中山間地域の宝シリーズ


No.9 福部アイデア館管理運営協議会


 【福部町】

 

 福部町を代表する特産品といえば、「らっきょう」に「梨」。福部アイデア館管理運営協議会は、地元産の農作物を使った加工品を、多くの人に味わってほしいとの思いで活動を続けるグループです。
 平成10年の発足以降、一貫して会員自らが新商品のアイデアを出し合い、商品の開発を行っています。試作を繰り返してでき上がった商品は、イベント会場や市内の観光施設で販売し、毎年11月に福部町海あもう士のアイデア館で開催される「アイデア館まつり」では、地元の味を楽しむ多くの来場者で賑わいます。
 イベントなどで人気の商品が「らっきょうまんじゅう」。具に入っているきざみらっきょうの香りが口の中に広がる自信作です。3月末まで鳥取砂丘情報館サンドパルとっとりで販売していますのでぜひご賞味ください。
 今後も約50人の会員が協力し活動を続けることが、地域の活性化につながればと願っています。


らっきょうまんじゅう
らっきょうまんじゅう
福部アイデア館

鳥取市報(平成24年2月号)より


福部町総合支所 地域振興課 
電話 0857-75-2811