日本人の根本的な人生観だと思いますね。般若心経で色即是空とは、万物は変化した結果、滅びるということですが、砂の美術は、最後は滅びるわけでしょ、色即是空を、そのまま形にしたような美術館ですよ。
市長 哲学的な論評をいただいて、改めて砂の芸術、儚(はかな)い砂像の存在が問いかけているものをアピールしていきたいという気持ちになりました。
新井 いつかは滅びてしまう、でも今はまだ生きている、この命を大切にしようというメッセージが聞こえてきます。



大伴家持の歌にメロディーを

市長 万葉集の歌に曲をつけられた先生の「万葉恋歌(こいうた) ああ、君待つと」は非常にすばらしい曲です。万葉の時代が現代に通ずるものもあると思ったんですが、なにかご提案はありますか。
新井 万葉集は、千年後の今も生きています。それは普遍性があったということです。普遍性の最たるものは、人を愛すること。恋歌は、千年前も現代も全然変わらないというのが最初の印象でした。また、大伴家持(おおとものやかもち)といえばあまりにも有名な「あらたしき年の初めの初春の・・・
市長 ・・今日降る雪のいや重(し)げ吉事(よごと)」
新井 おめでたいことが三つも重なるというこんなにおめでたい歌はちょっとありません。この和歌にメロディーをつけて、お祝いの席で必ず歌われるような祝い歌として発表してはいかがでしょう。これは大伴家持の代表歌です。鳥取市にとっては全国にPRできる絶好のチャンスになるかもしれませんね。
市長 とてもいい提案だと思います。是非、歌にして広めたいものです。

※対談内容を抜粋・要約して掲載しています。




目次へ戻る このページの上部へ
 

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
12月の番組ガイド

デジタル 11ch デジアナ 2ch

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。

【話題・特集】
▼鳥取市政10 大ニュース
▼鳥取砂丘イリュージョンX
▼鳥取市教育フォーラム
▼市民活動フェスタinとっとり
昨年の鳥取砂丘イリュージョンIX
昨年の「鳥取砂丘イリュージョンIX」

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週水・木・金・土
いなばぴょんぴょんネット イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
特別番組 鳥取市議会12月定例会

 一般質問の模様を生中継。また、当日の午後7時から再放送します。


特別番組 湖山池将来ビジョンシンポジウム

 12月18日(火)〜22日(土)、午後2時から放送


特別番組 鳥取市教育フォーラム

 12月25日(火)〜29日(土)、午後2時から放送


いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木

 二十世紀梨のせん定など来年の収穫に向けた農作業の様子や、正月の準備に忙しい農村の話題などをお送りします。


地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月

 市内各地の正月準備の様子や、取材映像で今年1年を振り返ります。


生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火

 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。


手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月

 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

※番組の放送時間や内容はホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。



情報をお寄せください!
いなばぴょんぴょんネット  TEL:0857-22-6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページでも紹介しています。
HP: http://www.inabapyonpyon.net




目次へ戻る このページの上部へ
 

ワンポイント
消費者被害にあわないために

file020  本当に贈答品?注文品?「送りつけ商品」にご注意を!

 お歳暮など贈答品が送られることが多い季節となりました。例年、贈答品などを装って商品を一方的に送り、代金を要求する悪質商法が発生します。ご注意ください。
【事例1】
・「以前、ご注文いただいた方にカニを送りますので受け取ってください」と一方的に電話があった。届いたカニの箱を開けたら請求書が入っていた。
【事例2】
・「以前に注文された健康食品を送ります。もう注文済みだから断れません」と電話があった。『代引き』で商品が届いたので、心当たりは無かったが仕方なく支払いを済ませ、商品を受け取った。
※『代引き』…荷物の輸送とその代価の徴収を同時に行うサービス
【アドバイス】
 事例1の場合は、代金を支払う義務はありません。一定期間(14日間)保管していれば、自由に処分することも可能です。事例2の場合は、心当たりが無ければ電話を受けた時点ではっきり断ることが重要ですが、仮に商品が『代引き』で送られた場合でも『受け取り拒否』をすることができます。
 このようなトラブルに遭い、不安に思うときは、早めに上記センターにご相談ください。


問い合わせ先
駅南庁舎市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863




目次へ戻る このページの上部へ
 

シリーズvol.46 鳥取環境大学

TOPICSトピックス

第9回全国高校生環境論文TUESカップ

 鳥取環境大学では、地球環境問題について、高校生の意見を発表してもらうことを目的に、全国高校生環境論文テーマ「自然と社会を考える」を募集し、北は青森県から南は宮崎県まで1049件(69校)の応募をいただきました。この中から7点の受賞作が選出されました。
 10月6日(土)には、優秀論文を発表する論文発表会・表彰式が行われました。今年度は茨城県立中央高校2年、佐川(さがわ)貴哉(たかや)さんと飯塚(いいつか)浩市(こういち)さんが「日本の酪農家はなぜバイオガスを始めないのか」と題した論文で環境大賞を受賞。地元鳥取市からは、鳥取県立鳥取東高校2年、高垣(たかがき)拓未(たくみ)さんが「古典と現代の比較による望ましい自然との関わり方」と題した論文で佳作に選ばれました。


問い合わせ先
企画広報課  TEL:0857-38-6704
HP
http://www.kankyo-u.ac.jp/
MAIL
kikaku@kankyo-u.ac.jp



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報
TOTTORI UNIVERSITY OF ENVIRONMENTAL STUDIES

公開講座(とっとり県民カレッジ連携講座)

◆テーマ:「お金で失敗させない子育てマネー講座
〜第3回 家族の生活設計 ライフプランニングシートを使って〜
とき
 12月2日(日) 10:30〜12:00
ところ 県立図書館2階大研修室(尚徳町)
講師 泉美智子(いずみ みちこ)(経営学部 准教授)

◆テーマ:「子どもの発達とその対応〜カウンセリング的視点を活かして〜」
〜第2回児童期(小学生)〜
とき
 12月1日(土) 10:30〜12:00
ところ 県立図書館2階大研修室(尚徳町)
講師 藤田恵津子(ふじた えつこ)(環境学部 講師)

上記2テーマとも申し込みなどは以下のとおりです。
申込方法
 講座の前日までに、受講希望テーマ・住所・氏名・電話番号を下記問い合わせ先まで、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで
参加料 無料



問い合わせ先
鳥取環境大学企画広報課
TEL:0857-38-6704
FAX:0857-38-6709
MAIL:kikaku@kankyo-u.ac.jp


情報メディアセンターと地域イノベーション研究センター共同公開講座

とき 12月8日(土) 10:30〜12:00
ところ 
鳥取環境大学情報メディアセンター
テーマ 
「人々のくらし・文化から見た山陰海岸ジオパーク」
講師 
新名(にいな)阿津子(あつこ)(地域イノベーション研究センター講師)
参加費 
無料
申込方法 
講座の前日までに、「住所・氏名・電話番号」を下記問い合わせ先まで電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで


問い合わせ先
鳥取環境大学図書情報課
TEL:0857-38-6730
FAX:0857-38-6734
MAIL:lib@kankyo-u.ac.jp


第6回「サイエンスカフェ鳥取2012」

とき 12月8日(土) 14:00〜16:00
ところ 
cafe SOURCE(カフェソース)(弥生町)
テーマ 「形が変わるとはたらきが変わる〜超高性能スパコン「京」を支えるオモシロ技術〜」
講師 関口(せきぐち)芳弘(よしひろ)さん(理化学研究所計算科学研究機構運転技術チームヘッド)
対象 小学生高学年〜
定員 40人 ※先着順
参加費 1000円(ケーキ・ドリンク付き)
申込方法 氏名・連絡先(電話番号、またはメールアドレス)を下記問い合わせ先まで


問い合わせ先
鳥取環境大学 環境学部 教授 足利裕人
TEL:0857-38-6753または090-6414-1218
MAIL:hashikaga@gmail.com



目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

グリムをもっと楽しもう(グリム童話誕生200年)

とき 12月16日(日) 11:00〜12:00
ところ 中央図書館 おはなしの部屋
内容 ▽ドイツのおはなし(国際交流員イネス・ミュラーさん)
▽グリムの絵本読み聞かせ▽パネルシアター
対象 子どもから大人まで


親子でいっしょに楽しむ講座

第6回 お年玉をじょうずにつかおう

とき 12月26日(水) 10:30〜11:30
ところ 中央図書館 多目的ホール
講師 鳥取市市民総合相談センター職員
対象 小学3年生以上
定員 20組 ※今回は保護者だけでも参加できます。


年末年始の休館日について
とき 12月29日(土)〜平成25年1月3日(木)
※平成25年1月4日(金)からは平常通り開館します。


おねがい
 閉館中に本を返還される場合は時間外返却ポストをご利用ください。
 紙芝居や大型絵本、CD などは壊れやすいので、ポストには返さず、開館中にカウンターへ直接返却してください。


問い合わせ先
■中央図書館 0857-27-5182 開館時間 9:00〜19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館 0857-37-6036 開館時間 10:00〜18:00
■用瀬図書館 0858-87-2702 開館時間 10:00〜18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(中央図書館は除く)



目次へ戻る このページの上部へ
 

食(しょく) きのこ料理編 Vol.4

簡単にできるきのこ料理を、8回シリーズで紹介します。

きのこたっぷりおから煮

食生活改善推進員連絡協議会 国府支部

一口メモ…きのこ(しめじ、エリンギ)は大きめに切ると、歯ごたえが良くシャキシャキ感が残ります。



材料(直径24cm 1枚分)
おから 200g
干ししいたけ 3枚
しめじ 60g
エリンギ 2本
にんじん 30g
油あげ 1枚
ちくわ 1/2本
青ねぎ 3本
牛乳 80ml
サラダ油 大さじ2
粒コーン 大さじ1(15g)
だし汁 150ml
しいたけ戻し汁 30ml
A しょうゆ 大さじ1・1/2
大さじ2
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2

(1) 干ししいたけは水でゆっくり戻して、汁は取っておく。
(2) きのこ類は薄切りにする。
(3) 油あげは油抜きし、粗みじんにする。ちくわは半月切りにする。
(4) にんじんは細切り、青ねぎは小口切りにする。
(5) 鍋にサラダ油を入れてにんじんを炒め、(1)、(2)、(3)を入れて炒める。
(6) (5)にだし汁、しいたけの戻し汁を入れて煮ながらあくを取る。
(7) 材料が煮えたらAの調味料を入れ、牛乳も加える。
(8) (7)におからを入れて混ぜながら煮、焦げつかないように水分を飛ばして炒り上げる。最後に青ねぎを加え余熱で火を通す。
(9) 盛りつけたら、別ゆでしたコーンを上からふりかける。


1人分
エネルギー 177kcal
たんぱく質 6.1g
脂質 9.5g
塩分 1.3g

《食育コーナー》
〜かぼちゃパワーで風邪予防〜
 昔から冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われています。かぼちゃには肌や粘膜を丈夫にし、抵抗力をつけてくれる栄養素のカロテンが多く含まれています。



目次へ戻る このページの上部へ
 

輝く中山間地域シリーズ9

流しそうめん

鹿野町 紺屋町・ひまわり団地集落
地域資源を活かしたコミュニティ広場の整備

 鹿野町にある紺屋町とひまわり団地集落では、子どもの遊び場や地域の住民が運動するための広場がありませんでした。そこで、20年近く使われていなかった旧鹿野町ゲートボール場を、市の「輝く中山間地域創出モデル事業」を活用して住民自ら再整備し、原野状態だった広場が両集落の住民が集うことのできる地域コミュニティ広場として生まれ変わりました。
 平成24年7月16日には完成祝賀会を開催し、約70人が流しそうめんやカレー、焼きそばなどを囲みました。広場は両集落に隣接しており、今後の利用について話し合うなど、この作業を通じてお互いの集落の交流も深めることができました。
 これからも手入れを続け、子どもの遊び場やミニ・グラウンドゴルフ場など、地域全体での健康増進や四季に応じたイベント開催などに活用していきます。
両集落による共同作業
両集落による共同作業



問い合わせ先
鹿野町総合支所地域振興課
TEL:0857-84-2011



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


梨入り焼き肉のたれ200ml・完熟トマトのケチャップ300g

《梨入り焼き肉のたれ》
 梨の果肉が肉の旨味を引き出します。野菜炒めに、豆腐に、いろいろな食べ方でどうぞ!
《完熟トマトのケチャップ》
 夏の太陽をたっぷり浴びたトマトで作りました。一度食べたら忘れられない味です。

【賞品提供】
福部アイデア館ほのぼのグループ
TEL:0857-75-2561

梨入り焼き肉のたれ・
完熟トマトのケチャップ1本ずつ

応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 12月20日(木)(当日消印有効)

応募先
〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
MAIL:shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市政と広報」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。




目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆気づけばもう12月。今年もあとひと月で終わりです。年を取るにつれ、一年が終わるのが本当に早く感じます。この時期になると話題になるのが今年を表す漢字1字。みなさん、どんな漢字を思いつかれたでしょう?私は「忙」。特別なことは何もしてないのですが、なんだか忙しない一年でした。来年はもう少し余裕が持てたらいいなと思います。(i.n)
◆クールビズが終わり、落ち葉が目立ち始め、ひとつ歳をとりました。気付けば布団にくるまったまま目覚める朝を迎えています。秋を感じる間もなかったような。季節は冬。鍋物がおいしい季節です!近年しし肉を食べる機会が多いのですが、僕はすき焼きにするのが大好きです。脂の甘みとタレの甘辛さが絶妙なバランス。鍋全体の味を引き立てます。もう箸が進むこと進むこと(TEL)


■問い合わせ先
〒680-8571 市役所本庁舎秘書課広報室
TEL:0857-20-3132 
FAX:0857-20-3056
MAIL:kouhou@city.tottori.lg.jp


目次へ戻る このページの上部へ