Tottori City News Letter   
とっとり市報2013年1月
   

今月の表紙

日ごろの練習成果を華麗に披露!

鳥取市公民館まつり

 11月23 日(金)から25日(日)の3日間、鳥取市文化センターで「第31回鳥取市公民館まつり」が行われました。市内62 地区の公民館から寄せられた、染物や書道、絵画や工作など、さまざまな分野の作品展示には、たくさんの人たちが作品を一目見ようと会場に訪れました。来場者は「細かいところまですばらしい。とても刺激になります」と、質の高い作品の数々をじっくりと鑑賞していました。
 25日には、地区公民館を拠点として活動する17 の団体のみなさんが日ごろの成果を披露する芸能発表会を実施。演技を終えたみなさんは、とても生き生きとした表情で、日ごろの活動への自信を深めたようでした。
 この日は、主催者側から活動を支えていただいている市民のみなさんへの感謝の気持ちを込めて、つきたてのお餅が振る舞われ、子どもから大人まで、アツアツのお餅に舌鼓を打っていました。


餅つき



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市の人口

94,125人 [-17]
101,239人 [-36]
合計 195,364人 [-53]
世帯数 77,596 [-22]

平成24年12月1日現在[ ]内は前月比


お持ち帰り用の市報を、地区公民館などに設置しております。
どうぞご利用ください。




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市を語る~市政への提言~ Vol.10

対談者:鳥取青年会議所 2013年度理事長 柴原史則(しばはら ふみのり)さん
場所:高砂屋
対談日:平成24年11月22日(木)



活性化を、まちのブランドイメージで!

環光のまち因幡

市長 鳥取青年会議所が取り組んでおられる「環光(かんこう)のまち因幡」推進運動の3つの柱について、まずお尋ねします。
柴原 私たちは、2008年に「環光のまち因幡」推進運動というビジョンを策定しました。今年は見直しの年で、今までの活動の集大成となる年にしなければいけないと思っています。まず「因幡のグリーン政策」ですが、鳥取のイメージカラーであるグリーンを環境という広い範囲でとらえ、経済効果に繋げる取り組みが一つ。「究極の田舎政策」は、田舎という弱みを逆に強みに変えて、地域経済を活性化しようとするものです。また、「新生鳥取砂丘政策」は、雄大な砂丘をただ見ていただくだけではなくて、別の視点から新しい魅力を伝え、人を集めたいと考えています。
市長 3つの柱に関連する鳥取市の取り組みですが、9月21日から開催される全国都市緑化とっとりフェアで「鳥取流緑化スタイル」を情報発信し、公園や庭に多年生の植物を植えるナチュラルガーデンを全国に伝えていきます。田舎政策の関連では、鳥取市への就職定住に奨励金を出すことなどで、UJIターンに大きな成果を上げています。鳥取砂丘については、砂の美術館が、50万人の入館目標を達成する勢いです。次の第6期展示は、東南アジアをテーマに、4月20日から行います。

柴原史則さんと鳥取市長


テーマを決め、まちの活性化を

市長 まちの活性化について、企業の経営者の観点からどうお考えですか。
柴原 企業で一番大切なのは、何をする会社なのかというメッセージを打ち出すことです。まちで考えれば、何のまちかという共通認識を持つことです。今の消費者は安全安心や清潔感などは当たり前の基準ですから、選ばれるには何らかのテーマやキラリと光る長所が必要です。中心市街地の会議でもよく議論されるのですが、活性化するためのテーマは何か?と聞いても明確には答えられない。やはりブランドイメージをしっかりと作れば変わる気がします。そのためには、議会の役割がものすごく大きいと思っていて、根幹の政策を育てていくための議会であるべきだと思っています。
市長 とても重要な点ですね。私は、平成22年度から「人を大切にするまち」を掲げています。さらに、「砂像のまち鳥取市」を今売り出し中ですし、今年は都市緑化フェアの年ですので、「ガーデンシティ鳥取」にも力一杯取り組みます。
柴原 今のことに満足するのは簡単だけれど、もっと先を見ようという想いを込めて、今年の鳥取青年会議所のスローガンを「その先へ」としています。
市長 新年の対談にふさわしい素晴らしいお話、ありがとうございました。

※対談内容を抜粋・要約して掲載しています。




目次へ戻る このページの上部へ
 

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
1月の番組ガイド

デジタル 11ch デジアナ 2ch

鳥取市行政番組
『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土
鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。

【話題・特集】
▼鳥取市新春健康マラソン
▼鳥取市成人式
▼消防出初め式
▼鳥取市観光大学
昨年の「消防出初式」
昨年の「消防出初式」

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週水・木・金・土
いなばぴょんぴょんネット イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。
2013年新春特別対談
「鳥取自動車道を活かした鳥取市の観光振興について」

 鳥取市の観光振興や地域活性化に積極的に取り組んでいるみなさんが、鳥取自動車道の全線開通を見据えた活動や展望を語り合います。
【放送】1月1日(火・祝)~5日(土)
※放送時間は電子番組表(EPG)をご確認ください。


いなばぴょんぴょんネット 自主制作番組
農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木

 JA鳥取いなばの今年の取り組み、また、女性会、生活改善実行グループなどに今年の抱負をお聞きします。


地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月

 とんどや書初め、七草がゆなど各地の正月行事の話題や、公民館の趣味の講座の様子などを紹介します。


生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火

 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。


手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月

 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。

※番組の放送時間や内容はホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。



情報をお寄せください!
いなばぴょんぴょんネット  TEL:0857-22-6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページでも紹介しています。
HP: http://www.inabapyonpyon.net




目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

休館のお知らせ
■蔵書点検による休館

中央図書館 2月13日(水)~17 日(日)
用瀬図書館 2月4日(月)~8日(金)
気高図書館 1月28日(月)~2月1日(金)
国府図書館 1月7日(月)~11日(金)
河原図書館 1月15日(火)~18日(金)
青谷図書館 1月22日(火)~25日(金)


■コンピュータシステム入れ替えによる休館

2月18日(月)~28日(木)まで全館(福部・佐治・鹿野図書室を含む)休館します。

※休館中の図書の返却は時間外ポストをご利用ください。紙芝居や大型絵本、CDなどは壊れやすいので、ポストには返さず、開館中にカウンターへ直接返却してください。


鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり

とき 講師と演題
第86回
1月5日(土)
「高齢化社会と医療~リハビリテーション医学の視点から寝たきりを防ぐ~」
講師:萩野 浩(はぎの ひろし)さん
(鳥取大学医学部教授)

時間 13:30~15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
定員 40人程度 ※参加無料、申し込み不要



問い合わせ先
■中央図書館 0857-27-5182 開館時間 9:00~19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館 0857-37-6036 開館時間 10:00~18:00
■用瀬図書館 0858-87-2702 開館時間 10:00~18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(中央図書館は除く)



目次へ戻る このページの上部へ
 

ワンポイント
消費者被害にあわないために

file021  帰省の機会を利用して

 年末年始などの帰省の際に、独居世帯や高齢者世帯の高齢者が悪質商法の被害に遭っていることが判明する場合がよくあります。その理由は、悪質業者は判断能力が衰えた高齢者を繰り返し狙っており、そのような高齢者は被害に遭っていることに気づかず、長期にわたり被害に遭い、久しぶりに帰省した子どもたちが被害に気づくためです。
 心配に思う場合は、次のようなことを確認してみてください。

《物品などの確認》
(1)新品の布団・機器、安価な日用品が必要以上にないか。
(2)極端なリフォームをしていないか。
(3)見慣れない契約書やパンフレットがないか。
《会話による確認》
(1)親切な知り合いができた、楽しい催し物があると喜んでいる。
(2)健康食品で体の調子がいいと喜んでいる。
(3)儲け話があると喜んでいる。
【アドバイス】
 気になる点があれば「これどうしたの?」と優しく聞きましょう。被害に遭っていることが分かっても決して怒ってはいけません。優しく聞いて被害の全体を把握することが良い解決に繋がります。被害に遭っていることが分かったときは、上記相談窓口までご相談ください。


問い合わせ先
駅南庁舎市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報
TOTTORI UNIVERSITY OF ENVIRONMENTAL STUDIES

平成25年度 鳥取環境大学学生募集

【一般入試/ 前期日程(A方式)】
学部 募集人員
環境学部、経営学部 各45人


【一般入試/ 前期日程(B方式)】
学部 募集人員
環境学部、経営学部 各20人

願書受付期間
 1月28日(月)~2月6日(水)
個別学力試験日 2月25日(月)
試験会場 鳥取環境大学ほか7会場
合格発表 3月6日(水)
※A方式とB方式の併願はできません。
※選考方法など詳しくは募集要項およびホームページをご覧ください。




【一般入試/ 後期日程】
学部 募集人員
環境学部、経営学部 各25人

願書受付期間
 1月28日(月)~2月6日(水)
個別学力試験日 3月13日(水)
試験会場 鳥取環境大学
合格発表 3月22日(金)
※選考方法など詳しくは募集要項およびホームページをご覧ください。


問い合わせ先
鳥取環境大学企画広報課入試室
TEL:0857-38-6720
FAX:0857-38-6729
HP:http://www.kankyo-u.ac.jp/


公開講座(とっとり県民カレッジ連携講座)

◆テーマ:「子どもの発達とその対応~カウンセリング的視点を生かして~」
第3回青年期(中学生~成人)
とき
 2月2日(土) 10:30~12:00
ところ 県立図書館2階大研修室(尚徳町)
講師 藤田恵津子(ふじた えつこ)(環境学部講師)

◆テーマ:「人権について考える~差別は誰の問題か~」
とき
 12月16日(土) 10:30~12:00
ところ 県立図書館2階大研修室(尚徳町)
講師 外川正明(とがわ まさあき)(環境学部教授)

上記2テーマとも申し込みなどは以下のとおりです。
申込方法
 講座の前日までに、受講希望テーマ・住所・氏名・電話番号を下記問い合わせ先まで、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで
参加料 無料


問い合わせ先
鳥取環境大学企画広報課
TEL:0857-38-6704
FAX:0857-38-6709
MAIL:kikaku@kankyo-u.ac.jp




目次へ戻る このページの上部へ
 

食(しょく) きのこ料理編 Vol.5

簡単にできるきのこ料理を、8回シリーズで紹介します。

きのこたっぷりスープ餃子

きのこたっぷりスープ餃子 食生活改善推進員連絡協議会 青谷支部

一口メモ…餃子の中に、ギューッとつまったきのこが、口の中でおいしく広がります。また寒い季節、しょうがや豆板醤で暖まりますよ。アツアツをどうぞ!



材料(4人分)
豚ひき肉 160g
しいたけ 4枚
エリンギ 2本
長ねぎ 20センチ(15g)
ギョーザの皮 24枚
えのき茸 100g(1袋)
チンゲン菜 80g
しょうが ひとかけ
A 小さじ2
しょうゆ 小さじ1
ごま油 小さじ1
少々
こしょう 少々
B 中華スープの素
(1袋8g入り)
1/2袋
800ml
豆板醤 少々

(1) きのこ(しいたけ、エリンギ)、長ねぎは、みじん切りにする。
(2) えのき茸、チンゲン菜は3センチぐらいに切っておく。
(3) しょうがを千切りにしておく。
(4) ボウルに豚ひき肉と(1)を入れ、あらかじめ混ぜたAを加えてよく混ぜ合わせ、4等分にし、さらに6個ずつに分け、全部で24個にする。
(5) ギョーザの皮の中央に(4)をのせ、ふちに水をつけて二つ折りにし、中身が出ないようにひだを寄せて包み込む。
(6) 鍋にBを入れ(2)と(5)を加えて煮る。
(7) 最後にしょうがの千切りを入れ、さっと混ぜて火を止める。お好みで豆板醤を少々加える。


1人分
エネルギー 215kcal
たんぱく質 10.0g
脂質 8.7g
塩分 0.9g

《食育コーナー》
~健康づくりの基本は毎日の食事から~
 食生活を振り返る習慣を持ちましょう。
 今年も栄養バランスのとれた食事を、おいしく楽しく食べて健やかな1年を送りましょう。



目次へ戻る このページの上部へ
 

輝く中山間地域シリーズ10

生姜収穫体験
生姜収穫体験

気高町日光集落
伝統の生姜づくり

 海路と山に囲まれ、美しい自然が残る気高町日光集落、冬が近づくと毎年コハクチョウなどの渡り鳥が訪れます。
 日光集落では、江戸時代初期に栽培が始まったとされ、400年の歴史と伝統がある生姜(しょうが)を次世代に伝えていこうと、年々増加している耕作放棄地の活用を図りながら、安全安心な生姜づくりに取り組んでいます。
 昨年11月には、生姜の魅力を多くの人に知ってもらおうと、集落収穫祭が盛大に開催され、参加者は農家の人が直接指導する収穫体験や生姜を貯蔵している「生姜穴」の見学をしました。また昼食には生姜の炊き込みご飯、天ぷら、佃煮、酢漬けなど、地元オリジナルのさまざまな手作り生姜料理がお目見えしました。会場では、生姜のほか、生姜の入ったとうふちくわ、ようかん、せんべいなどの加工品も販売され、参加者がたくさん購入していました。これら生姜加工品は、JR浜村駅前の気高町観光センター(TEL:0857-82-0829)で販売しています。
田園風景が広がる日光集落
田園風景が広がる日光集落



問い合わせ先
気高町総合支所地域振興課
TEL:0857-82-0011



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


オネーギンパイ(5枚入り)

オネーギンパイ  鳥取の音楽愛好家の集まり“ムジークテアター・TOTTORI”と“(有)お菓子の工房カイザーケルン”が共同開発した、「オネーギンパイ」。チャイコフスキー作曲のオペラ“エフゲニーオネーギン”から名前を取り、オネーギンだからネギを使おう!ということで、濃厚バターたっぷりのパイ生地に鳥取県産白ネギを練り込んでいます。ネギ風味のパイをご賞味ください!

【賞品提供】
(有)菓子の工房カイザーケルン
TEL:0857-22-1630

オネーギンパイ

応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 1月21日(月)(当日消印有効)

応募先
〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
MAIL:shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市政と広報」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。




目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆2013 年がやってきました!というつもりで書かねばなりません。難しい。昨年は雪山で頭を打って始まり、風邪をひいて終わりました…。よかったこともあり、カズのゴールをピッチ上で見た瞬間は一番の感動でした。そして、市報制作を通して得た知識は、今後も活かせる財産だと思います。さて、この一年はどんなかな?些細なことでも感動できる心を持って過ごしたいです。(TEL)
◆雪の季節がやってきました。スキーもスノボもしない私にとっては、あまりありがたくない季節です。ただ、雪が積もった時の子どものテンションはすごいものです。「お母さん見て!雪が積もっとるで!」テンションマックスで言ってきます。走り回って、こけてびしょびしょですが…。積もらなきゃいいのに、と思ったりもしますが、子どもが楽しいならちょっとくらい積もってもいいかな(i.n)


■問い合わせ先
〒680-8571 市役所本庁舎秘書課広報室
TEL:0857-20-3132 
FAX:0857-20-3056
MAIL:kouhou@city.tottori.lg.jp


目次へ戻る このページの上部へ