鳥取市中山間地域の宝

佐治地域 佐治和紙漉き踊り保存会


佐治和紙漉き踊り保存会

 昔の佐治郷をはじめとし、その頃、「和紙漉き(かみすき)」の盛んだった因幡の国一円に広く伝えられ、和紙漉きの作業に合わせて唄われた作業唄に、佐治因州和紙にふさわしい振付をしたものが「和紙漉き踊り」です。
 和紙漉きは女性の手作業に頼るところが多く、辛い仕事です。冷たい冬場にこそ良質の和紙づくりを、と願い続けてきた女性たちの思いを込めて、昭和54年の夏、和紙漉き踊りは誕生しました。
 絣(かすり)の着物を身にまとい、白い布を和紙に見立てて手に持ち、手づくりの楽しさ、喜びや辛さを表現したこの踊りを今日まで郷土の伝統芸能の一つとして位置付け、大切に習い伝えてまいりました。この踊りでわが町佐治と、自慢の和紙をもっと全国にアピールできたらと思います。そして、私たち「佐治和紙漉き踊り保存会」も長く伝承していきたいと思います。


お問い合わせ先

佐治地区公民館
電話 0858-88-0228


このウィンドウを閉じる