このページではJavaScriptを使用しています。

2013.08.05 三洋電機跡地問題について 1320-A0100-003

受付日: 2013.08.05   分類: 経済観光・産業振興・企業誘致

タイトル
三洋電機跡地問題について

内容
 三洋電機の跡地を空き地のまま放置しておくことは、鳥取市にとって問題があるでしょう。しかし、今どうしても鳥取市が取得しなければならないかどうかは、やや疑問に思います。市民への説明不足のように思います。議員に説明されても、市民には直ちに届きません。
 土地開発基金を活用されると言うことですが、「土地開発基金」とはいったいどんな性質のお金なのか、どうして残っているのか、今使ってもいいものなのか、など、「土地開発基金」そのものをほとんどの市民が知りません。この際、「土地開発基金」について市民に説明されたほうがいいと思います。市民の中には、そんなお金があるなら、市庁舎の建設費に充てたらよいではないかと単純に考える者が出てくるはずです。おそらく、「市庁舎の建設」と「土地開発基金」とは無関係のものだと思いますが、説明がない限り、不審に思う者が出てくるはずです。ぜひ、早い時期に何らかの方法で説明されることを望みます。


回答
 大手企業の事業再編等により、深刻な状況にある本市の経済・雇用状況に迅速かつ的確に対応するため、工業用水や高圧電力などの産業基盤が整備され、利便性の高い三洋電機(株)南吉方工場跡地を取得することとしました。
 この土地を新たな企業誘致に積極的に活用することで多くの雇用創出と産業の再構築を実現させたいと考えています。財源には、公共の利益のために取得する必要のある土地等をあらかじめ取得することにより事業の円滑な執行を図ることを目的とした「鳥取市土地開発基金」からの繰入金をあてることとしています。現在、複数社の企業に対して、誘致活動を展開しており、その内一社については、工業立地に前向きな意向を示していただいています。早期に取得用地のすべてに立地の目途がたつよう今後も全力で取り組んでまいります。
 なお、この土地は、原則進出企業に売却することとしており、売却後には市の収入(土地取得費特別会計への歳入)になります。

 ※三洋電機(株)南吉方工場跡地の取得については「とっとり市報9月号」に掲載して市民のみなさまへお知らせしています。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   経済観光部 企業立地・支援課
   (電話番号:0857-20-3223)
   (E-Mail:ricchi@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp