このページではJavaScriptを使用しています。

「緑の都市賞」~緑のまちづくり部門~で国土交通大臣賞を受賞しました!

概要

 鳥取市が市民の皆様と協働で取り組んでいるガーデンシティーづくりが、平成25年度の「緑の都市賞」の緑のまちづくり部門で国土交通大臣賞を受賞しました。

 また、平成25年10月10日の緑化祭の後、秋篠宮両殿下に御視察いただいた鳥取市内のダイキン工業グローバル研修施設「ダイキンアレス青谷」も「緑の事業活動部門」の奨励賞を受賞しました。

 

緑の都市賞

 緑の都市賞は、明日の緑豊かな都市づくり・まちづくりを目指し、緑の保全・創出活動に卓越した成果を上げている市民活動団体及び企業等、並びに公共団体を顕彰し、これにより広く都市の緑化推進、緑の保全による快適で地球にやさしい生活環境を創出することを目的とし、昭和56年に創設された制度です。

 毎年、応募作品の中から、内閣総理大臣賞(1点)、国土交通大臣賞(3点以内)、都市緑化機構会長賞(3点以内)、奨励賞(若干)が選出されます。

 主催:公益財団法人都市緑化機構

 後援:国交省、総務省、環境省、全国知事会、全国市長会、全国町村会

 

 公益財団法人都市緑化機構「緑の都市賞」に関する情報はこちら

  http://urbangreen.or.jp/ug/blog/category/honoring/green-city/

 

 国土交通省 「緑の都市賞」関連情報はこちら

  http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi10_hh_000144.html

 

内容

 「緑の都市賞」緑のまちづくり部門に、市民との協働による緑化推進に関する、以下の3点の取り組みを応募し受賞しました。

 

【公園愛護会活動】

 ・愛護会結成率が95%と高く、市民が公園の維持管理にたずさわることで公園愛護及び公園樹木への関心も高まっており、緑化意識の高揚につながります。

 

【ミニナチュラルガーデン花壇普及事業】

 ・平成25年度の全国都市緑化とっとりフェアの開催を機に、市民の緑化意識の高揚に繋がります。

 

【鳥取市協働による芝生化事業】

 ・身近な公園の芝生化により、公園利用の促進、飛砂の抑制などの芝生化による効果が見られます。

  また、芝生の維持管理作業を通じて地域コミュニティーの醸成を図ります。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 都市環境課
電話0857-20-3252
FAX0857-20-3048
メールアドレスtosikankyo@city.tottori.lg.jp