Tottori City News Letter   
とっとり市報2013年4月
    

特集 子どもの育ちは地域の誇り

「ふるさとを思い 志をもつ子」を中学校区で育むために

 本市の小・中学校は、9年間で子どもを育てるという「小中一貫教育」の視点に立ち、魅力ある学校づくりに取り組んでいます。また、家庭や地域とのつながりをいっそう強め、中学校区の特色ある教育を目指します。

いま教育現場では

 本市では、小・中学校のつながりを大切にした教育活動を行っています。小・中学校の教員が一緒になって子どもの指導を考えたり、小・中学生の合同学習を実施したりして、子どもたちの学習意欲を高め、思いやりの心を育てています。
 また、子どもたちが中学校生活をスムーズにスタートできるよう、中学校の教員が定期的に小学校にも勤務し、児童の様子を見て中学校での支援方法を考えたり、小学校の保護者の相談に応じたりする取り組みも始めました。


地域の大人が学校の支え

 本市は、子どもの学習習慣の定着や規範意識の育成などを目指し、学校・家庭・地域が一体となった教育に力を入れています。小・中学校がつながりを強める中で、小・中学校合同参観日や地域フォーラムなど、各中学校区で特色ある取り組みが進んでいます。
 登下校の安全指導や学習・体験活動への協力など、地域の大人一人ひとりの力が学校教育の支えとなります。子どもたちの成長を地域のみなさんで喜び合えるよう、今後も中学校区が一体となった教育活動を進めていきます。

湖東中学校区 鹿野中学校区
湖東中学校区 鹿野中学校区
地域の運動会で中学生が
運営役員に
園児、小・中学生が交流活動
   
北中学校区 河原中学校区
北中学校区 河原中学校区
中学校教員が校区内の小学校で
授業を実施
地域フォーラムで小・中学生が
シンポジストとして意見を発表


問い合わせ先
第二庁舎学校教育課
TEL:0857-20-3088
目次へ戻る  このページの上部へ