このページではJavaScriptを使用しています。

緑化フェア「ナチュラルガーデン倶楽部」の様子を報告します。

 ガーデンデザイナー ポール・スミザーさんから宿根草を使ったナチュラルガーデンについて学ぶ講座。受講者には、とっとりフェア会期中に「ナチュラルガーデンガイド」として活動していただきます。

 

ポール・スミザーさんってどんな人?

○第1回「ナチュラルガーデンをはじめよう!」を実施しました。

日時        平成24年9月23日(日)

場所        鳥取市文化センター2階 大会議室

受講者数    41名

 

*講座の様子

「ナチュラルガーデンの魅力」と「植栽デザイン」をテーマに開催。「葉っぱを中心にすると花のない季節も庭を楽しめる」「その土地に合った植物を使うと、農薬や化学肥料を使う必要がない」「手入れが楽な庭、自分の使いやすい庭をイメージすることが大事」など、ポールさんの実践者としての言葉に受講生は熱心に聞き入っていました。

 

熱心に聞き入る受講生

 

○第2回「ナチュラルガーデンの手入れ」を実施しました。

日時        平成24年10月13日(土)

場所        コカ・コーラウエストスポーツパーク(鳥取市布勢)

受講者数    41名

 

*講座の様子

コカ・コーラウエストスポーツパークにあるナチュラルガーデンでポールさんの指導の下、剪定・補植・マルチングを行い、その後、別の実習地に移動し、「ユキヤナギ」の剪定を行いました。

 

補植の様子

 

 

ユキヤナギの剪定の様子

 

○第3回「秋の山野草ウォッチング」を実施しました。

日時        平成24年11月3日(土)

場所        森林公園とっとり出合いの森

受講者数    39名

 

*講座の様子

日本自然保護協会(NACS-J)自然観察指導員の清末幸久さんと谷口真一さんを講師に植物の自然の中での姿を観察し、森の成り立ちや生き物が共存していることについて学びました。葉がそよいでいるからソヨゴ、幹がねじれているからネジキなど、いろいろな植物を観察しました。また、植物だけでなく動物も含めた生態系全体についても学びました。

 

森歩きの様子

 

○第4回「ナチュラルガーデンのデザイン」を実施しました。

日時        平成25年4月6日(土)

場所        コカ・コーラウエストスポーツパーク(鳥取市布勢)

                湖山池公園(鳥取市桂見)

受講者数    30名

 

*講座の様子

フェア会場のナチュラルガーデンゾーンとなる一角を実習地として植え付け作業を行い、講師のポール・スミザーさんの指導により、ミソハギやエキナセア、クリスマスローズなどのポット苗の植え付けとマルチングを行いました。

 

また、アガパンサスとペンステモン・‘ハスカーレッド’の株分けの作業を行いました。株分けをすることによって、植物に光と養分が十分に行きわたり、元気に大きく育つことを学びました。

 

この実習地のデザインは、受講生が植物選びから配置まで考えたものです。

 

フェア開催の秋までには、すくすくと生長し素敵なナチュラルガーデンとなってくれることでしょう。

 

フェアにお越しの際は、ぜひ注目してください。

 

★★★今回植え付けした植物について、くわしくはこちらをご覧ください★★★

 

 

植え付けの様子

 

株分けの様子

 

株分けしたアガパンサスの苗

 

○第5回「ガーデンウォーク」を実施しました。

日時        平成25年5月18日(土)

場所        コカ・コーラウエストスポーツパーク(鳥取市布勢)

                湖山池公園(鳥取市桂見)

受講者数    30名

内容        ガイド講習

 

*講座の様子

午前中は、事務局スタッフの鈴木陽子から「ジョン万AKIKOのイエニワ修行」と題し、イギリスでナチュラルガーデンが生み出された歴史的背景について、海外での経験をふまえた講義がありました。

 

★★★内容について、くわしくはこちらをご覧ください(鈴木作成資料)★★★

 

さらに、とっとりフェアナチュラルガーデンの概要説明と、年間を通して楽しんでもらえる植栽になっていることや、鳥取の環境条件に合った植物を植えていることなど会場造りで目指していることについての話がありました。

講義を受けた後、植物については、事務局スタッフの鈴木を講師に、施工については株式会社空間創研の荘田隆之さんを講師にガーデンウォークをしました。

 

植物について

 

施工について

 

とっとりフェア会場のナチュラルガーデンゾーンで、受講生は植物リストを手に植わっている植物や石垣、ナチュラルガーデンができるまでの工程などについて実際に歩きながら学びました。

 

★★★とっておき情報について、くわしくはこちらをご覧ください(荘田さん作成資料)★★★

 

最後に、受講者で来場者役とガイド役に分かれてガイド体験を行いました。

「自然風に見せるため石垣の間にもホタルブクロ・ユキノシタ・キジムシロなどを植えています。」「中心のオアシスからでる水は100%ソーラーシステムなので、天候によって水量が違います」などなど、来場者役の受講生が質問をすると、ガイド役の受講生がガーデンウォークで習ったことをさっそく伝授!

 

受講生が行うガイドは、専門的な知識を持った難しいものではなく、植物のことやポールさんのことなどナチュラルガーデンの魅力を来場者に伝えることを目的としています。

 

ナチュラルガーデンでは、一面、色とりどりの花を植えるのではなく、環境に適した植物を自然風に植えています。説明を受けると、葉っぱばかりという印象を受けていたのが、見方が変わり、ナチュラルガーデンの魅力にきっと引き込まれるはず!

 

会場のナチュラルガーデンでガイドの姿を見つけたらぜひみなさん話しかけておしゃべりを楽しんでみてくださいね!

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
緑のまちづくりオフィス(第30回全国都市緑化とっとりフェア実行委員会事務局)【ボランティアサロン】
電話0857-25-3510
FAX0857-27-8005
メールアドレスtoshiryokka@city.tottori.lg.jp