このページではJavaScriptを使用しています。

大気中の微小粒子状物質(PM2.5)について

□微小粒子状物質(PM2.5)とは□

 

微小粒子状物質(PM2.5)は、大気中に漂う2.5μm1μm=0.001mm)以下の小さな粒子のことです。

 PM2.5は粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。

鳥取県はPM2.5の相談窓口を設置し、測定データを公開しています。

 

 

 

 

 

 

◆リンク◆

 

○鳥取県水・大気環境課ホームページ

・ PM2.5に関する情報:http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=209817

・ 1時間値速報http://tottori-taiki.users.tori-info.co.jp/taiki/pc/report/

 

○鳥取県衛生環境研究所ホームページ

・ PM2.5情報http://www.pref.tottori.lg.jp/210040.htm

 

○環境省ホームページ

・ PM2.5に関する情報:http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html

 

 

 

以下の情報も関連がありそうです



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3216
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp