鳥取市中山間地域の宝

青谷地域 勝部岩力踊り保存会


勝部岩力踊り保存会

 「勝部岩力(かちべがんりき)踊り」は、鳥取藩主池田光政が32万石にふさわしい城下町づくりを目指して、城や町の建設・改修を進めた際、必要な材料を、青谷町勝部地区の農民が勝部川の流れを利用して運び出した時の苦労を慰めるため、歌い踊ったことが始まりとされ、盆踊り唄として伝えられてきました。
 地域の診療所の提案により、地元の伝統芸能として保存しようということになり、昭和49年「勝部岩力踊り保存会」が発足することになります。
 男女とも特有のしぐさで豪快に踊るという特徴があり、練習はもちろん、各種イベントへの参加の他、地区内の盆踊りでも踊っています。無形民俗文化財に指定されていることで、制約がありますが、今後も積極的に公演にも参加し、伝承、保存に努めてまいりましす。興味のある方はぜひ観に来てください。


お問い合わせ先

勝部岩力踊り保存会
鳥取市青谷町紙屋152
電話 0857-85-0136


このウィンドウを閉じる