このページではJavaScriptを使用しています。

2013.11.01 PM2.5の注意喚起について 1320-A0149-001

受付日: 2013.11.01   分類: 環境下水・生活環境・環境衛生

タイトル
PM2.5の注意喚起について

内容
 真夏に熱中症に気をつけて下さいというアナウンスが防災無線により流れます。とてもありがたいことです。気を付けることができます。
 ところでPM2.5の注意喚起についても、熱中症の時のように放送していただけないでしょうか。健康管理上大切なことと思います。久松山が微粒子で、かすんでみえるときがありましたが、その時は洗濯物をしまい、マスクをつけて外出しました。これから風の影響で中国大陸から流れて来るとニュースで言っておりました。鳥取市民が常日頃から安心安全に生活できるようお願いいたします。


回答
 PM2.5については、環境基準値(日平均値:35マイクログラム/立方メートル)と注意喚起のための暫定指針値(日平均値:70マイクログラム/立方メートル)が定められています。
 国の指針によると午前8時から午前9時の一時間値が85マイクログラム/立方メートルを超えた場合、日平均値が暫定指針値である70マイクログラム/立方メートルを超えると予想されるとのことなので、その場合に防災無線放送により周知を行うこととしています。

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   環境下水道部 生活環境課
   (電話番号:0857-20-3216)
   (E-Mail:kankyo@city.tottori.lg.jp)







質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp