このページではJavaScriptを使用しています。

国土地理院と鳥取市は「地理空間情報の活用促進のための協力に関する協定」を締結しました!

 平成25年2月20日(水)、国土地理院と鳥取市は、平常時の地理空間情報の相互活用及び緊急時の迅速な復旧・復興に向けた協力・連携を図り、市民の利便性の向上と市政の発展と安全・安心な地域社会づくりを目的とした「地理空間情報の活用促進のための協力に関する協定」を締結しました。

 

 締結式では、岡本 博 国土地理院長が、「国土地理院の地図空間情報は市民のお役にたてるもの。協定締結をスタートとし国土地理院と鳥取市の相互連携に取り組みたい。」と挨拶。

 

 また、竹内 功 鳥取市長も「協定締結により災害時や日常の業務においてより一層的確な行政運営が可能になる。」と喜びを語られました。

 

 今回の協定により、

  (1)山陰海岸ジオパークエリアの詳細な地質・地形図の作成協力

  (2)災害対策を目的とした航空写真の伝送訓練の実施

  (3)情報伝達に関する定例意見交換会・技術研修会の開催

 が確認されました。

(※地理空間情報:緯度・経度等の座標や住所等によって位置や領域が特定できる情報のことで、地形図、標高データ、空中写真やそれに付随するデータ等)

 

 

 国土地理院ホームページ

  



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 都市企画課
電話0857-20-3253
FAX0857-20-3048
メールアドレスtosikikaku@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ