鳥取市中山間地域の宝

河原地域 鳥取市河原町カジカ蛙研究会


鳥取市河原町カジカ蛙研究会

 「鳥取市河原町カジカ蛙研究会」は、西郷地区内に生息する「カジカ蛙」の種の保存に寄与すると共に、美しい自然環境の保全に努めるため、平成17年4月に設立しました。
 カジカ蛙は河(清流)に生息し、鳴き声が鹿に似ていることから「河鹿蛙」とも書きます。体長は雄4cm、雌7cm程度で、5月頃から繁殖期に入り、雄は競って美声を張り上げ、岩間に隠れ住む雌を引き寄せ伴侶とします。
平成10年頃からカジカ蛙の調査研究を始め、暗中模索の中、平成13年に初めて人工孵化(ふか)に成功しました。以来、西郷地区公民館と共催で、西郷保育園児や西郷小学校児童などと共に、人工孵化(ふか)されたカジカ蛙のオタマジャクシを毎年放流しています。また、毎月6月「河鹿蛙の美声を嗜む夕べ」を行っています。
 今後さらにカジカ蛙の増殖並びに河川の清掃などを行い、美しい自然環境を守っていきたいと思います。


お問い合わせ先

鳥取市河原町カジカ蛙研究会
鳥取市河原町中井283
電話 0858-85-1379


このウィンドウを閉じる