このページではJavaScriptを使用しています。

2013.09.19 道路改良要望 1320-A0130-003

受付日: 2013.09.19   分類: 都市整備・道路・道路整備

タイトル
道路改良要望

内容
 駅前に新設されたアーケードの下にある車道と歩道を分けるブロックは危険です。今まで何人もの自転車がぶつかって転倒し、人もつまずいたりしています。ブロックをとってフラットにすべきです。
 また、袋川桜土手(元魚町辺)等、断続的に車道のカラーブロックで舗装してありますが、クルマが走る度に周辺にアスファルト以上の騒音をまき散らすので普通のアスファルトにすべきです。


回答
 道路の安全確保をするために定められた国の基準によりますと、歩道部と車道部を分離して設けることとなっています。走行速度の違いから、歩行者・自転車を安全に通行させるための分離方法として、植栽によるもの、防護柵を設置するもの等いろいろありますが、自動車が物理的に歩道に乗り入れない方法の一つとして、ブロックによる分離方法が一般的です。今回は、このブロック方式を採用し、安全確保を図っていますので、フラットにすることは困難ですが、ブロックの4ヵ所に反射テープを設置しましたので、ご理解いただきたいと思います。
 また、まちづくりの観点より、袋川桜土手(元魚町辺)等のカラーブロック舗装を整備しましたが、ご指摘のとおり老朽化のためブロックの間に隙間ができ、がたがたしている状況です。このため、カラー舗装に変更するよう、次年度より設計等を行い事業を進める予定としています。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
  都市整備部 道路課
  (電話番号:0857-20-3261)
  (E-Mail:douro@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp