このページではJavaScriptを使用しています。

2013.08.12 看護専門学校を駅南庁舎に誘致してください 1320-A0103-001

受付日: 2013.08.12   分類: 総務・財政財産・財産管理

タイトル
看護専門学校を駅南庁舎に誘致してください

内容
 看護専門学校を駅前に設置するようですが、駅南庁舎に誘致してください。駅南庁舎は、最上階にスイミングスクールがあったりしてわけが判りません。必要なら駅南庁舎の駐車場とかプールを取り除いてそこに設置するべきです。

回答
 本市では、鳥取県病院協会東部支部からの陳情を市議会が採択したことを受け、看護・医療系専門学校の誘致に取り組んでおり、現在、学校法人大阪滋慶学園と協議を進めています。
 学校の設置候補地としては、
 ①学生・教職員の通学・通勤及び、実習病院等への学生の移動の利便性
 ②駅周辺を拠点とした看護・医療系学生の地域貢献活動の展開や、市の福祉・健康対策担当部局との連携の容易性
 ③看護・医療系団体等が学校施設を一般利用する場合の利便性
 などの観点から、鳥取駅北口の鳥取駅前駐車場用地が学校用地の最適地であると考えており、平成25年7月19日の臨時市議会において、当該用地を県より取得するための予算を議決いただき、7月24日付けで当該用地を取得しました。
 また、平成25年7月29日の臨時市議会において、医療看護専門学校の設置のため、当該用地を学校法人へ無償貸付けする議決をいただき、現在、学校法人側で学校建設に向けた準備を進めているところです。
 医療看護専門学校の誘致は、地域医療を支える看護師・リハビリ専門職の不足を解消するだけでなく、今まで市外の養成学校を選択せざるを得なかった若者に、地域で学び、国家資格を取得し、地域で就職する道を拓きます。また、学校開設に伴い、約40人の常勤雇用が創出されるほか、学校の運営や600人規模の学生・教職員による消費効果などは、10億9千万円(開学3年目以降)と推計され、中心市街地の賑わいづくりや公共交通機関の利用促進などへの効果も期待できます。
 本市は、医療看護専門学校の平成27年4月の開学をめざして、引き続き取り組みを進めていきたいと考えていますので、御理解と御協力をいただきますようよろしくお願いします。
 なお、駅南庁舎はスポーツ施設を有していた旧ダイエー鳥取駅南店を平成17年3月に取得したもので、取得にあたっては、市民の皆様から「中心市街地に徒歩で通えるスポーツ施設を存続してほしい」というご意見が多数あったことを受け、引き続きスポーツ施設の利用を図ったものです。また、駐車場に関しては中心市街地に近い市営駐車場として、1日1,500台程度の利用があり、平日でも満車になるフロアがあるほどです。このように、駅南庁舎は市民の皆様のご要望や利便性を十分に踏まえた施設として100%活用されている現状です。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   企画推進部 企画調整課
   (電話番号:0857-20-3152)
   (E-Mail:kikaku@city.tottori.lg.jp)
   総務調整監 財産経営課
   (電話番号:20-3851)
   (E-Mail:zaisankanri@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp