鳥取市・釧路市 姉妹都市提携50周年

伸びゆく姉妹都市の絆を次世代へ

問い合わせ先 本庁舎企画調整課  電話0857-20-3154

釧路市ってこんな街

釧路市は、北海道の東部、太平洋岸に位置し、「釧路湿原」「阿寒」の二つの国立公園をはじめとする雄大な自然に恵まれた街です。東北海道の中核・拠点都市として社会、経済、文化の中心的な機能を担っています。

豊かな自然の恵みを活かした農林水産業や、大規模な食品・製薬工場、製紙工場のほか、全国唯一の石炭鉱業所が操業し、地域経済の核となっています。

これらの産業を支えている釧路港や釧路空港のほか、現在整備が進められている北海道横断自動車道の開通により今後、飛躍的に物流機能が高まると期待されています。

最初の姉妹都市

北海道釧路市と鳥取市は、昭和38年10月4日に姉妹都市提携しました。

明治17年から翌年にかけて、鳥取士族(105戸513人)が釧路開拓移住のために賀露港を出帆。苦労の末、現在の釧路市内に鳥取村を形成しました。

両市の姉妹都市提携は、この歴史的なつながりをもとに始まり、半世紀を経た今でも、経済や観光、教育、文化といった幅広い分野で交流が行われています。

また、両市の結びつきの深さは、釧路市内に「鳥取」という名がつけられた場所が多くあること、また鳥取市の海の玄関口とも言える賀露港近くに「釧路開拓移民団出港の地」記念碑が建立されていることからも伺い知ることができます。

鳥取市・釧路市 姉妹都市提携50周年記念式典

とき平成25年10月19日(土)
10:00~11:00
ところ全国都市緑化とっとりフェア本会場(湖山池公園)
内容両市代表あいさつ、釧路麒麟獅子舞演舞 ほか

入場の際は「全国都市緑化とっとりフェア」入場券が必要です

釧路市データ(平成25年7月末現在)

人口180,595人
世帯数94,365世帯
名所

釧路湿原国立公園

日本に現存する最大規模の湿原。生息している約2,000種の動植物のなかには特別天然記念物のタンチョウをはじめ貴重な動植物も数多く含まれています。

鳥取百年館

鳥取士族移住の地に鳥取城のイメージを復元し、開拓者の遺品、鳥取藩主池田家家宝等の資料が展示されています。

写真
タンチョウ
写真
阿寒湖

鳥取市・釧路市 主な記念行事

写真:親子らっきょうづくり教室 写真:鳥取の梨とお酒を使ったスイーツ

6月

  • 親子らっきょうづくり教室(釧路市)

    鳥取らっきょうをおいしくいただきました。

9月

  • 鳥取スイーツ開発(釧路市)

    鳥取の梨とお酒を使ったスイーツを釧路市内のお菓子屋さんが開発・販売

  • 企画展「釧路と鳥取」(鳥取市)

    鳥取市歴史博物館「やまびこ館」で展示会を開催(~10月20日)

10月

  • 鳥取市民訪問団ツアー(釧路市ほか・4日~7日)
  • 姉妹都市提携50 周年記念式典(釧路市・5日)
  • 釧路公立大学教授の特別講演会(鳥取市・5日)

    さざんか会館で開催

  • 「釧路ふるさと給食」実施(鳥取市・18日)

    市立小・中学校の給食に、釧路産の魚や昆布、北海道産の食材を使ったおいしいメニューが登場!

  • 釧路市民訪問団ツアー(鳥取市ほか・18日~20 日)
  • 姉妹都市提携50周年記念式典(鳥取市・19日)