このページではJavaScriptを使用しています。

第59回用瀬地域審議会議事概要

日時 平成25年1月17日(木)午後2時~

場所 用瀬町総合支所 3階第1会議室

〔 出席委員 〕

森田純一、森尾眞一、谷村萬吉、野上暘子、小倉利恵、平井育子、鳥谷一弘、岸本宣明、入江真知子、大家繁博、谷本由美子、川本陽路子、安永忠司

 以上13名

〔 欠席委員 〕

長戸信勝、村田照雄

〔 事務局 〕

中村支所長、田中副支所長(兼地域振興課長兼教育委員会分室長)、金谷市民福祉課長、太田産業建設課長、磯部地域振興課長補佐、寺崎人権文化センター所長、光浪地域振興課主幹

砂場交通政策室参事、九鬼交通政策室主幹

田中都市企画課主査 塚本都市企画課技師

【会議次第】

1.開会

2.あいさつ

3.議題

(1)バスの南部地域実証運行について・・・・・・・・資料1

(2)用瀬地区地域生活拠点再生整備計画について・・・資料2

4.報告

(1)用瀬地区河川整備計画について・・・・・・・・・資料3

(2)佐治中学校・用瀬中学校統合準備会議について・・資料4

(3)各課報告  

(4)その他

5. 閉会

 

事務局

 開会宣言(14時00分)

副会長

 あいさつ

 

バスの南部地域実証運行について

 

事務局

 [資料1について説明]

委員

 地区の会合などで意見を聞くと、用瀬町循環便はよい事業だ、ありがたいという意見がほとんどだが、せっかくやる以上はみなさんに利用していただきたい。機会がある度に話をするが現在の運行では結果が出ていないのが現状です。利用促進が大きな課題だと思います。町民が盛り上げていかないといけないと思いますが、利用者が利用方法を十分に理解していないのではないかと思います。高齢者への有利な助成制度もあるので、もっと周知をしていかなければいけないと思っています。

委員

 デマンド便は利用した場合、運行ダイヤ通りに通ってくるのか。

事務局

 デマンドの運行ダイヤは目安であり、途中に予約がなければ直接申込まれた場所に行きます。

委員

 タクシーを呼ぶような感覚で電話したらいいですか。

事務局

 違います。一般タクシーは希望の時間に希望の場所に行きますが、デマンド便は決められた時間に決められた場所での乗降となります。

委員

 その違いがわかりにくいです。便数も少ないので、一般タクシーを利用した方が楽なのではないかと思われている気がします。それから、社地域の人は、幹線ダイヤの増便にはあまり恩恵がないです。それと、河原にある鳥取南バス乗継所は、周囲に何もなくて、夜遅く利用するには恐いと感じましたが、今の利用者数ではコンビニは無理でしょうね。

もっと利便性を明確にアピールできるようなことにならないでしょうか。

事務局

 用瀬の場合、今は暫定的な乗り継ぎですが4月からは新しい乗継所となります。

委員

 4月から乗継所が利用できるようになったら智頭線もそこで乗り降りするのですか。

事務局

 智頭線は違います。用瀬バス停(トスク前の停留所)は残ります。用瀬駅前バス停(乗り継ぎ拠点)が新設され下町の停留所がなくなります。

委員

 複雑になっただけで、バスの乗り方が難しいように思いますが。

委員

 便利になるようにやっているのに、複雑な形態をとるのはおかしいです。改善の努力が必要ではないですか。バス会社にも協力を得るべきです。

事務局

 今は佐治の方の乗継所だけになっているのでわかりにくいかもしれませんが、拠点施設が完成した後は、利用は便利になると思います。

委員

 もっと簡素化してわかりやすくならないですか。デマンドといわれて、すぐにわかる人はいないと思います。

事務局

 用瀬町内に初めて導入するため、説明不足ということはあるかもしれませんが、今後支所とともに、町内への周知を推進したい。

委員

 デマンド便は利用する前に自分で予約しなければならないということを何人の人が理解されていると思いますか。

事務局

 佐治の集落で、説明会を行った後に利用が増えた例もあります。初めは慣れないのでみなさんが戸惑うと思いますが、説明して理解していただければ心配はないと思います。

事務局

 4月以降の便ですので、今後、関係地域に説明に行かせていただけると思います。

副会長

 佐治の方は便利がよくなったと喜んでおられると聞きました。利用の仕方がわかれば乗られる人も増えると思います。一人一人が理解して利用していただくということでよろしくお願いします。

 

用瀬地区地域生活拠点再生整備計画について

事務局

 [資料2について説明]

委員

 用瀬コミュニティ道路について、鳥取市が計画されて、一部が県道ということですが、県はこの計画に納得しておられますか。それから、自転車もカラー舗装部分を通行可能ですか。

事務局

 計画については、県とも協議しています。昨年11月に町内に回覧した内容についても、県にも提出しており、納得いただいています。

自転車の通行ですが、コミュニティ道路は構造物をつくらないということで、道路交通法上は歩道ではなく、車道の一部、広い意味で「路肩」です。通常、路肩を歩行者が通るわけですが、その路肩が広くなるというイメージです。自転車も通れますし、車がすれ違う時などは、車を乗り入れできます。警察とも協議をして、問題ないということで確認しております。

委員

 ここは、生活道路ですが、駐停車はどうなりますか。

事務局

 現在もここの道路は規制がかかっています。カラー舗装をしたからといって規制の内容が変わるわけではありません。カラー舗装の目的は、視覚的に両側に色がつくことで歩行者や自転車が通る部分の区別がつきやすいことや車が通る黒い部分が狭くなるので運転者のスピード抑制に繋がります。こういった事例は他にもあります。自動車と歩行者、自転車が共存して生活できるような道路を目指していますのでご理解いただきたいと思います。

副会長

 法的には今までと変わらないということですね。

事務局

 そうです。

委員

 跨線橋ですが、計画をみると、全部が階段になっていますね。歩いてしか上がれないので、地域の利便性とか高齢者が利用することを考えると、シルバーカーや自転車が通れるようにならないでしょうか。変更が可能なら考えてみていただけませんか。

事務局

 今の計画では、階段の勾配が50%で、自転車などが通れるようにスロープを付けると勾配が25%になりますので、今予定している敷地内では設置が困難です。

委員

 せっかくお金を使うのであれば、より使いやすい物にしないと、あまり利用がなくて造ったけど建物だけが残るようなことになったらもったいないです。

事務局

 その点については、エレベーター設置も検討してみましたが、設置費と維持管理費が高くなるので現在のところは難しいです。

委員

 跨線橋の階段の材質は何を使用されますか。屋根もないし、雪が降ると滑りやすい。

事務局

 特に冬は凍結等が考えられるので、材質は滑りにくいものを使用するよう検討中です。

委員

 カラー舗装の場合はどうですか。凍みると白線の上はよく滑ります。

事務局

 白線は塗料を塗っているだけですが、カラー舗装部分は滑りにくい材質を使用します。小さい骨材を散布するのでざらざらして滑りにくくなります。

委員

 交通広場の駐輪場には何台置けますか。

事務局

 15~20台くらいです。

 

用瀬地区河川整備計画について

 

事務局

 [資料3について説明]

委員

 中橋やひいな橋を撤去すると用瀬から保健センターに行くのに上を回っていくのは非常に不便になる。単に住民の近道というだけでなく町民が保健センターの利用に困るのではないかと思う。中橋やひいな橋はなくなったら非常に困りますので、なくならないようにお願いします。

事務局

 ひいな橋は用瀬のシンボルなので撤去は考えていません。ただ、中橋は旧用瀬町時代に撤去すると国交省に同意しているのです。

委員

 中橋は災害復帰でできたもので、当時は短くても法的にしないといけなかった。ひいな橋を架けた時も、その時は右岸、左岸の付け根のことはあまりうるさく言われなかった。そういった経過があるのだから、市になっていろいろ金を使わされるようなら国交省にもたくさん持ってもらうようにされたほうがいいです。

 それから、左岸側の架け出しの歩道を整備されますが、河川法に触れないでいい具合に出すと言われたが、後戻りはしないですね。

事務局

 はい。ただ、流量の関係で掘削を条件にされています。

委員

 パラペットの件ですが、設置すると車から川が見えないということで以前も反対の声がありました。高さが80センチメートルもあったら川が見えないのではないか。

事務局

 パラペットをつけても車から見えます。実験済みです。

 

佐治中学校・用瀬中学校統合準備会議について

 

事務局

 [資料4ついて説明]

委員

 寄附金の件で、集落の会合でPTAの方がお願いされていたが遠慮がちでした。自治会でも区長さん方に協力してもらうようお願いされたらどうか。

委員

 12月の自治会長会でPTA会長が各区長にお願いされましたので承知されていると思います。

事務局

 その件について、市報2月号に依頼文書を折込みしてほしいということでしたので対応いたします。

 

各課報告・その他

【地域振興課】

 2月行事予定について

 鳥取大学地域学部地域政策学科「地域調査実習」現地報告会について・・資料5

【市民福祉課】

 用瀬町SOS隊の現状について

委員

 12時のチャイムが鳴るようになってよかったと思いますが、もっと親しみやすい音に変更していただけないでしょうか。

事務局

  防災無線の機器で対応できるものから選曲しています。今後、検討します。

副会長

 本日はこれで閉会します。(閉会:17時20分)

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 地域振興課
電話0858-87-2111
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-chiiki@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)