このページではJavaScriptを使用しています。

2013.07.02 市民会館を移転してはどうか 1320-A0079-001

受付日: 2013.07.02   分類: 企画・文化芸術・文化芸術施設

タイトル
市民会館を移転してはどうか

内容
 市役所より市民会館を市立病院跡地へ移転する方が得策だ。今の所は駐車場も少ないし、隣にとりぎん文化会館もあるため移転した方が利用も増加するだろう。現在の市民会館の利用状況はどうなっているか?

回答
 鳥取市民会館は、とりぎん文化会館に先立ち、昭和42年に開館した市民に広く親しまれている施設で、2,000人規模の梨花ホール、500人規模の文化ホールに対し、1,000人規模の中ホールとして整備しています。鳥取市の中心市街地の2核2軸の構想の中においても、市民会館は現在の場所にふさわしい文化施設であります。
 施設利用者数は近年増加しており、平成24年度の利用状況は、大ホールの利用率59.5%で利用者数79,475人です。また平成25年度に入っても好調に推移しています。このような状況から、鳥取市民会館の移転は考えておりません。
 鳥取市民会館は、市民の皆さまに文化活動発表の場として大いに活用されていると考えております。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   企画推進部 文化芸術推進課
   (電話番号:0857-20-3226)
   (E-Mail:bunka@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp