このページではJavaScriptを使用しています。

2013.06.05 市職員のモラル向上について【鳥取市公用車両による恫喝行為(警笛乱用)】 1320-A0057-001

受付日: 2013.06.05   分類: 総務・財政財産・車両

タイトル
市職員のモラル向上について【鳥取市公用車両による恫喝行為(警笛乱用)】

内容
 5月28日午前8時30分少し前の事ですが、私の車が、鳥取環状道路から9号線に西向き合流する合流点で、本線が混んでいたことから、一時停止し、合流可能なタイミングを待っていたところ、後方にぴったりつけた大型バスがクラクションを鳴らし続け恫喝を行いました。
 免許を取得している人間は誰でも知っていることですが、自動車の警笛は、危険周知、回避に用いられるものであり、上記の用途に使用することは認められていません。市民に対し、このような態度をとる職員がいることが、庁舎改築問題をはじめとする、市民の信頼が前提となる場面で、肯定的、好意的な判断を得られない要因と考えます。
 今後HP上において、
 ・該当の運転手の特定。
 ・相当の処分。
 これら処理状況の公開を行い、「市」としての、コンプライアンス維持に対する姿勢を示すことを求めます。
先日窓口で、対応いただいた職員の方は、丁寧、適切な対応をいただきましたが、対人業務を行わない職員は、社会常識が欠如しているようです。 


回答
 本市では、平成25年4月より公用マイクロバス(8台)の運行管理業務を日本交通(株)に委託しています。
 このたびご指摘いただいた内容について、日本交通(株)に依頼した際の運行行程表(出発時間・行先等)で確認しましたが、当該箇所を運行した車両を確認することができませんでした。また、運行委託している日本交通(株)に聞き取り調査を行いましたが、特定することができませんでした。
 さらに、鳥取市社会福祉協議会など他機関についても同様の確認を行いましたが、「ご指摘の時間帯に当該箇所を運行したバスはありません」と報告を受けました。
 このように事実確認はできませんでしたが、このたびのご意見を受け、日本交通(株)に対しましては、改めて安全運転・運転マナーを守り、十分注意し運転するよう注意喚起を行いました。また、市役所全職員に対しても交通法規を遵守し、安全運転に努めるよう周知徹底しているところです。
 今後も、お気づきの点がございましたら具体的にご指摘いただきますようお願いいたします。ご意見ありがとうございました。

   
 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   総務調整監 財産経営課
   (電話番号:0857-20-3114)
   (E-Mail:zaisankanri@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp