おめでとうございます!
第38回 鳥取市文化賞

鳥取市文化賞贈呈式

11月3日、市の文化・芸術の振興に功績のあった人をたたえる「鳥取市文化賞」の贈呈式が仁風閣で行われました。
この度は、次のみなさんが受賞されました。

問い合わせ本庁舎文化芸術推進課 電話0857-20-3226
谷口ジローさん
<文化賞特別功績賞>【漫画】
谷口(たにぐち)ジローさん65歳(東京)

昭和46年、『()れた部屋』で漫画家デビュー。ハードボイルドや動物、冒険、文芸、SFなど、多彩な分野の作品を手がける。

郷里を舞台にした作品も多く、鳥取大火で絆を断たれた家族と和解を描いた『父の暦』、久松山や仁風閣が舞台の『魔法の山』、『孤独のグルメ鳥取編』などがある。また、倉吉を舞台とした『遥かな町へ』は、海外で映画化され、平成25年にはDVDとして全国発売された。平成23年には、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章するなど、世界的な評価も高い。

本市で原画展を3回開催するなど市民になじみが深い。鳥取市ストーリー公募漫画制作事業の審査委員長を務めたほか、「国際まんが博」では鳥取県を代表する3巨匠の1人として広く紹介されるなど、漫画による本市の文化振興や情報発信に大きく貢献している。

森規子さん
<文化賞>【工芸(七宝)】
(もり)規子(のりこ)さん75歳(江崎町)

昭和60年、岡垣幸得氏に師事し、岡垣七宝研究所で研鑽を重ね七宝の技術を習得する。

 平成2年建設の鳥取市総合福祉センター「さざんか会館」の玄関ロビーを飾る日本最大の七宝壁画の制作に指導者の一人として参画する。

日本七宝作家協会展協会賞2回、中国七宝協会展広島県知事賞2回など多くの展覧会で受賞するとともに、公益社団法人日本七宝作家協会理事および中国七宝協会山陰地区幹事として全国的に活躍している。

七宝の伝統を踏まえた現代的な表現を信条とし、近年、海をモチーフにした作品を手掛けている。


千年の時をこえて、鳥取ゆかりの愛唱歌誕生!!

新井満さん作曲「祝い歌~新しき年の始の~」CDが発売されます!

問い合わせ本庁舎文化芸術推進課 電話0857-20-3226
新曲を披露する新井さん
新曲を披露する新井さん
(あらた)しき (とし)(はじめ)初春(はつはる)
今日(きょう)()(ゆき)の いや()吉事(よごと)

今から1350年以上昔、大伴家持(おおとものやかもち)が、因幡国府で詠んだこの歌は、万葉集全4516首の最後を飾る名歌として知られています。

「市民の宝であるこのおめでたい和歌にメロディーをつけて地域の活性化につなげたい」との本市からの依頼を受けて、『千の風になって』の訳詩・作曲で知られる新井満(あらいまん)さんが、荘重で親しみやすいメロディーをつけ、鳥取市民にプレゼントしてくださいました。10月20日に万葉フェスティバルin鳥取で新曲発表されたこの曲を、CDとして販売します。

祝い歌~新しき年の始の~
曲名:
祝い歌~新しき年の始の~
作詞:大伴家持
歌詞構成・作曲・歌唱:新井満
収録曲:(1)歌唱バージョン、(2)カラオケ、(3)筝曲バージョン、(4)演奏バージョン、(5)チャイムA、(6)チャイムB
発売日:
12月14日(土)
価格:
500円(税込)
販売場所:
本庁舎文化芸術推進課、因幡万葉歴史館、国府町総合支所地域振興課、市内各レコードショップ ほか
※通販のご希望はお問い合わせ先へ