このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取砂丘での撮影・イベント開催についてのお願い

鳥取砂丘での撮影

砂丘でのイベント開催

日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例

 

鳥取砂丘における撮影行為について 

 

一般の方による、カメラ、三脚、簡易照明を用いた撮影については、特に届出は必要ありません。

いつでも自由に撮影していただくことが可能です。

※そのほかの撮影については、下記内容の届出をお願いします。

 

【必要事項

○担当者/代表者

○当日連絡先

○撮影予定日時(撮影予定時間帯も明示すること)

○使用機材等

○撮影人数

○撮影内容

※テレビ・雑誌等のための撮影の場合は、以下の項目についてもお知らせください。

○番組/雑誌名

○出演者

○放送/掲載予定

 

 

【連絡先】

鳥取市役所 観光・ジオパーク推進課

電話 0857‐20‐3036 / FAX 0857‐20‐3046

メール kankou@city.tottori.lg.jp

※土日祝は対応しておりません。

※撮影の1週間前にはご連絡をお願いします。内容によっては届出から回答まで時間を要することがあります。

 

 

【注意事項】

・ 使用する機材(地面に設置するもの)によって、自然公園法に基づく許可申請手続きが必要となる場合があります。

・ ドローン等を使用する場合は、必ず記載してください。

・ いただいた撮影内容を確認の上、砂丘関係者に撮影情報の提供をいたします。

・ 撮影前に、鳥取砂丘ビジターセンターにお立ち寄りください。(撮影時の留意点等についてお伝えします)

 

 鳥取砂丘ビジターセンター (年中無休)

 《開館時間》 9:00~17:00    《電話》 0857‐22‐0021

 

・ 鳥取砂丘駐車場内のトイレに着替えスペースがございます。

 ※他の方も利用されますので、長時間の占用にならないようご配慮ください。

・ 夏季の撮影の場合は、十分な熱中症対策をお願いします。

・ 冬季の撮影の場合は、とても冷え込みますので十分な防寒対策をお願いします。

 

 

【様式】

鳥取砂丘撮影概要 届出様式

 

 

よくある質問

 

Q.鳥取砂丘で撮影・イベントをするにはどうすればいいですか?

 

A.鳥取砂丘一帯は「山陰海岸国立公園」に指定されており、「自然公園法」によって制限されている行為があります。また、鳥取県の条例でも鳥取砂丘でのルールが決められていますので、事前に鳥取市または鳥取県にご相談いただくか、撮影の場合は必要事項を記載して上記連絡先に届出をしてください。

 

Q.鳥取砂丘でコスプレの撮影はできますか?

 

A.可能です。自由に撮影していただいて問題ありません。

ただし、砂丘面に何かを突き刺すこと、掘る・盛るなど土地の形状変更をすること、大きな機材を持ち込むことなどは、「自然公園法」によって制限されますのでご遠慮ください。

 

Q.鳥取砂丘にらくだはいますか?

 

A.らくだはいますが、民間企業の方が管理・運営をされていますので、そちらへ直接お問い合わせください。

 

Q.鳥取砂丘で撮影をする際に料金はいくらかかりますか?

 

A.撮影に関する料金は一切いただいておりません。

ただし、駐車場の利用や、らくだの撮影に関しては民間で料金をいただいていることがありますのでご注意ください。

 

 

 

【参考】

鳥取砂丘における撮影行為についての指導マニュアル(平成22年3月18日付( 平成 30年4 月 5日改正 )環近地国発第1804052号)

鳥取県フィルムコミッションHP……映画やテレビドラマ等の撮影に関しては、鳥取県フィルムコミッションでご相談いただけます。

鳥取県中部コスプレ受入コンシェルジュ……鳥取砂丘から約1時間程度、鳥取県中部でのコスプレ撮影サポートの専用サイト。とっとり梨の花温泉郷広域観光協議会が運営しています。

 

車馬禁止エリア

国立公園内における自然公園法手続きについて

鳥取砂丘を含む一帯は、山陰海岸国立公園に指定されており、自然公園法によって様々な行為が規制を受けています。

鳥取県のHPに掲載されている、手続案内をご確認ください。

 

→山陰海岸国立公園における手続案内(鳥取県生活環境部 緑豊かな自然課)

 

 

鳥取砂丘におけるイベント開催について

 

鳥取砂丘でイベント等を開催される際に、自然公園法上で規制を受ける行為が含まれる場合は、自然公園法に基づく手続き(許認可申請)が必要です。

ただし、一定の条件を満たす場合は、鳥取砂丘に係る許可の特例を受けることができます。

 

対象地域

境界図の赤で囲われた地域 → 第2種特別地域であり、「鳥取砂丘特別地域」に該当します。

境界図の青で囲われた地域 → 特別保護地区であり、「鳥取砂丘特例地域」に該当します。

 

【境界図/特別保護地区・特別地域と天然記念物の境界図】
 

 

 

第2種特別地域(鳥取砂丘特別地域)でのイベント開催

【審査条件】

・ 鳥取市が作成する計画に基づき行われるもの。

・ 一時的に行われるもの。

・ 地域の活性化を目的とする自然を活用した催しであること。

上記の条件を満たすイベントに対して、「鳥取砂丘特別地域における催事等のガイドライン」に沿って審査を行います。

 

【対象となる一時的な行為の種類】

・工作物の設置等

・広告物等の設置等

・土地の形状変更

・色彩の変更(以上自然公園法施行規則第12条第34項関係)

 

【関連規定】

○自然公園法施行規則(第12条第34項)

○鳥取砂丘催事連絡会規約

鳥取砂丘特別地域における催事等のガイドライン

 

【問合せ先】

鳥取市役所 鳥取砂丘・ジオパーク推進課(0857-20-3036)

 

 

特別保護地区(鳥取砂丘特例地域)でのイベント開催

【審査条件】

・鳥取県、鳥取市が主催、共催若しくは後援するもの。

・一時的に行われるもの。

・野生動植物や景観の維持に重大な支障を及ぼさないもの。

上記の条件を満たすイベントに対して、「鳥取砂丘特例地域における催事等のガイドライン」に沿って審査を行います。

 

【対象となる一時的な行為の種類】

・仮設建築物の設置等(自然公園法施行規則第11条第1項関係)

・仮設工作物の設置等(自然公園法施行規則第11条第12項関係)

・広告物の設置等(自然公園法施行規則第11条第19項関係)

・車馬の使用等(自然公園法施行規則第11条第28項関係)

 

【関連規定】

○山陰海岸国立公園の特別地域及び特別保護地区内における行為の許可基準の特例(平成12年10月12日環境庁告示70号、改正 平成16年4月23日環境省告示30号)

○鳥取砂丘特例連絡会規約

鳥取砂丘特例地域における催事等のガイドライン

 

【問合せ先】

鳥取県生活環境部 緑豊かな自然課(0857-26-7200)

 

 

申請のフローチャート

 

 

日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例

平成21年4月1日、鳥取県によって、「日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例」が施行されました。

この条例は、鳥取県の宝である鳥取砂丘を皆で大切に守り、利用し、未来に引き継いでいくため、鳥取砂丘の保全と再生に向けた取組みの推進及び利用者に守っていただきたい最低限のルール等について定めたものです。

 

条例の対象区域では、以下の行為は禁止行為です。

 

●落書き(文字、図形又は記号(それを内包できる最小の長方形又は円の面積が10平方メートルを超えるものに限る。)を鳥取砂丘の地面に表示すること)

●ゴルフボールの打ち放し、ロケット花火の発射等(他人の身体又は財産に害を及ぼすおそれのある方法)

●ゴミのポイ捨て、動物のふんの投棄

●砂丘海浜での遊泳

 

詳細については、鳥取県による条例の紹介ページを御覧ください。

 

 

 

   

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
鳥取市役所 観光・ジオパーク推進課
電話0857-20-3036
FAX0857-20-3046
メールアドレスkankou@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)