このページではJavaScriptを使用しています。

韓国・清州市

清州市の紹介/1990(平成2)年8月30日姉妹都市提携

 

 

大韓民国忠清北道に属し、首都ソウルから東南へ128キロメートルに位置します。忠清北道の道都として発展し、半導体や電子部品の製造といったハイテク産業が盛んな地域です。

 

「緑の首都・清州」をテーマにしたまちづくりがすすめられ、特に高速道路清州インターチェンジから市内まで約6キロメートルにわたるプラタナスの並木道は、四季折々の美しさから映画やテレビの撮影現場としてもよく使われています。

 

また、市内には世界最古の金属活字印刷本「直指心体要節」(ユネスコ世界記録遺産指定)にちなんだ清州古印刷博物館があります。
 

 

 

 >>>清州市公式ホームページへ/韓国語日本語

 

 

 

鳥取市とのかかわり

 

 

1986(昭和61)年、鳥取市長が清州市を訪問した際に、清州市長から鳥取市長に同市初の名誉市民の称号が送られました。これを機に両市ではさまざまな交流がはじまりました。
 

両市は1990(平成2)年8月30日に姉妹都市提携し、2011(平成23)年には提携20周年を記念した行事を両市で開催するなど、市民交流を中心に教育や文化、スポーツといった幅広い分野での交流が続いています。

 

 

 

姉妹都市提携後の主な交流内容

 

 

2011(平成23)年11月2日

姉妹都市提携20周年記念式典を鳥取市の仁風閣で開催。
 

 

2011(平成23)年10月5日

姉妹都市提携20周年記念式典が清州国際工芸ビエンナーレ会場内で開催。 
 

 

2009(平成21)年10月9日~13日

日本のまつり2009鳥取に清州市立舞踊団が参加。 
  

 

2007(平成19)年10月5日

鳥取市民訪問団103人が清州市を訪問。清州国際工芸ビエンナーレの「鳥取市の日」記念行事に参加。 
  

 

2006(平成18)年2月15日~18日

姉妹都市提携15周年を記念して、日韓産学官連携フォーラムを鳥取市で開催。清州市長や清州大学校の学長、清州商工会議所の会頭が参加。 
  

 

2005(平成17)年10月4日~7日

姉妹都市提携15周年を記念して、鳥取市民訪問団109人が清州市を訪問。清州国際工芸ビエンナーレ会場内で開催された記念式典や記念行事に参加。
 

 

2003(平成15)年10月3日~6日

鳥取空港と清州空港を結ぶチャーター便で、両市の市民が相互訪問。 
 

 

2000(平成12)年11月

姉妹都市提携10周年を記念して、清州市民訪問団151人が鳥取市に来訪。記念行事や児童作品展などに参加。
 

 

2000(平成12)年10月

姉妹都市提携10周年を記念して、鳥取市民訪問団162人が清州市を訪問。記念式典などに参加。 
 

 

1998(平成10)年10月30日~31日

鳥取市民訪問団170人が清州市を訪問。 
 

 

1995(平成7)年9月25日~28日

姉妹都市提携5周年を記念して、清州市民訪問団75人が鳥取市に来訪。  記念行事として日韓国際フォーラムなどを開催。
 

 

1995(平成7)年4月14日~17日

姉妹都市提携5周年を記念して、鳥取市民訪問団158人が清州市を訪問。記念行事で麒麟獅子舞を披露。
 

 

1990(平成2)年8月30日

韓国・清州市と姉妹都市提携
 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
企画推進部 文化交流課
電話0857-20-3226
FAX0857-20-3040
メールアドレスbunka@city.tottori.lg.jp