Tottori City News Letter   
とっとり市報2013年2月
    

特集 人が集える空間づくりを

~駅前太平線・にぎわい再生の取り組み~

施工中の大屋根

 「駅前太平線再生プロジェクト事業」は、自然に人が集まる魅力的な空間を整備し、中心市街地のにぎわい再生の起爆剤にすることを目的にスタートしました。現在、開閉式大屋根の工事や道路改良工事が行われており、大屋根の骨格がみえてきました。

計画の概要

 駅前太平線再生プロジェクトでは、自然に人が集まる魅力的な空間づくりをめざし、芝生広場や開閉式の大屋根の設置、緑豊かな歩道空間の整備などを行います。芝生広場は、遊具を置いたキッズパークや、椅子・テーブルを置いたオープンカフェなどに活用される予定です。また、広場の横にはウッドデッキ風のステージを設置し、さまざまなステージパフォーマンスを行うことができます。
 現在施工中の大屋根は、天気のよい時は開かれ、光あふれる空間を演出し、荒天時には閉じられ、天候に左右されず人が集まれるようにします。この大屋根は、5月末の完成を予定しています。
 市道の中央交差点から北側区間は、歩道幅が広がり、夜間照明として、足元をふんわりと照らすフットライトなどを設置し、歩道には新たなインターロッキングの舗装を行います。また、高木の植栽やサークルベンチの設置などにより、木陰の憩いや語らいの空間を生み出します。

駅前太平線事業計画図
駅前太平線事業計画図


市民が創るにぎわい

 この空間の管理は、市との間で昨年10月に締結した「市道駅前太平線管理活用協定」に基づき新鳥取駅前地区商店街振興組合が主体となって行っていきます。
 現在、新鳥取駅前商店街振興組合が中心となり、空間の愛称募集やイベント主催者の募集など、大屋根、芝生広場の完成後のにぎわい再生のための企画立案に取り組んでいます。

平成20年秋に実施された実証事業でのイベント
平成20年秋に実施された実証事業でのイベント

鳥取駅前シンボルスクエア愛称募集!

 鳥取駅前の顔となる空間にふさわしい、親しみやすいネーミングをお待ちしております。なお、前期募集は終了し、後期募集は3月1日~4月19日まで!
 前期、後期から優秀作品を5点ずつ選出し、その中から愛称を決定します。最優秀賞には賞金3万円、優秀賞3作品には1万円相当の記念品を贈呈します。

■申し込み・お問い合わせ先
新鳥取駅前地区商店街振興組合イベント企画係
TEL:0857-23-5550

イベント主催者募集!

 シンボルスクエア完成後は、市民が楽しく参加できるイベントを開催していきます。そこで、7月以降に開催するイベント主催者を広く募集しています。
 鳥取駅前が、市民のステージ、そして交流、憩いの場として賑わうよう、たくさんのご応募をお待ちしております。空間で楽しむのはみなさんです!

■申し込み・お問い合わせ先
新鳥取駅前地区商店街振興組合イベント企画係
TEL:0857-23-5550


問い合わせ先
本庁舎道路課
TEL:0857-20-3254

目次へ戻る  このページの上部へ
        

市庁舎整備のこれからの取り組み


(1)市議会の取り組み

庁舎耐震改修等について特別委員会報告

 市議会は、昨年5月20日に実施された市庁舎整備に関する住民投票の結果を受け、「鳥取市庁舎耐震改修等に関する調査特別委員会」を設置。26回に渡り住民投票の耐震改修案の内容、工事費などについて調査研究を行い12月20日の市議会本会議において、調査結果の報告を行いました。
調査特別委員会
鳥取市庁舎耐震改修等に関する調査特別委員会

新たな特別委員会を設置しました

 市議会は、本年1月16日、新たに「市庁舎整備に関する調査特別委員会」を設置。市庁舎整備は喫緊の課題であり、今後も調査研究を行っていきます。

市庁舎整備に関する市民説明会を開催します

 市庁舎耐震改修等に関する特別委員会の報告に基づき、現本庁舎耐震改修案の検証や委員会報告の内容について、下記のとおり市民説明会を開催しますのでお越しください。

市庁舎整備に関する市民説明会

とき   会場 ところ・電話
2月2日(土)
13:30~16:30
国府町中央公民館 国府町庁380
0857-24-1642
ゆうゆう健康館けたか 気高町浜村50-22
0857-82-6811
2月3日(日)
9:00~12:00
鳥取市国際交流プラザ 湖山町西1丁目512
0857-31-3253
河原町中央公民館 河原町渡一木277-1
0858-76-3123
2月3日(日)
13:30~16:30
さざんか会館 富安2丁目104-2
0857-29-7151
※当日は、議員定数に関する説明会を併せて開催します。第1部は議員定数、第2部は市庁舎整備に関する説明とします。
※市報1月号でお知らせした議員定数に関する市民説明会は、上記日程に変更となります。

■問い合わせ先
本庁舎市議会事務局
TEL:0857-22-7711

(2)市長(執行部)の取り組み

市庁舎整備は直面する最重要課題

 市庁舎整備は鳥取市の将来を左右する重要な取り組みであり、庁舎の耐震化と同時に、防災体制の機能強化と市民サービスの向上などの観点から、緊急かつ重要な課題です。
 また、現在そしてこれからの地域の状況を考えるとき、(1)市内における主要企業の事業再編などによる雇用情勢の悪化や地域経済の厳しい状況の改善、(2)平成25年度からスタートする第2期鳥取市中心市街地活性化基本計画の取り組み、と市庁舎整備の関連も考慮しなければなりません。主な財源としている合併特例債の活用期限は平成31年度まで5年間延長されました。この財源を活用し、速やかな対応が求められます。
 市庁舎整備は本市が現在直面している最重要課題です。

市民の意向を踏まえ整備を進める

 市庁舎整備についての市民の関心は高まっており、鳥取市自治連合会の要請書など、さまざまな意見が届いています。
 市議会が選択肢として示し、住民投票で選ばれた「現本庁舎の耐震改修及び一部増築案」が実現できないという市議会の結論となりましたので、市民の意向を改めて踏まえ、市庁舎整備を進める必要があります。
 重大な事態を迎えたこの課題について、市民の皆さんに改めて市庁舎のあり方を考えていただきたいと思います。そして市庁舎整備の推進のため積極的に意見を届けてください。市民の皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

今年前半に方針を取りまとめる

 私は、これまでの調査検討の結果や議論の経過を踏まえ、市庁舎がどのような機能や役割を果たすべきか、市庁舎整備の基本的な方策や効果などについて、市条例に基づいて設置する専門家委員会により議論を深めていただき、その内容を市議会に報告するとともに、市民のみなさんにしっかりと情報提供し、広くご理解いただけるよう最大限努力いたします。
 私は市長として、市議会と連携をとりながら、市民の意向を踏まえ、市庁舎整備の方針を今年前半に取りまとめることを決意しています。

鳥取市長 竹内 功


市庁舎整備の取り組みについて、詳しくは本市公式ウェブサイト(URL:http://www.city.tottori.lg.jp/)をご覧ください。

■問い合わせ先
本庁舎市庁舎整備局
TEL:0857-20-3012

目次へ戻る  このページの上部へ