このページではJavaScriptを使用しています。

動物の愛護と適切な管理(犬・猫などの飼い方について)

■ 犬・ねこの適切な飼い方について 

    

 動物は、私たちの生活を様々なかたちで豊かにしてくれる、人間にとってかけがえのない存在です。

 人と動物が共生したよりよい社会をめざして、「動物の愛護及び管理に関する法律」が定められています。

 動物が社会の中で人と共生できる存在として受け入れられるためには、犬やねこなどの動物の飼い主がルールを守り、マナーを心得て飼うことが重要です。

 次のことを守って、愛情と責任を持って、終生飼いましょう。

 

 

◎ 犬は必ず登録し、狂犬病予防注射を受けましょう。

 平成7年以降、一度登録させますと生涯有効です。

 狂犬病予防注射は、毎年1回受けなければなりません。また、交付された鑑札や予防注射済票は、犬に着けさせておかなければなりません。

 もし、迷子になったときも名札がわりになります。ねこにも、連絡先を明記した名札を着けさせましょう。

 

◎ フン・尿の後始末は、必ず飼い主の手で行いましょう。

 飼い犬・飼いねこが家族の一員であることを周囲の人に理解していただくためにも、フン・尿の後始末は適切に行いましょう。

 平成20年4月1日より、「鳥取市快適な生活環境の確保に関する条例」により「飼い犬のフンの放置」は禁止されています。違反した場合、2万円以下の過料が科せられることもあります。

 

◎ 犬の放し飼いは、絶対にしないでください。

 放し飼いはもちろん、散歩中もリードを着けて放さないようにしてください。

 

◎ 野良ねこの世話をしないでください。

 野良ねこへの餌やりは、「飼い主のいない不幸なねこ」が増える原因の一つです。また、その場に居座ってしまうと、周囲の人に迷惑をかける恐れもあります。

 餌を与えるのであれば、責任を持って飼うなど、適切な対応をしましょう。

 また、野犬・放浪犬を目撃した際には、鳥取県生活安全課に通報をお願いします。

 

 ■鳥取県東部生活環境事務所生活安全課 電話:0857203675

 

◎ ねこは室内で飼ってください。

 交通事故にあったり、病気にかかったり、望まれない命を授かったりする可能性も少なくなります。

 また、フン・尿・毛・臭い等に関する苦情が発生する恐れがなくなりますので、室内で飼いましょう。

◎ 最後まで面倒をみる

 

 どんな理由があっても、捨てないでください。野良犬・野良ねこになって、社会問題に発展することになります。

 どうしても飼えなくなった場合、責任を持って、飼ってくれる人を探しましょう。

 

下記リンクも参照ください。

  <鳥取県HP> http://www.pref.tottori.lg.jp/animal/ 

 

 

■ 愛玩鳥飼育者の皆様へ  

 

 鳥取県より、愛玩鳥(インコ等)を飼養されている県民の皆様への「鳥インフルエンザ」についての注意喚起の依頼がありました。

 

 詳細は下記リンクを参照ください。

 

<鳥取県HP> http://www.pref.tottori.lg.jp/126935.htm

 

 

■ 9月20日から26日は動物愛護週間です

 

動物愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。

 

「ひろく国民の間に命あるものである動物の愛護と適正な飼養についての関心と理解を深めるようにするため、動物愛護週間を設ける。」 (動物愛護管理法 第4条) 

 

 鳥取県内でフェスティバル・企画展示が開催されます。

※ 動物愛護フェスティバル2015~またみんなに会いに来たよ~

日時:平成27年9月23日(水・祝日)

場所:人と動物の未来センター“アミティエ”(倉吉市下福田706-127)

内容: 詳細はチラシをご覧ください(PDF: 2430KB)

 

 

 詳細は、下記リンクを参照ください。

 

http://www.pref.tottori.lg.jp/240625.htm

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3218
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp