鳥取市中山間地域の宝

佐治地域 津無郷土芸能保存会


津無郷土芸能保存会

 〜エコレ大黒舞を見んさいなァサテめでたいな大黒〜、全国各地に古くから踊り継がれる庶民の踊り、大黒舞の中でも極めてゆるやかなテンポと素朴さに特徴がある「津無大黒舞(つなしだいこくまい)おどり」。
 言い伝えでは、「大黒様が八上姫とこの村の飯盛(いいもり)山に散歩の途中、津無に立ち寄った時に村人が踊って歓迎したもの」と言われています。
 大黒天になぞられた紫頭巾、薄紫の着物にたっつけ.、そして、足元はわら靴という衣装。踊りは単調に見えますが、気持ちの豊かさを感じられ、祝い言葉を使った歌詞からも「めでたい踊り」とされてきました。
 中国四国民俗芸能大会や国民文化祭岩手大会、同じく鳥取大会など、数多くの催しに出演しています。「津無郷土芸能保存会」は、地域に伝わる「大黒舞」や「因幡大津」、「浪花節」などに代表される手踊りを今後も継承していきます。


お問い合わせ先

津無郷土芸能保存会
鳥取市佐治町津無592
電話 0858-88-0456


このウィンドウを閉じる