このページではJavaScriptを使用しています。

2013.04.24 延命治療について 1320-A0032-003

受付日: 2013.04.24   分類: 総務・財政財産・財産管理

タイトル
延命治療について

内容
延命治療ですが鳥取で拒否出来るようなことになっているでしょうか?

回答
 延命治療(人工呼吸器の装着、胃ろうの設置など)は一度開始すると、意図的に中止することができません。(医師が殺人罪になる恐れがあります。)
 延命治療をするかしないかの判断をする場面では本人の意思が確認できない事がほとんどですので、その場合は家族の判断となります。元気なうちから自分の意思を家族に伝えておくこと、書面で書き残しておくことが必要となります。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   健康・子育て推進局 保健医療福祉連携課
   (電話番号:0857-20-3914)
   (E-Mail:hokeniryo@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp