このページではJavaScriptを使用しています。

外国人住民の方に住基ネットの運用を開始します

2013年7月8日 外国人住民に住基ネット運用開始


2013年7月8日から、外国人住民の方についても、住民基本台帳ネットワークシステム(以下、住基ネット)の運用が開始され、住民票の写し広域交付、住民基本台帳カード(以下、住基カード)の交付等ができます。

 

住民票の写し広域交付
 

お住まいの市町村以外でも本人又は同一世帯員の住民票の写しが請求できます。
請求には、特別永住者証明書、在留カード、住基カード、運転免許証等<官公署発行の顔写真付きの本人確認書類>の提示が必要です。

 

住基カードの交付


住基カードは、顔写真なし(Aタイプ)と顔写真付き(Bタイプ)の2種類があります。希望される方からの申請によって交付します。住基カードは、Aタイプ・Bタイプともに利用した申請・届出を安全に行うために使用する電子証明書(公的個人認証サービス)を記録できます。また、Bタイプのカードは、公的な顔写真付きの本人確認書類として利用できます。手数料は住基カード、電子証明書ともに500円です。

券面にはAタイプは名前のみ、Bタイプは写真、氏名、通称(住民票に通称が記載されている方に限ります)、住所、生年月日、性別、交付地市町村名、有効期限が記載されています。

※住基カードについては、「住民基本台帳ネットワークシステムのサービスについて」もご参照ください。

 

住基コード通知を発送します


住基ネットの運用開始に伴い、2013年7月8日時点で住民基本台帳に記録がある外国人住民の方の住民票に、住民票コードを記載します。
(転出予定となっている場合を除く)
2013年7月8日以降(概ね10日以内)に、外国人住民の世帯主宛に郵便で通知します。国の行政機関から住民票コードの記載を求められることがありますので、通知は大切に保管してください。
※住民票コードは、全国共通の本人確認を行なうにあたって必要不可欠な無作為な11桁の数字です。

 

◆総務省のホームページは下記リンクをご覧ください。

 

日本語 (日本語のページは、つながりにくくなっているようです)
英語
韓国語
中国語(簡体字)
中国語(繁体字)
ポルトガル語
スペイン語
 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務調整局 市民課
電話0857-20-3491
FAX0857-20-3408
メールアドレスshimin@city.tottori.lg.jp