Tottori City News Letter   
とっとり市報2013年3月
   

今月の表紙

因州和紙あかり展は3月31日まで開催中!

因州和紙灯ろう

 今年で9回目となる因州和紙あかり展は、3月31日まで、あおや和紙工房(青谷町山根)で開催されています。
 因州和紙は、「因州筆切れず」という言われがあり、書道用紙としても名高い鳥取市の特産品です。この企画展は、より多くの人たちに因州和紙のよさを感じてもらおうと開催されているもの。因州和紙を使った灯ろうは、和紙特有の豊かな風合いとやわらかい光とが一体となり、心安らぐ空間を演出します。今年は、45件63点の個性豊かな和紙灯ろうが集結。訪れた人たちは、「あかりがとてもきれい」、「灯ろうの形がすごい」など、ゆっくりと歩きながら作品を眺め、お気に入りの灯ろうを見つけると、細部のつくりをじっくりと観察していました。
 2月10日には、因州和紙あかり展の審査委員長を務めた、イラストレーター・毛利みきさんも来館。青谷町内の有志によるグループ「I love あおや37 メンバーズ」のみなさんが、毛利さんの作品を記念展示。かわいらしい雰囲気の作品の数々が見る人を楽しませていました。毛利みきさんの作品展示は、3月30日に実施されます。

※シリーズ「元気です」で実行委員会の取り組みを紹介しています。

毛利みきさん作品展示



目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市の人口

94,018人 [-66]
101,087人 [-77]
合計 195,105人 [-143]
世帯数 77,562 [-18]

平成25年2月1日現在[ ]内は前月比


お持ち帰り用の市報を、地区公民館などに設置しております。
どうぞご利用ください。




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取市を語る~市政への提言~ Vol.12

対談者:レストランプロデューサー 河崎妙子 さん
場 所:カフェ・ダール ミュゼ(鳥取県立博物館内)
対談日:平成25年1月18日(金)

食文化を担(にな)う人材を育てよう!

トータルで考えることが大事

市長 鳥取市では、「新鳥取の家庭料理」という冊子を作成し、鳥取にある食材を上手に使っていただくよう呼びかけています。まず、食についてどういう点がポイントなのかお伺いします。
河崎 この冊子を見ると、料理を作ってみたくなりますね。絵柄、盛りつけ、器。トータルでおいしそうと思わせる力がすばらしいと思います。私は、レストランの立ち上げが本業です。繁盛店の条件は、味、雰囲気、サービス、メニュー、お値段の5つです。鳥取はいい食材があるので、その5つがとても大切です。まちづくりもそうですけれど、食材だけではなくて、周りのことを含めてトータルで考ることが一番大事で、最終的にはどのようにおもてなしするかだと思います。

鳥取だけのものを情報発信

市長 とろはたや猛者(もさ)エビ、こういった素材は他の地域ではなかなか手に入りません。鳥取の食材を活かすためのヒントはありますか。
河崎 猛者エビのように、鳥取でしか食べられないものがあってもいいと思います。東京の学生は鳥取で初めて食べて、大感激でしたよ。
市長 鳥取でないと食べられないものについて、フェイスブックやツイッターなど新しい情報発信の手段を活用してどんどん発信することは重要だと考えています。
河崎 その効果はすごいです。食とアートのコラボレーションを企画して、先日、二胡(にこ)の演奏会をここカフェ・ダールミュゼで行うと発信したところ、東京の方からも参加したいと連絡があり驚きました。

河崎妙子さんと鳥取市長


全国から食べにきてほしい

市長 食を活かしたまちづくりに、今、鳥取市は力を入れています。鳥取市を活性化するための提案をお願いします。
河崎 施設とタイアップして、そこに行ってみたいという仕掛けをどんどんやっていくことが大切ですよね。鳥取にいらしたお客様に、砂の美術館をご案内して、食事とトータルで楽しんでいただくよう組み立てたところ、今度は家族連れで来ます、とおっしゃっていただけたんですよね。それと旅行は女性主導なんです。女性がわくわくするような仕掛けを是非お願いしたいと思います。また、鳥取で食についていろいろな事を学びたくても、学ぶところがなかなかありません。人を育てるということは、そこに根付くこと、文化になることだと思いますので、ぜひ若い方を育ててほしいと思います。
市長 地域の文化の担い手となる人材を育てるということですね。河崎さんをはじめ、地元の関係者と一緒になって、鳥取の食材や、それを使った新しい料理を活かして、全国からおいしい料理を食べに鳥取市に来ていただく人が増えるようにしたいものです。

※対談内容を抜粋・要約して掲載しています。




目次へ戻る このページの上部へ
 

CATVケーブルテレビ いなばぴょんぴょんネット
3月の番組ガイド

デジタル 11ch デジアナ 2ch

-鳥取市行政番組-

『こんにちは鳥取市です』【放送】毎週金・土

 鳥取市の施策や事業の取り組み状況、各種行事、お知らせを紹介します。
【話題・特集】
▽鳥取観光マイスター認定証授与式
▽鳥取自動車道全線開通記念フォーラム
▽鳥取市誘致企業紹介
鳥取市誘致企業紹介
2月1日、2日放送の「鳥取市誘致企業紹介」

特別番組 『鳥取市庁舎整備専門家委員会』(録画放送)

 鳥取市庁舎整備のあり方を検討する専門家委員会
【放送】開催日の翌日 14:00~  開催後直近の土曜日 19:00~

静止画文字情報『鳥取市からのお知らせ』【放送】毎週水・木・金・土
いなばぴょんぴょんネット イベント・募集・相談などの各種お知らせを、文字画面と音声でご案内します。

-いなばぴょんぴょんネット自主制作番組-

農業番組『いなばアグリタイム』【放送】毎週水・木

 アスパラガスのハウス物の収穫の様子や、農作物の栽培技術を学ぶ農業塾開講の話題などをお送りします。

地域情報番組『とっとりウオーキング』【放送】毎週日・月

 ひなまつりなど地域の伝統行事や、卒業・卒園を迎える子どもたちの話題をお送りします。

生活情報番組『ぴょんぴょんワイド』【放送】毎週火

 子育てや健康をテーマに、暮らしに役立つ情報や話題をお届けします。

手話番組『手話でコミュニケーション』【放送】毎週日・月

 ニュースや話題、行事、お知らせを手話や字幕で紹介します。
※番組の放送時間や内容はホームページまたはデジタル放送の電子番組表(EPG)をご覧ください。



情報をお寄せください!
いなばぴょんぴょんネット  TEL:0857-22-6111

※放送予定は予告なく変更することがあります。番組の放送時間は、ホームページでも紹介しています。
HP: http://www.inabapyonpyon.net




目次へ戻る このページの上部へ
 

図書館だより

鳥取市立図書館は、3月1日より新たなコンピューターシステムを導入し、中央公民館図書室を含む全館で業務を再開しました。システム更新のための休館では、大変ご迷惑をおかけしました。



宇田祥子(うだしょうこ)さん講演会

(1)「大人のためのおはなし会」
とき 3月27日(水) 10:00~11:45

(2)「モンゴルの移動図書館の旅~松岡享子先生と共に~」
とき 3月27日(水) 13:30~15:30
講師 宇田祥子さん(おはなしブリュッケン主宰)
ところ 中央図書館 多目的ホール
定員 (1)40人 (2)50人
申し込み 中央図書館へ申し込んでください。


鳥取大学・とっとり駅南教室 ☆講話とおしゃべり

とき 講師と演題
第89回
3月2日(土)
「遺跡から見た砂丘と人の歴史」
講師:高田健一(たかたけんいち)さん(鳥取大学地域学部准教授)

時間 13:30~15:00
ところ 中央図書館 多目的ホール
定員 40人程度 ※参加無料、申し込み不要



問い合わせ先
■中央図書館 0857-27-5182 開館時間 9:00~19:00(土・日曜は17:00まで)
■気高図書館 0857-37-6036 開館時間 10:00~18:00
■用瀬図書館 0858-87-2702 開館時間 10:00~18:00
※休館日は、毎週火曜日、毎月最終の木曜日、祝日の翌日(中央図書館は除く)



目次へ戻る このページの上部へ
 

ワンポイント
消費者被害にあわないために

file023 架空請求が増加傾向です!

【事例】
 「利用した覚えのない通信料金を請求するメールが届いた」「以前登録していた有料サイトの利用代金が未払いであるという請求ハガキが突然届いたが、心当たりが無い」という相談が増加しています。このような請求は「架空請求」の場合もあるので注意が必要です。
 「架空請求」のメールやハガキを送る悪質な業者が一番望んでいることは、メールやハガキにある連絡先に、送られた人が連絡してくることです。その理由は、「確認のため」と言って、住所・電話番号・名前・勤務先など新たな個人情報を入手し、それらの情報も悪用して、お金をだまし取るまでさまざまな方法でしつこく請求することができるからです。


【アドバイス】
 利用した覚えのない請求が届いたときは、相手に連絡する前に消費生活相談窓口に相談するなど、冷静に事実確認をしてください。「架空請求」であれば払う必要はありません。
 何度も請求メールが届いたり、複数の相手から同様の請求メールが届く場合には、アドレスの変更が最も有効です。他にもフィルタリングサービスなど不審なメールを受け取らないようにする方法があります。設定方法や操作方法が分からない場合は、お使いの通信会社に相談してみましょう。


問い合わせ先
駅南庁舎市民総合相談センター
TEL:0857-20-3863




目次へ戻る このページの上部へ
 

鳥取環境大学情報
TOTTORI UNIVERSITY OF ENVIRONMENTAL STUDIES

公開講座(とっとり県民カレッジ連携講座)

ICTの最新トピックス(全5回/1回のみの受講可)

◆テーマ:第2回クラウド
とき
 3月2日(土)14:00~15:30
ところ 鳥取環境大学 本部講義棟1階15講義室
講師 齊藤明紀(さいとうあきのり)(経営学部 教授)

◆テーマ:第3回スマートフォン
とき
 3月9日(土)14:00~15:30
ところ 鳥取環境大学 本部講義棟1階15講義室
講師 今井正和(いまいまさかず)(経営学部 教授)

◆テーマ:第4回昨今の情報システム
とき
 3月16日(土)14:00~15:30
ところ 鳥取環境大学 本部講義棟1階15講義室
講師 染谷治志(そめやはるし)(経営学部 教授)

◆テーマ:第5回情報セキュリティとモラル
とき
 3月23日(土)14:00~15:30
ところ 鳥取環境大学 本部講義棟1階15講義室
講師 今井正和(いまいまさかず)(経営学部 教授)

上記4テーマとも申し込みなどは以下のとおりです。
申込方法
 講座の前日までに、「受講希望テーマ・住所・氏名・電話番号」を下記問い合わせ先まで、電話・ファクシミリ・電子メールのいずれかで
参加料
 無料


■問い合わせ先

鳥取環境大学企画広報課
TEL:0857-38-6704
FAX:0857-38-6709
MAIL:kikaku@kankyo-u.ac.jp


科目等履修生・聴講生募集

 一般の人を対象に科目等履修生(単位取得あり)と聴講生(単位取得なし)を募集しています。

開講科目 人間居住論、環境と文明、森林保全学概論、地域経営論など約70科目
開講期間 4月9日(火)~8月2日(金)
出願資格 高等学校を卒業(卒業同等)した人で通学可能な人
募集期間 3月7日(木)~15日(金)



■問い合わせ先

鳥取環境大学教務課
TEL:0857-38-6710
MAIL:kyoumu@kankyo-u.ac.jp




第8回「サイエンスカフェ鳥取2012」

とき 3月2日(土)14:00~16:00
ところ cafe SOURCE(カフェソース)(弥生町)
テーマ 「三朝で構築された地球惑星物質総合解析システムとその応用」
    講師:中村栄三(なかむらえいぞう)さん(岡山大学地域物質科学研究センター・PML 教授)
対象 小学生高学年~
定員 40人 ※先着順
参加費 1000円(ケーキ・ドリンク付き)
申込方法 氏名・連絡先(電話番号、またはメールアドレス)を下記問い合わせ先まで


■問い合わせ先
鳥取環境大学環境学部 教授 足利裕人
TEL:0857-38-6753または090-6414-1218
MAIL:hashikaga@gmail.com



目次へ戻る このページの上部へ
 

輝く中山間地域シリーズ12

買い物客で賑わう「かみんぐ百彩」
買い物客で賑わう「かみんぐ百彩」

「佐治町特産物販所」~かみんぐ百彩~

 『農家には出荷していない農産物がある』『町内の高齢者農家に活力を』。そんな地域の思いにより、平成23年7月、佐治町福園に特産物販売所「かみんぐ百彩」が誕生しました。
 「かみんぐ百彩」は、地域住民約100 人からの出資と市の補助金とで整備され、会員約70人が出品する四季折々の農産物( 梨・りんご・各種野菜など)・加工品(みそ・梨ジャム・なた豆茶など)・木工製品など、豊富に品ぞろえがされています。
 施設管理組合の運営委員と会員のみなさんは、出店者の会を毎月1 回開催し、イベントの実施計画や品質管理、出品販売計画などを話し合い、地域が連携し一体感のある運営となるよう取り組んでいます。\
 「かみんぐ百彩」を中心に生産・販売・還元の経済サイクルができあがり、地域の活性化につながる施設として更に発展されることを願っています。
《かみんぐ百彩》
営業時間 9:00~18:00(水曜日は定休日)
連絡先 080-2563-8949
かみんぐ百彩感謝祭

かみんぐ百彩感謝祭(12月)


問い合わせ先
佐治町総合支所地域振興課
TEL:0858-88-0211



目次へ戻る このページの上部へ
 

食(しょく) きのこ料理編 Vol.7

簡単にできるきのこ料理を、8回シリーズで紹介します。

椎茸のたたき

椎茸のたたき 食生活改善推進員連絡協議会 鹿野支部

一口メモ…しいたけはカラッと揚げるのがおいしくいただくポイントです。とても簡単にできて、大人も子どもも食べやすいメニューです。彩りに、にんじんのせん切りやゆずの皮などを上から散らすときれいです。



材料(4人分)
生しいたけ 250g
ねぎ 1本
片栗粉 30g
塩・こしょう 少々
揚げ油 適量
ぽん酢 大さじ1

(1) しいたけは水分を取り、5ミリ程度の厚さに切る。
(2) (1)に塩・こしょうをして片栗粉をまぶす。
(3) 熱した油でカラッと揚げる。
(4) (3)を器に盛りつけ、小口切りにしたねぎをのせ、ぽん酢をかける。

1人分
エネルギー 67kcal
たんぱく質 2.1g
脂質 3.3g
塩分 0.4g

《食育コーナー》
~桃の節句「ひしもち」~
 ひしもちの緑は新緑を、白は雪を、赤は桃の花を表していると言われています。春を迎える喜びが感じられます。



目次へ戻る このページの上部へ
 

読者プレゼント

「とっとり市報」へのご意見、ご感想をお寄せください。
抽選で5名様にプレゼントします。


ごぼう茶&乾燥ごぼう

ごぼう茶と乾燥ごぼう 《ごぼう茶》
新鮮・安心な国産のごぼうの皮を主に使用し、天日干し、二度の焙煎でおいしいお茶になりました。健康茶として今話題です!
《乾燥ごぼう》
鳥取県産のごぼうの細切りをそのまま乾燥!水に戻さずそのまま使えます。炊き込みご飯やすき焼きにどうぞ。

【賞品提供】
鳥取廣信青果(有) TEL:0857-26-2321
ごぼう茶&乾燥ごぼう

応募方法 ハガキまたは電子メールに住所・氏名・電話番号・年齢を明記のうえ、「とっとり市報」を読んだ感想やご意見を添えて右記までお送りください。
※同じ名前での応募は1通として受け付けます。

締切 3月21日(木)(当日消印有効)

応募先
〒680-8571鳥取市役所秘書課広報室
MAIL:shihou@city.tottori.lg.jp
「とっとり市報読者プレゼント」係
※本市ホームページからもご応募いただけます(トップページの「市政と広報」から入ります)。
※当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※応募されたみなさんの個人情報は、プレゼントの発送にのみ使用します。




目次へ戻る このページの上部へ
 

編集後記

つ・ぶ・や・き

◆先日、友だちが鳥取で経営していた飲食店が閉店しました。春から別の仕事に就くとのことです。店には、中学・高校時代の同級生などがよく集まり、行けば小さな同窓会という感じ。編集のことを忘れてリフレッシュできる、よい場所でした。しばらくご無沙汰していましたが、店の最終日には、立ち寄ることができ、お世話になったお礼をしました。そこで報告があり、なんと彼は7月にパパになるとのこと。おめでとう!!新しい仕事でも活躍して欲しいです。結局、僕が元気をもらいました。(TEL)
◆1月から鳥取市のホームページがリニューアルしています。私のイチ押しはとっとり市報アーカイブ。トップページの下の方から検索でき、昭和27年の市報から見ることができます。みなさんもぜひご覧ください!(i.n)


■問い合わせ先
〒680-8571 市役所本庁舎秘書課広報室
TEL:0857-20-3132 
FAX:0857-20-3056
MAIL:kouhou@city.tottori.lg.jp


目次へ戻る このページの上部へ