このページではJavaScriptを使用しています。

ガソリンの貯蔵・取扱い等の注意点について

 8月15日、京都府福知山市の花火大会会場で、誤ったガソリン携行缶の取扱いが原因とみられる火災が発生しました。

 ガソリンの貯蔵・取扱いには次の点に十分ご注意ください。

 

≪ガソリンの特性≫

 

●引火点は-40℃程度と低く、極めて引火しやすい。

●揮発しやすく、その蒸気は空気より約3~4倍重いので、滞留しやすく可燃性の雰囲気が広範囲に形成されやすい。

●電気の不良導体であるため、流動等の際に発生した静電気が蓄積しやすい。

 

≪貯蔵・取扱い時の留意事項≫

 

●ガソリンを取り扱っている周辺で火気や火花を発する機械器具等を用いない。例えば、ガソリンを取り扱っている場所から1m離れた場所に置かれた洗濯機で火災に至った事例や、火気や火花がなくても人体に蓄積された静電気で火災に至った事例が報告されており、ガソリンを取り扱う場合は細心の注意を払わないと容易に火災に至る危険性があります。

●静電気による着火を防止するためには、金属製容器で貯蔵するとともに、地面に直接置くなど静電気の蓄積を防ぐ必要があります。また、消火器を必ず準備しましょう。

●ガソリン容器からガソリン蒸気が流出しないように、容器は密栓するとともに、ガソリンの貯蔵や取扱いを行う場所は火気や高温部から離れた直射日光の当たらない通風、換気の良い場所とすることが必要です。特に夏期においてはガソリン温度が上がってガソリン蒸気圧が高くなる可能性があることに留意しましょう。

●取扱いの際には、開口前の圧力調整弁の操作等、取扱説明書等に書かれた容器の操作方法に従い、こぼれ・あふれ等がないよう最新の注意を払いましょう。万一流出させてしまった場合には少量であっても回収・除去を行うとともに、周囲の火気使用禁止や立入りの制限等が必要です。衣服や身体に付着した場合は、直ちに衣服を脱いで大量の水と石けんで洗い流しましょう。

●ガソリン使用機器の取扱説明書等に記載された安全上の留意事項を厳守し、特にエンジン稼働中の給油は絶対に行わないようにしましょう。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
防災調整監 危機管理課
電話0857-20-3127
FAX0857-20-3042
メールアドレスkikikanri@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)