このページではJavaScriptを使用しています。

2013.08.02 風しんの予防接種費用助成制度について 1320-A0098-001

受付日: 2013.08.02   分類: 福祉保健・保健・保健センター

タイトル
風しんの予防接種費用助成制度について

内容
予防接種費用の助成について大賛成です。
しかし、対象が妊娠を予定または希望している女性、妊娠している女性の夫となっています。
妊娠初期の妊婦さんが風疹にかかることで赤ちゃんが先天的な障がいをもつかもしれないということですが、妊娠の判明は即座ではありません。
妊娠が判明する前に夫が風疹にかかったとしたら、先天的な障がいをもつ可能性ができると思います。
そこで対象を妊娠を希望する夫婦とするべきではないでしょうか? 


回答
 先天性風しん症候群は、免疫を持たない女性が妊娠初期に風しんに感染することによって、生まれてくる赤ちゃんに難聴や白内障、先天性心疾患などを生じる病気です。
 これを予防するためには、これから妊娠する女性自身が免疫を獲得することが一番確実かつ効果的であると考えられます。妊婦となったとき、ご本人が免疫を獲得した状態であれば、周囲に患者が発生しても感染を受けることはありません。
 このような考え方から、鳥取市では本事業の対象者を「妊娠を予定または希望している女性」及び「妊婦の夫」(これは、妊婦自身は予防接種を受けることが不適当であるためです)として制度設計していますので、ご理解いただきますようお願いします。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   健康・子育て推進局 中央保健センター
   (電話番号:0857-20-3091)
   (E-Mail:hokencenter@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp