このページではJavaScriptを使用しています。

平成25年度から市営住宅の入居収入基準が変わります

 平成25年度から市営住宅の入居収入基準を改正します。

 これは、より住宅に困っている人の入居を優先するためですが、合併地域の子育て世帯の特例などの措置もあります。

 

収入基準月額の改正

 

改正前(現在)

改正後(平成25年4月~)

一般入居者

158,000円

104,000円

(改良住宅一般)

114,000円

裁量階層

214,000円

139,000円

(改良住宅裁量)

139,000円

 

 世帯総収入から各種控除を行い月額換算した収入認定額が、上記の金額以下であれば市営住宅に申込みができます。※裁量階層とは、高齢者、障がい者や子育て世帯など、特に居住の安定を図る必要がある階層です。

 

合併地域の子育て世帯に対する特例

 合併地域の市営住宅では、子育て世帯を対象に収入基準月額を259,000円まで引き上げる特例基準を設けます。(※合併地域の改良住宅については158,000円まで)

 注)合併地域とは : 国府町、福部町、河原町、用瀬町、佐治町、気高町、鹿野町、青谷町

 

詳細は、下記「平成25年度からの入居収入基準について」をご覧ください。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 建築住宅課
電話0857-20-3291
FAX0857-20-3059
メールアドレスjyutaku@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)