このページではJavaScriptを使用しています。

第56回佐治地域審議会

 

 

日  時:平成24年8月21日(火)午後3時00分~午後4時45分

場  所:佐治町総合支所第1会議室

 

[出席委員]  13名

  上田公実・下石義忠・小杉閉子・田中敏文・福安修・福安道測・西尾寛茂・谷口由紀子

  藤原直子・小塚郁子・鈴木照美・金田洋子・谷口勝男

 

[欠席委員]  1名

  下田浩二

 

 

 [事務局]   7名

 支所長奥田哲実、地域振興課長梶和浩、市民福祉課長竹本康宏、地域振興課補佐谷上右近  

 総務部庁舎整備局亀屋局長、局長補佐竹内一敏

 中山間地域振興課参事西尾彰仁

 

◎会議次第

 

(1)議題(協議・報告事項)

  1.住民投票以降の市庁舎耐震改修等に関する動きについて

  2.佐治地区保育園統合に関する意見書について

  3.佐治中学校・用瀬中学校統合について

  4.その他

 

(2)その他

  次回の開催日について(10月24日~30日の間)

                  

【議事概要】

 

(事務局) 定刻になりましたので、本日の会議を開会いたします。

 

[会長あいさつ]

 

(会長)協議事項に入ります。

 

 

[住民投票以降の市庁舎耐震改修等に関する動きについて]

  総務部庁舎整備局長が資料に基づき説明

 

(会長) 委員会の状況が放映されていますね。

 

(庁舎整備局) ぴょんぴょんネットとインターネットで調査特別委員会の状況を放映しています。

 

(会長) 一応の方向性は年内に出すのですか。

 

(庁舎整備局) 年内には議会として方針を出す方向です。

 

(委員) 耐震改修の方向から新築移転へ戻ることはあり得るのですか。

 

(庁舎整備局) 現時点ではそれは無いです。第3者機関の精査報告書が提出されてからが本当のスタートと考えております。

 

 

[佐治地区保育園統合に関する意見書について]

 地域振興課長が資料に基づき説明

 

(委員) 一刻も早く建設してもらう事はできませんか。

 

(会長)  どんなに急いでも最短で平成25年度測量設計、平成26年度着手と聞いています。

 

(委員) 佐治中学校と用瀬中学校の統合の話が出てから事業着手までには10年近く時間がかかっています。保育園の統合も急いで欲しい。

 

(委員) 移住者や隣接する町から園児を呼べるような魅力ある保育園の統合建設が必要と考えます。

 

(事務局) 佐治中学校用地の活用につきましては当審議会でも協議を重ね、保育園の統合と中学校用地の活用方法については集落区長や有識者からの意見もいただいておりますので地域審議会としてどの程度の細かさの意見書を提出するのかご協議いただく必要があります。

 

(会長)  早急に、佐治中学校の跡地利用との関連性を持った保育園統合案の意見書を出す必要があります。素案を作成して、皆さんに内容を確認していただき、今月中に提出する方向でいかがでしょうか。

      (全員了解)

 

 

[佐治中学校・用瀬中学校統合について]

地域振興課長説明

 

(事務局) 校務検討部会の中でクラブ活動のユニホームについて「補助や融資はないか。」と   の要望がありましたがそういう制度はありませんのでPTAや地域からの寄附や協力をしていただいているとのことです。新しい中学校の支援体制づくりが必要との意見が出ていました。

次に、昭和29年に林業体験を行う目的で整備した学校林が平成26年度で期間満了となります。土地所有者の用瀬町の三宅さんより、ここ十数年来、枝打ちも除間伐もされていないため山林が荒れ果てており、今後は更新はしないとのお話がありました。関係者で協議した結果、地上権も含め現状のまま三宅氏に返却するとの方向でご了解していただきました。

又、校訓制定に向けて協議する検討委員会を立ち上げる事となりました。構成メンバーはそれぞれの中学校の校長、教頭の外、地域から2人の委員さんに入っていただき、合計8名です。佐治町の委員さんを推薦していただけませんか。

 

 (会長) この場ではなかなか決め兼ねます。

 

(事務局) 佐治町には学校長を経験された方などおられますので、事務局がお願いしてみることでご了解いただけますか。

      (全員了解)

 

 

[その他]

(事務局)  熊の目撃情報が現時点で12件入っています。猟友会と協議し、有害捕獲許可申請を行っており、捕獲檻を5基設置しております。原則は殺処分ですが鳥取県は殺処分でなく放獣処置を指導しています。発信機探査の結果、佐治町内に出没する熊は発信機はないとのことです。前回の審議会で宿題となっていました消防可搬ポンプの補助制度新設の要望につきましては、平成20年3月21日に提出しました佐治地域審議会の意見書、平成20年6月9日の意見書についての鳥取市の取り組み状況、平成23年2月24日に開催されました地域審議会会長会議の議事録の資料を添付しておりますので内容をご確認下さい。結論としましては、地域の実態にも配慮しながら(財)自治総合センターによるコミュニティー助成事業の活用などで対応して行き、現時点では補助制度の新設は考えていないとの回答でした。

 

(委員)  南部地域新総合公共交通システムについて用瀬町の乗継拠点とJR用瀬駅を結ぶ跨線橋やバスターミナルの用地交渉の状況はどうですか。

 

(事務局) 地権者とは話がついたとの事ですが、10月の実証運行には間に合いません。現在JRとの詰め話をしているとの事です。又、国道482号、別府~葛谷間も引家等の準備に入りましたので改良に向けて一歩前進したと喜んでいますが、今年度はその上手側の水路整備の事業費のみの計上と伺っておりますので今年度の工事進捗の状況は解りません。

 

(会長) 他に何かありませんか。

     無いようですので10月の審議会の日程について協議します。

     指定日はありますか。

 

(事務局)10月24日(水)から10月30日(火)の間でお願いします。

 

(会長) 10月24日(水)の午後3時からはどうでしょうか。

 

(委員)、(事務局)承諾。

 

(会長) 以上で第56回の佐治地域審議会を閉会します。

 

 

【関連資料】

市庁舎の耐震改修(PDF 623KB)

その他関連資料(PDF 487KB)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
佐治町総合支所 地域振興課
電話0858-88-0211
FAX0858-89-1552
メールアドレスsj-chiiki@city.tottori.lg.jp