鳥取市中山間地域の宝

国府地域 国府町因幡の傘踊り保存会


国府町因幡の傘踊り保存会

 国府町因幡の傘踊り保存会は、昭和45年に日本万国博覧会で傘踊りを踊ったのをきっかけに発足しました。
 現在は様々なイベントに参加し、国府町の雨滝で行われる滝開き祭では、滝を背景に傘踊りの舞を披露し、神事を盛り上げています。滝開き祭に出演するようになってから30年以上がたちました。
 そもそも因幡の傘踊りは、江戸時代末期の大干ばつの際、雨乞いをしたことが始まりとされています。その後各地へ広まり、全盛期には百を超える団体が技量を競い合ったそうです。
 保存会では、県内外から数多くの要請により、公演に積極的に参加すると共に、地域の小中学校への傘踊りの指導などにも取り組んでいます。機会があればぜひ観に来てください。


お問い合わせ先

国府万葉歴史館 
鳥取市国府町町屋726
 電話 0857-26-1780


このウィンドウを閉じる