中山間地域の宝シリーズ


No.8 百人一首のふるさと上野地区


 【鳥取市・上野地区】

 

  上野地区は本市の東方にあり、福部・国府地域に接し、標高248 ?bの稲葉山の中腹に位置する戦後の開拓地です。稲葉山は万葉の昔、因幡の国守である中納言行平に詠われた由緒ある景勝地です。
 平成15 年に、地区の自主的な活動組織として上野地区活性化協議会を結成。協議会では毎年10 月末に、地区の情報発信を目的とした交流イベント「秋の収穫祭」を開催しています。梨・柿・りんご・野菜など地区の農産物の販売やいも鍋、餅つきなどを行い、秋の味覚を求める多くの参加者で賑わいます。また、農業体験交流の拠点施設「上野ふれあい交流館」の建設や「百人一首歌碑」の建立、大沢池周辺の景観美化を実現し、市民の憩いの場所ともなっています。
 今後とも、稲葉山の自然と歴史を多くの方に広めるとともに、理想郷の建設と生きがいのある村づくりを実現したいと願っています。


上野ふれあい交流館
上野ふれあい交流館
鳥取市上野地区

鳥取市報(平成24年1月号)より