このページではJavaScriptを使用しています。

2013.08.12 若桜街道商店街の活性化について 1320-A0104-001

受付日: 2013.08.12   分類: 都市整備・都市計画・その他

タイトル
若桜街道商店街の活性化について

内容
 久しぶりに若桜街道を歩いたら半分以上のお店が閉まり、歩く人はまばらで、町おこしをするにはどうしたものかと考えたが、よく見ると若桜街道は駐車禁止になっているのではないか。
 今、車社会になり、特に鳥取は一家に平均2台と車の保有率が高く、そのため、郊外に大きな駐車場を持つ大型ショッピングセンターに人が集まっていると感じる。若桜街道の商店街にも専門的なお店がひととおりそろっており、ちょっとした買い物をするには、郊外の大型店に行かなくてもすむ場面が多いが、高齢者などは荷物を運ぶのが大変なために車で出かける人が多く、また、ちょっとした数百円の買い物をするのに数百円の駐車場代を払うのは割に合わないので、仕方なく駐車場がある郊外の大型店へ出かけているのが実情ではないか。
 是非、若桜街道の商店街活性化のため、若桜街道の駐車禁止の解除を前向きに検討願います。


回答
 自家用車の利用が高度に普及した現状においては、ご指摘のとおり商店街や商業施設の利便性と駐車場の状況との間には関連性があると認識しています。
 しかし、若桜街道などの商店街で店前駐車を容認すれば、目的の店で用事を済ませるとすぐに車に戻って帰ってしまうような買物行動が多くなり、商店街としての発展にとって重要な鍵となる回遊性や滞留時間の減少に繋がってしまうと考えています。
 また、若桜街道は国道と県道からなる幹線道路であり、限られた道路幅員の中で、自動車の通行、バスの停留所、サービス車両の停車、自転車の走行、歩行者の通行といった多様な交通機能を保つ役目を果たしています。そうした状況のもとで、さらに道路の一部が駐車車両で占められるようになれば、通行の際の安全性や利便性が損なわれることにも繋がります。交通規制を緩和することは、担当する警察当局の理解が極めて困難な状況であります。
 一方、商店街の取り組みとして、買い物の金額に応じて一定時間の駐車料金割引券を提供するなど、従来からある時間貸し駐車場の経営者と連携しているお店があります。
 そこで本市は、そうした駐車場を含む時間貸し駐車場を市民の方へご紹介することで、中心市街地へ自家用車でも気軽にお越しいただけるよう、駐車場の情報や観光スポットを掲載したまちなかマップを作成するとともに、本市公式ホームページにも掲載しております。
 これらの取り組みにご理解とご協力をよろしくお願いします。

【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

都市整備部 中心市街地整備課
(電話番号:0857-20-3275)
(E-Mail:shigaichiseibi@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)