このページではJavaScriptを使用しています。

パソコンの接続先を遠隔操作で変更された!

頼んでいないサービスが追加されていた、通信料が高くなった等のトラブルが寄せられています


国民生活センターの発表によると、電話勧誘でのインターネット通信の契約について

新たな手口による相談が複数寄せられています。

 

国民生活センターの発表:速報!”遠隔操作”によるプロバイダ勧誘トラブルにご注意!

 

※契約をした後にやめたいと思っても、解決が難しいことが多いので、注意が必要です!

 

手口

1 事業者から「パソコンの接続先(以下、プロバイダ)を変更すると、今までより安くなりますよ」等の

  勧誘がある。

 

2 変更することに同意すると、パソコンの操作をして

  「遠隔操作機能がついた無料ソフト」をダウンロードするように指示される。

 

3 ダウンロード後に画面に表示されたIDとパスワードを事業者に伝えると、

  事業者がパソコンの操作を自動的に行えるようになる。

 

4 事業者の操作によって、プロバイダの変更手続きが完了する。

 

5 請求書を見てみると、自分が契約しようと思っていなかったサービスが

  申し込まれている等の事実が発覚する。

 

対応策

自分のパソコンを事業者に遠隔操作させて契約をしない

契約の内容をよく理解してから契約する

必要がなければ、早い段階できっぱり断る

トラブルになったときは、消費生活相談窓口に相談する

 

 

-お問い合わせ-
企画推進部 地域振興局 市民総合相談課
消費生活センター
電話0857-20-3863
FAX0857-20-3864
メール送信syohisoudan@city.tottori.lg.jp

 

サイト内リンク



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
アクセスカウンタ