まちかどアルバム

写真:スィーツを前に集う 写真:おいしそうなスィーツ

お口も心もあま~い秋

末広温泉町/10月19日(土)

栗やかぼちゃ、サツマイモなど、秋の素材を使った10種類のスイーツを一度に味わう催しが、鳥取市国際観光物産センターで行われました。120枚の前売り券は完売。家族や友人と訪れたお客さんは、かわいいスイーツたちを食べ比べながらお気に入りの味を見つけていました。「おいしかった。秋の味覚も感じられた」「気に入ったお店のものはすぐにでも買いにいきたい」と大好評。旬の甘味に笑顔あふれる一日となりました。

写真:全国都市緑化とっとりフェア

心が緑に染まる秋を満喫

湖山町南三丁目/11月9日(土)

51日間に渡り開催された全国都市緑化とっとりフェア。主会場の湖山池公園には、18万7385人のみなさんにご来場いただきました。来場者アンケートでは、フェアの印象について9割を超える人たちが「大変よい」「よい」と答え、高い評価を得ました。また、フェアへの来場をきっかけに花や緑への関心も高まっています。会場は、来年の秋にリニューアルオープン。広く市民のみなさんに解放されます。

写真:殿ダムのほとりでウォーキング

さわやかな秋風と共に

国府町殿ほか/10月27日(日)

秋空の下、殿ダム「因幡万葉湖」ウォーキング大会が開催されました。この日は、県内外からウォーキング愛好者や家族連れなど約200人が参加。殿ダムを一周する約7キロメートルのコースを、満々と水をたたえた湖面を渡るさわやかな秋風と共に歩きました。早い人は1時間でゴールし、「もう1周する」という強者も。ゴールした後は、地元グループにより豚汁や水車米のおにぎりがふるまわれ、疲れた体を癒していました。

写真:訓練の様子

緊急事態への対応学ぶ

国府町谷/10月28日(月)

6回目となる国民保護訓練が国府東小学校体育館を会場に行われました。国籍不明の武装グループが殿ダム事務所に立てこもったという想定で、自衛隊や警察などの団体や成器地区の住民などが、情報の伝達経路や避難方法、避難誘導手順などを確認しました。「スムーズに避難ができた」と、避難者は訓練を滞りなく終えた様子。最後は、職員の説明を受けながら防災消防ヘリや輸送車を見学していました。

写真:洗足山山頂

秋の山に登ろう!

用瀬町社/10月27日(日)

用瀬町で洗足山登山会が行われました。小雨模様、また肌寒い朝でしたが、秋の登山を楽しもうと町内外から約50名が参加。午前9時に社地区公民館を出発し、標高736.3メートルの山頂をめざしました。参加者は、休憩をとりながら約2時間で登頂。山頂で持参したおにぎりなどをほおばりながら、色づきはじめた山々や日本海などの眺望を楽しみました。下山後は用意された千賊鍋をみんなで味わい、疲れた身体を癒しました。

写真:試食する家族連れ

街なかにJAZZ響く

栄町ほか/11月3日(日祝)

JAZZの魅力を生で体感してもらうため、また、中心市街地を回遊する楽しみを生み出すため、バード・ハット、鳥取駅、駅前サンロードの3カ所でJAZZの屋外ライブが行われました。この日は雨が降る中でしたが、たくさんの人が足を止め、軽快な音楽に耳を傾けていきました。曲のリズム合わせて手拍子をうつなど、盛り上がりも上々。演奏家も聴衆も一体になって街を盛り上げていました。

写真:似顔絵を描いてもらう来場者 写真:コスモス展

似顔絵似てるかな?

青谷町青谷/10月19日(土)

青谷地区公民館まつり『コスモス展』に合わせて、宮本栄一(みやもとえいいち)さんに似顔絵を描いてもらうイベントを行いました。似顔絵を描いてもらうのを楽しみにしていた人も、いざモデルになると、じっくりと見つめられることに恥ずかしさを感じていました。知人とでき上がった作品を見比べては、「特徴がよく出て似ている」「若く描いてもらった」など感想を述べながら、似顔絵の書かれた色紙を大切に持って帰りました。

写真:らっきょうの花

紫の中に白い花弁

福部町海士/11月13日(水)

10月下旬~11月上旬にかけてらっきょう畑には、夏に植え付けをしたらっきょうに赤紫の可憐(かれん)な花が咲き、多くの人に楽しんでいただきました。多くは咲いていませんが、この紫の中に混じって白い花が咲いています。日本海を望むらっきょう畑の景色に白い花もかわいらしさを添えています。今年の花はもう終了となりつつあります。来年は白い花の観察も楽しんでください。らっきょうの味に変化はないそうです。