凡例
時アイコン=日時 所アイコン=場所 容アイコン=内容 対アイコン=対象 受アイコン=受付
条アイコン=条件 員アイコン=定員 数アイコン=数量 額アイコン=支給・助成額など
料アイコン=料金 募アイコン=募集期間・方法 持アイコン=持参するもの
問アイコン=問い合わせ先

情報ひろば9月

お知らせ

9月1日~9月10日は屋外広告物適正化旬間です

国土交通省では、屋外広告物の適正化を一層推進するため、9月1日から10日までを「屋外広告物適正化旬間」に設定し全国的に様々な活動が行われます。鳥取市においてもこの旬間を中心として、違反広告物の一斉除去・是正指導・パトロールなど適正化に向けた取組みを実施いたします。

美しい風景や快適な住空間を守り、良好な街の景観を形成していくために、皆様のご協力をお願いしております。

問い合わせ先本庁舎都市企画課電話0857-20-3271

住宅・土地統計調査にご協力を

 

10月1日、住宅土地統計調査を実施します。居住環境や住宅性能、土地の利用状況などについて調査し、その結果は、居住環境の改善、耐震や防火を中心とした都市計画の策定などに幅広く利用されます。調査の対象となった世帯には、9月下旬から調査員が訪問しますので、ご協力をお願いします。

問い合わせ先本庁舎総務課電話0857-20-3156

鳥取いのちの電話公開講座

日時9月21日(土)13:30~15:30
場所とりぎん文化会館小ホール(尚徳町)
内容
  • 講演「「包摂」と「寄り添い」の政治」講師:片山善博(かたやまよしひろ)さん(慶應義塾大学法学部教授・元総務大臣・前鳥取県知事)
料金無料・申込不要 ※手話通訳が必要な人はお知らせください。
問い合わせ先 社会福祉法人「鳥取いのちの電話」事務局 電話FAX 0857-29-6556(月曜日~金曜日12:00~16:00)

精神保健講演会

日時9月12日(木)13:30~15:30
場所さわやか会館3階多目的室(富安二丁目)
内容
  • 講演「気分(感情)障害ってどんな病気?!」講師:原田豊(はらだゆたか)さん(鳥取県精神保健センター所 長)
料金無料
問い合わせ先駅南庁舎障がい福祉課電話0857-20-3474

鳥取県高齢者健康づくり推進大会

日時9月4日(水)13:00~15:00(開場12:30)
場所とりぎん文化会館小ホール(尚徳町)
内容
  • 講演「老いと死から逃げない生き方~よりよい今を生きるために~」講師:中村仁一さん(社会福祉法人「同和園」附属診療所所長、医師)
  • 高齢者の交通事故防止について 解説:鳥取県警察本部交通企画課
料金無料・申込不要
問い合わせ先鳥取県後期高齢者医療広域連合電話0858-32-1097

第14回とっとりきのこ祭り

日時10月5日(土)9:30~14:30
場所日本きのこセンター菌蕈研究所(古郡家)
内容きのこの展示、お絵かき、きのこグッズ作製、シイタケもぎ取り、植菌体験、サッカー教室、きのこ鍋、きのこ販売、バザー販売(おこわ、そば、カレーなど)※指定の駐車場をご利用ください。
問い合わせ先日本きのこセンター菌蕈研究所電話0857-51-8111

災害医療フォーラム 原子力災害における医療と救護活動

日時9月28日(土)13:30~16:30
場所とりぎん文化会館小ホール
内容
  • 特別講演「放射線の人体影響- これまでに分かったこと-」講師: 土肥博雄(どひひろお)さん(日赤中四国ブロック血液センター所長)
  • 講演「初期被ばく医療- 救護所・搬送・医療機関の対応-」講師: 山本尚幸(やまもとなおゆき)さん(放射線災害医療研究所長)
  • 講演「原子力災害- 鳥取県の取り組み-」講師: 水中進一(みずなかしんいち)さん(鳥取県原子力安全対策課長)
問い合わせ先鳥取赤十字病院電話0857-24-8111

秋の全国交通安全運動 9月21日(土)~ 30日(月)

ゆずり合う ゆとりと笑顔 防ぐ事故

【運動の重点】

問い合わせ先鳥取市交通安全対策協議会(本庁舎協働推進課内)電話0857-20-3182

秋の砂丘一斉清掃

第14回鳥取三十二万石お城まつり

日時9月29日(日)9:15~11:00 ※雨天の場合は10月6日(日)に延期します。実施の有無は、当日7:00に市公式ホームページに掲載します。
場所集合場所:砂丘市営駐車場奥砂丘入口(木製階段を上ったところ)またはオアシス広場
問い合わせ先鳥取砂丘美化運動協議会(本庁舎協働推進課内)電話0857-20-3182
日時9月29日(日)10:00~17:00
場所久松公園
内容 備州岡山城鉄砲隊火縄銃演武、ステージイベント、屋台村、鳥取大学馬術部PRESENTS オラフ君(♂)と遊ぼう!、岩田廉太郎(いわたれんたろう)先生ぬりえ教室、名将「吉川経家」まんが展、地酒BAR、鳥取人力車、仁風閣入館料無料、甲冑体験(有料)、特設!鳥取城研究所、わらべ館紙芝居劇場、朝来市PR 他
問い合わせ先 鳥取三十二万石お城まつり実行委員会(一般社団法人鳥取市観光コンベンション協会内) 電話0857-26-0756

第21回(ひと)(ひと)とのハーモニーフェスタ

日時10月5日(土)10:30~15:10
場所国府町中央公民館
大会議室ほか 10:30~12:40
内容展示、即売、そば打ち体験、行政相談、ポン菓子
多目的ホール 12:50~15:10(開場12:20)
内容 オープニング「因幡の傘踊り」(国府町因幡の傘踊り保存会)
▷大会宣言
▷男女共同参画絵手紙コンテスト表彰
▷寸劇「悪徳商法への対処」(鳥取市消費者団体連絡協議会)
▷講演 山崎大地(やまざきたいち) さん(有限会社国際宇宙サービス代表)
定員 500人(先着順)
問い合わせ先 鳥取市男女共同参画センター電話FAX0857-24-2704
本庁舎男女共同参画室電話0857-20-3166

いなばの塩鯖まつり

日時9月22日(日)8:30~13:00 ※「いなばのおふくろ市」と同時開催
場所鳥取駅前サンロード
内容塩鯖丼の食べ比べ▷焼き塩鯖、塩鯖料理の販売▷塩鯖パネル展示▷塩鯖レシピコンテスト( 会員と来場者による点数投票)▷塩鯖川柳など
※当日、「塩鯖料理コンテスト」へ応募された塩鯖料理の披露があります。
問い合わせ先 第二庁舎経済・雇用戦略課電話0857-20-3249

9月10日~ 16日は「自殺予防週間」です

~開こうよ 心の扉 私達と~(鳥取市自殺予防標語)

推移グラフ

全国の自死者数は、平成10年に3万人を超え、その後も高い水準で推移しています。本市でも、平成23年には54人(男性40人、女性14人)の方が自ら命を絶っています。(鳥取県人口動態統計より)

自死には、健康の問題や経済・生活の問題、うつ病など様々な要因が複雑に関係しています。自死を考えている人は悩みを抱えながらもサインを発していることがあります。そのため、自死を防ぐには、家族や職場の上司・同僚など身近な人がちょっとした変化に気づくことが重要です。眠れない日が続いている等の症状があったり、酒量が増すなどのサインに気づいたら、まず下記の相談窓口や心療内科・精神科、かかりつけの病院などに相談しましょう。

鳥取市こころの相談窓口

問い合わせ先 中央保健センター電話0857-20-3194
各総合支所市民福祉課(電話健康/病院ページ
駅南庁舎障がい福祉課電話0857-20-3474

社会福祉法人 鳥取いのちの電話

問い合わせ先 いのちの電話電話0857-21-4343(毎日12:00~21:00)
自殺予防いのちの電話(通話料無料)電話0120-738-556(毎月10日8:00~翌日8:00)

家族介護教室

日時内容講師
第1回10月10日(木)
13:30~16:00
高齢者がかかりやすい病気と健康管理、介護保険サービスの利用の手続きなど医師
第2回10月31日(木)
9:00~12:30
介護食の講義と調理実習栄養士
第3回11月14日(木)
13:30~16:00
介護技術の実技(1)移乗・移動時の介護方法<(2)排泄時の介助など
口腔ケア・口の体操
介護福祉士
言語聴覚士
第4回11月28日(木)
13:30~16:00
認知症の理解と対応について
介護者の腰痛・肩こり予防体操
家族の会
健康運動指導士

※希望の教室のみの参加も可能です。

ところ学習・交流センター鳥取(湖山町西一丁目)
対象高齢者を介護している家族や介護に関心のある人(全市域対象)
料金450円(調理実習材料費)
定員各回30人(申し込み順)
申し込み10月4日(金)までに、以下の問い合わせ先各窓口にて受け付け
※電話・ファクシミリでも受け付けます。
問い合わせ先 鳥取こやま地域包括支援センター 電話0857-32-2727 FAX0857-31-3270