このページではJavaScriptを使用しています。

2013.06.17 公用車について 1320-A0069-001

受付日: 2013.06.17   分類: 総務・財政財産・車両

タイトル
公用車について

内容
公用車事故の情報が定期的に報道されている。そのため次の内容に取り組まれているか照会したい。
公用車へドライブレコーダーが設置されているか、していない場合その理由を伺いたい。これは事故の防止となると思われる。


回答
 近年、タクシー等の事業所においてドライブレコーダーを搭載する動きがあり、事業所全体の交通安全教育に活用できる機械として期待されているようです。しかしながら、本体1台あたり3~5万円、解析ソフトウェアが10万円程度となっており、財政的負担も大きい事から導入までは至っていません。
 本市では、経費をかけず公用車の交通事故の防止に向けては、公用車の管理も含め、交通安全に対する職員への研修会を実施しています。また、各職場では運転者はもとより同乗者へも安全運転に対する啓発及び注意喚起を徹底し、安全運転への周知を図っています。
 今後とも、公用車を運転する職員への交通安全指導並びに啓発を続けてまいります。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   総務調整監 財産経営課
   (電話番号:0857-20-3114)
   (E-Mail:zaisankanri@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp